挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

350/408

人狼飯

350話


 ワジャル公アマニの体調が気になったので、俺は昼食の予定を変更した。
「パーカー、行方不明中の報告を頼む」
「ああ、うん。僕が調査に出発した直後に、沿岸諸侯軍が進軍を開始しただろう?」
 パーカーは戦闘に巻き込まれることを懸念し、同時に傭兵隊を警戒したという。
「傭兵隊が来ると調査どころじゃないから、逃げるついでに調査を済ませてしまおうと思ったんだ」


 彼は調査を継続することにして、王都エンカラガの上流にあるワジャルまでたどりついた。
 王都より上流に傭兵隊が来ることは当面ないだろう、と判断したらしい。
「そこで街の噂や古い遺跡、民間伝承なんかを調査してたんだけど、そしたらワジャル公の体調が悪いと聞いてね。これはいけるんじゃないかと」
 どうやら最初は恩を売りつけてコネを作ろうと思ったらしい。


「聞けば聖河病らしいから、僕にも何かできるんじゃないかと思ったんだ。ただ……」
「ただ?」
「アマニ殿は父君から太守の座を譲られたばかりらしいんだよ。苦労しているその姿が、君の奥さんと被ってね。放っておけなかったんだ」
「……そうか」
 そういう理由だと、もう怒るに怒れないじゃないか。


 ワジャル公アマニが、そっと微笑む。
「パーカー殿がおいでになったとき、私はかなり体調を崩して寝込んでいました。パーカー殿が家畜の肝を煮たり焼いたりしてくださったおかげで、ずいぶん良くなりましたよ」
 優しい微笑みだ。顔立ちは全然違うが、確かにどことなくアイリアに似ている。
「ですがその、肉が苦手な私には肝は……あまり食べることができず、無理をすると戻してしまいますので……」


 パーカーが溜息をつく。
「味も匂いもわからないことを、今ほど恨めしく思ってたことはないよ。僕はもう、誰かを救うことができないんだ」
「そんなことはないさ。少なくとも重篤な症状になるのは防げたんだ」
 味覚を失ったパーカーが、見ず知らずの異国の人のために食べ物を作った苦労。
 温かい心がなければ、そんなことはできないはずだ。
 俺は兄弟子のことを、また少し尊敬する気になれた。


 そこに凶悪なモヒカン大男が、のしのしやってくる。
「おう、どうしたどうした!? 俺の力が必要ってことは、一戦始まるのか!?」
「いや、一戦してもらうのは、かまどの前だ」
 俺はベルーザ陸戦隊のグリズ隊長にアマニを紹介し、事情を説明した。
「せっかくのもてなしだ。体に良くて、アマニ殿に美味しく召し上がっていただけるものがいい」
「ほう、そういうことか」
 巨漢はニヤリと笑い、ごつい腕を組んで何度もうなずいた。
「よっしゃ、任せときな」


「ただし条件がある。使う食材は鶏のささみだ」
「旦那、アマニ様ってのは肉が苦手なんじゃないのかよ」
「だから食わせるんだ。あと煮るのは禁止だ。滋養が煮汁に出てしまう」
「なんだよそりゃ、ずいぶん細けえな……」
 グリズ隊長が腕組みしたまま、首をひねる。
「肉嫌いに肉を食わせるとなると、一苦労ですぜ。なんせ俺は肉が好きだから、肉嫌いの好みなんてわかんねえ」
「心配するな、俺もわからん」


 アマニの話によれば、肉の匂いも味も食感も好きではないとのこと。
「こりゃ本当に一苦労だ」
「だから本職に来てもらったんだよ。俺の手には負えん」
「俺は陸戦隊の隊長ですぜ?」
「ベルーザ食堂の店長だろ?」
 そう言われると、巨漢はニヤニヤ笑った。
 まんざらでもないらしい。
「じゃあまあ、いっちょやりやすか」
 モヒカンの戦士はエプロンを取り出した。


 分厚い胸板にエプロンを着けたグリズが、慣れた手つきでささみの筋を包丁で取り去る。
「リューンハイトでベルーザ料理屋をやってみてな、意外だったのが『磯臭え』って反応だったんですぜ」
 ベルーザは港街だが、リューンハイトは内陸の街だ。
 冷蔵庫もないし物流も徒歩や馬だから、みんなシーフードには慣れていない。


「海魚や貝の干物でさえ苦手だってんだから、もうどうしようもねえ。最初は苦労したさ」
 筋を取ったささみを、まな板の上でグリズが刻んでいく。みるみるうちに、鶏肉がネギトロのような細かいミンチになっていった。
「調味料や材料、あとは調理法も変えてみたりしてよ。おかげで鍛えられましたぜ」
「なるほどな」
 ベルーザ陸戦隊がリューンハイトで勝手に経営している料理屋は、新市街の名所になっている。


「今回は味に匂いに歯ごたえ、それに後味。いろんなものを消さなきゃいけねえ。なら原型を留めないぐらい破壊してやるのが一番だ。挽き肉にしてやる」
 微妙にモヒカンっぽい。
 ささみのときとは対照的に、今度はタマネギと根菜を粗めに刻んでいく。
「タマネギと根菜は粗みじんがいい。シャキシャキした歯ごたえを囮にして、ささみ特有の歯ごたえを偽装しやす」
 こいつが言うと何かの悪事にしか聞こえないが、料理だよな?


 グリズは卵を片手で割り、殻を使って器用に卵白と卵黄を分ける。卵白をつなぎに使うつもりのようだ。
 彼が卵白を泡立て始めたのを見て、俺は質問した。
「歯ごたえはそれでいいとして、味と臭みはどうする?」
「臭みは簡単ですぜ。川魚の泥臭さを消すのに、香草や香辛料をいろいろ仕入れてきやしたからね。クウォールミカンの葉にしやしょう。ミカンの香りになりやすからね」
 ミカン風味のミンチか……。
 グリズがぽつりとつぶやく。
「正直、俺は入れねえ方が好きなんだが、料理ってのは食べるヤツのために作るんだからしょうがねえ……」
 正論だな。


「野菜の香りとミカンの葉の香りで、ささみの淡泊な肉の香りすら無慈悲に抹殺する」
「ああ」
「さらに果実酒でとどめを刺す。しっかり息の根を止めやす」
 やっぱり悪事の密談を聞いてるようにしか思えないんだが、その表現なんとかならないのか?
 だがグリズ隊長の表情は真剣そのもの、眉間にしわを寄せて、知識と経験を総動員させているようだ。


「後は味だ。砂糖たっぷりの甘だれに絡めてみやしょう。余裕があれば衣をつけて揚げるんだが、こんなとこで揚げ物は作れねえし」
「すまんな、野外料理で」
「なあに、ベルーザ陸戦隊はどこでも旨いものを食うのが信条ですぜ! 世界一旨い飯を食ってるから、世界一強い!」
 ミンチをこねながら、凶悪なモヒカン隊長はにっこり笑ってみせた。


 世界一旨い飯、か。
 そうだな。健康に良くても、まずかったらだんだん食べなくなるよな。
 ナイアシンは確か水溶性だったと思うので、煮てしまうと煮汁に溶けだしてしまう。
 だが待てよ。


 それならいっそ、煮汁ごと飲むようなものにすればいいんじゃないだろうか。つまり吸い物だ。
 それに肉や魚以外だと、キノコが意外とナイアシンが多かったような気がする。
 こちらの世界のキノコがどうなのかはわからないが、どのみちだしを取るのに使えるからやってみよう。
 俺も少し興味を覚えたので、完成したつくねだねを少し分けてもらう。
 つみれとして使わせてもらおう。


 とりあえず湯を沸かし、だしを取るところから始める。
「アマニ殿はキノコはお好きかな?」
「ええ。あまり食べませんが、嫌いではありません」
「それは良かった」
 クウォールで好まれるキノコの干物を何種類か入れて、だしの味に奥行きを出す。


 つみれは一口サイズに小さくすくい、ナイアシンが溶け出すことを期待する。いっそ具は食べなくてもいい。
 最後に隠し持っている醤油で香りをつけて完成だ。
 味見をしたが、微妙に足りない味がする……。かつおだしが抜けてるせいだろうか。
 まあいいだろう。アマニは魚が苦手だ。
 後は香りをなるべく感じないよう、冷ましてから飲んでもらうとしよう。


 俺は涼しい木陰でテーブルに布を敷き、ワジャル公アマニを呼ぶ。
「ということで少しお時間を頂いたのですが、何とか完成しました」
「は、はい……」
 予想外の展開すぎたのかぼんやりしているアマニに、俺は笑いかける。
「これが聖河病の治療に役立つ、薬膳料理です。少し苦手かもしれませんが、健康のためにも是非召し上がってください」


 密談にやってきたら食事療法を受けるとは、さすがに彼女も予想外だったのだろう。
 しかしそこは太守、にっこりと微笑む。
「急な来訪にも快く応じてくださり、しかもこのようなもてなしまで。感謝に堪えません」
 俺はとっておきの営業スマイルで応じる。
「兄弟子の努力を無駄にしたくないだけですよ。お口に合えばよろしいのですが」


 アマニは恐る恐るといった様子でキノコの吸い物を一口飲み、それから驚いたような顔をする。
「肉の香りがほとんどしません。キノコの香りと、それからこれは何でしょうか、魚醤に似ていますが、もっと優しい……」
「大豆を発酵させた調味料です。肉の臭みを消しますし、魚醤と違って生臭くありません」
「なるほど……クウォールにはない味ですが、とても良い香りです」
 異世界から伝来した吸い物を飲むワジャル公。


 つくねも気に入ってくれたようで、そちらも甘だれに絡めてもぐもぐ食べていた。
「野菜のせいか、挽き肉の味や食感はそれほど気になりません。ミカンの香りが爽やかですし、たれが甘くて美味しいです。これでしたら食べられます」
「そいつは良かった。作り方は後で紙に書いておきますぜ。お雇いの料理人に渡しておくんなせえ」
 鍋を洗うエプロン姿のモヒカンが、ニヤッと笑った。
 軍人をやらせておくには惜しい男だな。


 アマニは出された料理を全て食べて、ほっと溜息をつく。
「とても美味しい食事でした。これでしたら、毎日でも無理なく食べられると思います」
「それは良かった。食事さえ気をつけていれば、聖河病を恐れる必要はありません」
 俺は笑いかける。
「聖河病が治ったら、アマニ殿のお好きなものを御一緒しましょう。それまではどうか、くれぐれも御自愛ください」


 するとアマニも笑う。
「贅を尽くした饗宴にはさほど心動かされませんが、このおもてなしには本当に心を揺さぶられました。私の身を案じてくださった優しさが、ひしひしと伝わって参ります」
 彼女は空になった皿に視線を落とす。
「ヴァイト様はミラルディア女王の伴侶、貴人中の貴人であらせられます。私のような異国の者のために、手料理でもてなしていただけるとは……。私の生涯において、消えることのない誉れとなりましょう」
 そんなに誉められると嬉しいけど、さすがに居心地が悪い。


「大仰ですよ。私は平民の出、それも人間と敵対していた魔族です」
 俺は照れ隠しに笑うしかなかったが、外交官としてこう続けた。
「私もパーカーも、ミラルディアの者たちは皆、クウォールに親しみを感じております。この国に平穏をもたらすお手伝いをさせていただければ、来た甲斐もありますよ」
 これだけだと嘘っぽいので、もう一言付け加える。
 俺は芝居がかった仕草と口調で、アマニに意味ありげに微笑んでみせた。


「ついでに砂糖などの交易で、少し儲けさせてください。我が国はそれで十分にございます」
 領土的野心などは一切ないということは信じてもらいたい。
 そのための一言だ。
 アマニはきょとんとしていたが、やがておかしそうにクスクス笑い出した。
「不思議な方ですね、ヴァイト様は」
「クウォールの方は皆、そう仰います」
 なんでだろうな。
※次回「王の死者と死者の王」の更新は11月4日(金)の予定です。
※11月4日(金)に「人狼への転生、魔王の副官」特設ページで、漂月書下ろしのWEBオーディオドラマが公開されます。CVは小松未可子様(アイリア役)です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ