挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

344/407

「野心の疼き・2」

344話「野心の疼き・2」


「よし、ここだ」
 ザカルは部下たちに停止を命じると、乗馬したままじっと待った。
 ここは大昔の街があった廃墟だ。かつては聖なる大河メジレのほとりにあったが、不信心者の行いで河が街から遠ざかってしまったという。
 人々は「大いなるメジレの祟りだ」と畏れ、街を捨てて新しい街を作った。それが現在のカルファルとされている。
 ザカルが嫌いな類の昔話だ。
(河が勝手に動くものか)
 迷信を信じないザカルは、暗闇に包まれた地面を見下ろす。


 ザカルは背後を振り返り、側近に問う。
「ラフハドはうまくやったか?」
「おそらくは……」
「今回の策が失敗したら、即座にカルファルに帰還する。そのままカルファルに籠城だ」
 部下たちが動揺する。
「籠城って、どういうことです?」
「鈍い連中だな」
 ザカルは笑うと、前を向いた。
「戦場で矢が飛んでくるのは前だけか? 散開しろ、手はず通りにやれ」
「へ、へい」


 ザカルには沿岸諸侯の動きも、ある程度まではわかっている。
 傭兵が勝手な真似を始めたら、雇い主は傭兵を処罰する。当たり前のことだ。
 だが今、彼らの目と手は遠くにある。
 ザカルを処罰できる者などいない。
(軍勢を率いて王都を目前にすれば、男がやるべきことはひとつだ)
 この機会を最大限に利用し、野望を満たす。


 失敗した場合はカルファルに籠城し、そのままカルファルの支配者として王座に君臨する。
 カルファルは王都の目の前にある。傭兵たちを集めれば王を脅かすこともできる。
 ザカルの軍略があれば、諸侯の軍勢など大した脅威ではない。
(いや、待てよ)
 彼はふと、三百足らずの手勢でカルファルに駐留している男を思いだした。


(ヴァイト卿の動きが読めん。こちらの傭兵はすでに四千近くに膨れ上がっているから、負けるはずはないが……)
 あのヴァイトという異国の男は、単身で傭兵の千や二千は倒してしまいそうな雰囲気がある。
 もちろんそんなはずはないので、ザカルは心の中から聞こえてくる弱音を押し殺した。
(ビビったら負けだろうが。弱気になってんじゃねえ)
 いざとなれば遊牧民たちとのコネもある。数百騎程度ならすぐにでも呼び寄せられるだろう。
 彼らと戦っているふりをしてザカルは虚偽の功績を作り、遊牧民のほうはザカルの管轄外の交易路で略奪を重ねた。
 そのコネは健在のはずだ。


 そんなことを考えていると、遠くから馬車が近づいてきた。
 馬車を先導している騎手は、ザカルの側近のラフハドだ。今は文官の略礼服を着ている。ビラコヤの使者から奪ったものだ。
 馬車には二十騎ほどの近衛騎兵が随伴していた。
 彼らは廃墟の街の中央、広場の辺りで停止した。ザカルと数名の部下が待機している場所だ。何ヶ所かに松明が灯され、周囲は明るい。
 やがて馬車から、立派な身なりの青年が降りてくる。
 松明の炎に王冠が輝く。
 クウォール国王、パジャム二世だろう。


 ザカルはとりあえず下馬したが、右膝をつくのはためらわれた。
 傭兵たちは左足を前にして盾を構えるため、右膝をつくと武器を持つ右腕を相手の前に晒すことになる。盾も構えにくくなる。
 すると王冠の青年が不快そうに眉を寄せた。
 彼は何も言わないが、横にいる文官姿のラフハドが慌てて口を挟む。
「こ、こちらが例のヴァイト卿です。魔王の副官の……」
「ヴァイト卿はクウォールの作法も知らぬのか? せめてミラルディア式の礼ぐらいはあってもよかろう」


 ザカルは右膝をつくかどうしようか迷ったが、もうやめることにした。
 どのみち交渉の余地はないのだ。
「もういい、ラフハド」
 ザカルは首を横に振ると、合図の言葉を口にした。
「『夜明け』だ」
 次の瞬間、廃屋の屋根から次々に投網が降ってくる。黒く塗った漁網だ。
 丈夫で目の細かい網は、密集していた近衛騎兵たちを襲った。


「なっ、なんだこれは!?」
「敵襲!」
「陛下をお守りせよ!」
「待て、勝手に動……」
 鍛え抜かれた戦士たちは馬を駆り、槍を構えようとするが、網に絡め取られているためにそれができない。
 傭兵たちは平民出身で、投網の扱いに慣れている者が多い。海と河に恵まれたクウォールでは、漁に使う投網は生活の道具だ。
 だが近衛騎兵たちは投網の扱いなど何も知らない。
 やみくもに暴れて、仲間同士で引っ張り合う羽目になる。


 整列したままもがいている近衛騎兵たちに、傭兵たちの矢が容赦なく降り注ぐ。
「ぐっ!」
「うわぁっ!」
 落馬し、戦友の軍馬に踏みつぶされる者も出てくる。みるみるうちに戦士たちは落馬していき、そして動く者がいなくなる。
 殺戮はごく短時間で終わった。
「貴様! これがミラルディアのやり方か!」
 パジャム二世はザカルを睨むが、彼を守る者はもういない。
 ザカルは無力な王を鼻で笑う。


「俺はヴァイトじゃねえ。例の傭兵隊長だ。俺を侮るからこういうことになるのさ。ほら、今度はお前が右膝をつけ」
 クウォール人全ての支配者、静寂なる月の末裔とされる国王。
 その絶対の王に対して、平民のザカルは剣を突きつける。
「聞こえなかったのか? それとも王様ってのは、強者に対する礼儀も知らないのか?」
 パジャム二世はザカルを睨むが、その顔からフッと怒りが消えた。
 代わりに彼は哀れみと軽蔑の表情を浮かべる。
 それがザカルを逆上させた。
「おい、今ここで王様面ができるとでも思ってんのか?」


 ザカルが首を軽く動かすだけで、腹心の傭兵たちがパジャム二世を取り押さえる。
「無礼者!」
 王の怒号に一瞬怯える傭兵たちだが、それをザカルが叱咤する。
「構わん、やれ。押さえつけろ」
 傭兵たちにとって、ザカルこそが王だ。
 彼らは怯えながらも、国王の両肩をつかんで地面に押しつける。
 屈強な戦士たちの力に勝てるはずもなく、王は膝を屈した。右膝が地面につく。


「そうだ、それでいい。偽の使者におびき出されて捕まるような間抜けは、王の器じゃない」
 勝ち誇ったザカルだが、パジャム二世は黙ったままだ。静かな侮蔑のまなざしでザカルを見つめている。
「おい、何か言えよ」
 剣を片手に笑ったザカルだが、次の瞬間に王の沈黙の意味を理解した。
「てめえ、俺とは話す値打ちもないと思ってやがるな?」
 その通りだ。
 そう言わんばかりに、パジャム二世が冷笑する。


 王の冷笑にザカルの中で凶暴な何かが叫びをあげた。
「だったら死ね!」
 達人の剣捌きが無力な王を襲う。
 ザカルの剣は王の首筋を切り裂く。鮮血が夜空を赤く染めた。
 袈裟斬りにされた王は、ほぼ一瞬で絶命する。


「た、隊長!?」
「王様を!?」
「祟りがありますぜ!?」
 傭兵たちがひきつった表情を浮かべるが、ザカルは刀身の血を払って薄笑いを浮かべる。
「祟りなどあるものか。王の血は月光と同じ金色だというが、見ろ。ただの赤色だぞ。こいつも俺たちと同じ人間だ。全部嘘なんだよ」
 笑い飛ばすザカルだが、迷信はともかくとして王殺しは大罪だ。
 部下たちの動揺を感じたザカルは、彼らの心を掌握するために言葉を続ける。


「もう後戻りはできんぞ。王殺しの陰謀に加担した以上、お前たちは全員死罪だ。どう申し開きしようが助からん」
 傭兵たちがますますひきつった顔をする。
 彼らの恐怖が最高潮に達した瞬間を見計らって、ザカルは陽気に笑ってみせた。
 そして王の死体に足で砂をかけてみせる。本当は踏もうと思ったのだが、ほんの少しだけ恐ろしかったからだ。
「助かりたければ、俺たちがこの国を奪い取るしかない。死罪と貴族、なるならどっちがいい?」
「そりゃ……き、貴族ですけど」
 誰かがそう言って、ごくりと喉を鳴らした。


 ザカルは笑う。
「だろう? じゃあ貴族になりに行こう。俺が策を練っている。お前たちが俺の言う通りに動けば、必ずこの国を奪い取れる」
「で、できますか?」
 別の傭兵がそう聞いてきたので、ザカルは肩をすくめてみせた。
「簡単なことさ。なんで今までやらなかったのか、自分がバカなんじゃないかと思ってるぐらいだ」
 傭兵たちがざわめく。


「そんなに?」
「いや、でも、できるのか……?」
「やるしかねえだろ?」
「隊長が断言して、できなかったことが一度でもあったか?」
「それもそうだな、隊長なら……」
 不安が徐々に収まっていくのを見計らい、ザカルは彼らに計画を説明した。
「王がここで死んだことは、俺たちしか知らない。だから王は行方不明だ。ずっとな」
「そ、そうか! まだバレてねえんだ!」
 露骨にホッとした表情になる傭兵たち。


 ザカルはうめいている近衛兵にとどめを刺しながら、淡々と続ける。
「表向きは、王は沿岸諸侯軍にビビッて逃げたことにする。逃げた王なんかに誰も従いやしねえ……おい、こいつらの鎧は剥ぐな。売りさばいても足がつく。死体ごと古井戸に捨てろ」
 部下が近衛兵の死体から豪華な武具を奪おうとしているのを、ザカルは制した。
「宮廷のお偉いさんたちの中には、俺とコネのあるヤツらもいる。前にかなりヤバい仕事を俺に依頼した連中だ。話はつけてある」
 このへんは少し誇張も入っているが、どうせ傭兵たちにはわからないだろう。


 ザカルは最後にこう言った。
「だから俺たちは今夜、カルファルの近くで夜戦の演習をしていただけだ。さあ、この誰だかわからん死体どもを片づけて、とっととずらかるぞ。帰ったら特上の糖蜜酒をおごってやる。羊の肉と一緒にな」
 わっと傭兵たちが歓声をあげた。


 傭兵たちが死体を古井戸などに投げ込んでいる間に、ザカルは部下の一人を呼んだ。
「ラフハド、こっちに来てくれ」
 バッザ公ビラコヤの使者に変装していた男が、ザカルの声に応じて物陰にやってくる。
「なんですか、隊長?」
「偽使者の役、ご苦労だった。それでな」


 ザカルは短剣を抜くと、ラフハドの喉を貫いた。声が漏れないよう、口と動きを封じる。
「ぶっ!?」
「お前は顔を知られすぎた。連れていくことはできんが、野放しにもできん。だから殺す。わかるな?」
 返事はない。
 彼はもう死んでいたからだ。


 崩れ落ちた部下の死体を見下ろし、ザカルは短剣をしまう。
「お前は特別任務で別行動中、ということにしといてやるよ。あながち嘘でもないしな」
 ザカルは廃屋から出ると、まだ生きている部下たちに命じた。
「急げよ! 俺たちの王国が待っているぞ!」
※次回「人狼たちの追跡」更新は10月21日(金)の予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ