挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/415

「メレーネ先輩の絡み酒」

33話(メレーネ先輩の絡み酒)


 フィル! フィルニール! ちょっとこっち来なさいよ。
 いいじゃんいいじゃん、書類仕事なんて。後で私がパパッと見てあげるわよ。
 ほら、ここ座って。
 はい、お酌して。
 うん、よしよし。


 今日も一日、お疲れさまね。……そうね、私がみた感じでは、人間たちもおとなしくしてるわ。あなたの手腕ね。照れなくていいってば。
 もし不心得者がいたら、私が吸血鬼にして言うこと聞かせちゃうから。うん、心配しないで。
 ま、フィルみたいに「リューンハイトのヴァイトセンパイに、ちょっと来てもらおうかなあ……」なんていうのも、いい脅しになってるけどね。


 あー、うん。確かに、ちょっとヴァイトの威光に頼りすぎな気もするわ。でも、それでいいのよ? 先輩を上手に使って、たくましく育ちなさい。
 でもヴァイトのヤツは、なんだか勝手にどんどん成長してった気がするわね。
 もしかして、私が頼りなかったのかしら?


 ああ、そうね。ちょうどいい機会だから、教えてあげるわね。
 人馬族も今は大変な時期だと思うけど、吸血鬼の一門も結構大変なのよ。
 あ、お酌ありがと。


 私が吸血鬼になった百……あーなんでもない、少し前ね。
 その頃の吸血鬼たちは凄かったのよ。人狼みたいに強い戦士で、しかも視線だけで人間を意のままに支配できたわ。
 でもその前は、もっと凄かったらしいのよね。空を飛ぶわ、霧に変身するわ、無敵だったんだって。


 ええ、その通りよ。私たち、どんどん弱くなっているの。
 今の私たちは空も飛べないし、視線で人を操ることもできない。まー、ほとんど不死身だし、日光にも聖印にも耐性がついたけど、それだけ。
 生まれついての強さにあぐらをかいてるうちに、すっかり弱くなっちゃった。


 でもこれじゃ吸血鬼に未来はないと思って、私は先生のとこで魔法の修行をしたのよ。そこでヴァイトと出会ったの。あの頃はちっちゃくてね、そりゃもう可愛かったわ。
 でもあいつったら、私の悩みを聞いたときにこんなこと言ったのよ。


「退化も進化のひとつですよ」って。


 最初は「何言ってんの、この子は?」って思ったわ。人狼なんて昔っからずっと強いままだから、気楽なもんねって。
 でもよくよく考えてみれば、古い吸血鬼たちは一人残らず人間に滅ぼされたけれど、私たち新しい吸血鬼たちはほとんど無事。
 聖印が刻まれた城門をくぐって、昼間に堂々と逃げ出せるんだもの。古い吸血鬼にはできない芸当よね。
 確かに弱く退化しちゃった分、しぶとさが進化してるみたい。


 だからあいつのこと、なかなか見所のある弟弟子だなって思って、ずっと面倒見てあげてるつもりよ。
 でもあいつ、ときどき意味わかんないこと言うのよね。この間は、トウタアツがどうとか……。
 そう、あなたのときは「ネイティブアメリカン……」だったの?
 人狼の言葉かしらね?


 ま、おかげで私も吸血鬼の未来ってのが見えてきたわよ。
 私が先生のとこで修行したおかげで、吸血鬼には死霊術の素質があることがわかったの。
 私なら一日に骸骨兵を五……七……いや、十体は作れるわ! いける!
 眷属の吸血鬼たちも先生のとこで修行させたら、一日に一体の割合で骸骨兵を作れるようになったのよ。あなたにはわかりにくいかもしれないけど、骸骨兵を作れる時点で一人前の死霊術師なの。
 ……いや、そりゃ先生は一日あれば百体は作れるけど、あれはなんかおかしいから。


 とにかく、これからの時代は吸血鬼も手に職をつけなきゃダメね。
 ヴァイトがよく言ってるけど、昔の自分なんかどっかに捨ててきたらいいのよ。
 昨日の太陽はもう二度と昇らないのよ。わかるかしら?


 はい、真面目な話終わり! フィル、なんか面白い話しなさい!
 あるでしょ、ほら。コイバナとか。
 わかってんのよ、あなたもヴァイトのこと気になってるんでしょ?


 えっ!? 違うわよ、私はあいつのことは弟ぐらいにしか思ってないわ。ほんと、ほんと。
 ていうかね……あいつ、鈍いのよねえ……。
 あれは一度転生でもしないと無理だわ。


 ま、応援してるわ。何かあったら、この麗しきメレーネ様に相談しなさい。お姉さん優しいわよ?
 あ、書類ね。うんうん、明日やるから。
 明日じゃダメ?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ