挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

309/415

秘宝喰らいの人狼と、人狼喰らいの魔王

309話


 俺はハッと我に返る。
 ここは薄暗い下水道の中だ。俺は人狼のまま、アイリアを背後から抱きしめている。アイリアは意識を失っているようだ。
 魔力のほとんどをアイリアに渡して、俺は元に戻っている。
 元に戻っただけなのだが、あのあふれんばかりのパワーがなくなって少し体が重い。


 そのとき俺は、妙なことに気付いた。
 照明のない下水道のはずなのに、周囲が明るい。
 空気も淀んでいない。
 ふと真上を見上げると、下水道の天井に大穴が空いていた。
 なんだあれは。


 そのとき俺はようやく、アイリアの周囲に魔力の柱が生じていることに気付いた。
 アイリアを抱いていたので気付くのが遅れたが、どうやらこいつが真上に大穴を開けた原因らしい。魔力の間欠泉だ。
 よく無事だったな俺は。


 それにしても、どうして魔力がこんなに噴き上げているのだろうか。
 アイリアに渡したときにロスが生じて「こぼれた魔力」としても、ちょっと多すぎる。
 すでに周囲にはとんでもない量の魔力が充満している。
 暴発でもしたら危険な量だ。


 俺はアイリアを抱いたまま、とにかく地上に避難することにした。何かあって崩落したら、アイリアごと生き埋めになってしまう。
 ドラウライトの秘宝は少し離れた場所に転がっている。
 こいつの始末だけつけておくか。


「お前、会話はできるのか?」
 するとしばらくして、微かな声が聞こえてきた。
『現状においては可能だ』
 空気ではなく魔力を震わせて、杯は俺に声を伝えている。
 大気中の魔力濃度が異常だからこそできる方法だ。


 俺は身動きできなくなっている杯を見下ろし、ニヤリと笑った。
「何かできるか?」
『不可能だ。周囲の魔力が、彼の死霊術を無効化している』
「彼?」
『彼だ』
 誰だよ。
 どちらにしても、この空間はアイリアの完全な支配下にある。
 アイリア自身にその気がなくても、アイリア印の魔力であふれかえっているんだからな。


 俺はこいつをどうしようかと考える。
 こいつは道具だから、壊れるかスイッチをオフにされるかしないと止まらない。
「お前の停止方法を教えろ」
『存在しない。一度起動すれば決して止まらぬよう、彼は設定した』
 だから誰なんだよ、彼ってのは。


「彼とは誰だ?」
『彼の名は秘匿されているため、彼にもわからない。彼を作った魔術師のことだ』
 彼だらけでよくわからないが、俺はふと思い出した。
 これは作られた知性にありがちな、彼我の混同だろう。意図的な欠陥だ。
 ずっと前に師匠が言っていた。


 ドラウライトの秘宝は逆に俺に質問を投げかけてきた。
『なぜ完成体が破壊行動を開始しないのか……。力を得たにも関わらず、次の段階への移行が行われなかった。検証が必要だ……』
「馬鹿だろお前」
 俺は秘宝ではなく、秘宝を作った魔術師に対してそう言った。


「力を得た者全てが力に溺れる訳じゃない。お前たちがそういう連中ばかり選んで、そういう連中ばかり作り出してきたからだ」
 何かに恨みを持つ者、現状に不満を持つ者。
 そういう者が神にも等しい力を得たとしたら、確かにその恨みや不満を解決するために力を使うだろう。


 俺も前世であんな力を得ていたら、ちょっと危なかったかもしれないな。
 だがアイリアはそんな薄っぺらい人間じゃない。
 忍耐と自制、そして受容と慈悲の人だ。
 だから俺も安心して全てを委ねることができた。


 秘宝には複雑な魔術紋が浮かび上がり、明滅を繰り返している。これがこいつの全て、プログラムと回路だ。
『手順を再検証……例外事項、四の二を適用……』
 また何か企んでいるな。
 心情的に許せないのもあるが、何よりこいつは危険すぎる。
 ここで破壊しよう。


『人狼よ……人ならざるお前を支配できれば、次は違った結果になるかもしれぬ。彼の支配を受け入れるのだ……無限の力を得て、超越者となるのだ……』
 魔力で作られた精神支配の「根」が、触手のように伸びてきた。
 しかし周辺に満ちるアイリアの魔力によって、「根」はポロポロと崩れ落ちていく。


「愚か者が。魔王アイリア様の御前だぞ、『根』が高い」
 リューンハイトは今、アイリアの放つ強大な魔力によって守護されている。
 魔力を使って何かしようとしても、アイリアの意に沿わないものは全て打ち消されてしまうのだ。
 古びた杯ひとつに何かができる訳もない。


『再定義……再検証……』
 まだあきらめていない秘宝を見て、俺は思わず苦笑してしまった。
「検証するまでもなく、俺はさっき魔王化していただろう? だが俺は力など求めていないし、もう力を振るう相手もいない。無意味だ」


 俺の言葉に、魔術紋が激しく明滅する。
 人間でいえば、まばたきを繰り返しているような感じだろう。
『お前は、お前はいったい何者だ……? お前の行動様式は、彼に定義されている「人狼」とも「魔物」とも一致しない……』
 そうだろうな。


 でも俺の秘密は、お前なんかには教えてやらない。
「ただの副官だ」
 俺はそう答えると、秘宝に浮かび上がっている魔術紋を手で拭った。


 古代の叡智を詰め込んだ秘宝をただの骨董品に変えて、俺は溜息をつく。
「魔術師が魔術遺産を破壊してどうするんだよ……」
 己の未熟さが恨めしい。
 だが今は後悔するよりも、アイリアの救出が優先だ。


 俺は意識を失ったままのアイリアを抱き抱えると、天井の大穴から地上に飛び出した。
 外はいつの間にか夜になっている。
 精神世界でかなり長時間過ごしていたようだ。


 アイリアは今も魔力を放ち続けていて、それがリューンハイト全域に降り注いでいた。輝く粒子がゆっくりと雪のように舞い落ちてくる。
 魔力の輝きに触れると疲労が消え、不思議と穏やかな気持ちになる。
 こんな魔法も現象も、俺は見たことがない。


「ん?」
 そのとき、俺はアイリアが一瞬だけ目を開けたことに気付いた。
 いつの間にか、意識を取り戻していたようだ。
 彼女は即座に目を閉じてしまったが、俺は構わずに事情を尋ねる。


「アイリア殿、起きているのならお話をうかがいたいのだが……」
「は、はい」
 ぱちりと目が開いた。
 アイリアと目が合うと、彼女は真っ赤になって目をそらした。
 匂いや仕草からみて、精神支配の影響はなさそうだ。


 アイリアは立ち上がると、周囲を見回した。
「これは私がやっているのですか?」
「たぶんな。貴殿から魔力が流れ出しているし、これほど大量の魔力を持っている者は貴殿しかいない」
 歴史を変えられるほどの力を手にしたとき、それをどう使うか。
 その答えは人それぞれだ。


 魔王フリーデンリヒターは竜人族をはじめとする魔族たちを守ろうと、人間たちと戦って生存圏を確立させようとした。
 勇者アーシェスは大切な人を失った怒りから、魔王を倒すことを決意した。
 俺は大切なアイリアを取り戻すために。
 そしてアイリアは……たぶん、リューンハイトを守ろうとしているんだろう。


 俺はそこまで考えて、アイリアに笑いかける。
「これが魔王となった貴殿の答えという訳か、アイリア殿」
 アイリアはしばらく考えた後、こう答えた。
「ええ、これは私には過ぎた力だと思いました。必要ない、とも」


「なるほどな」
 俺はそれ以上尋ねるのをやめて、夜空を見上げた。
 満天の星空から、キラキラと輝く光が降ってくる。星が降り注いでいるようだ。
 そして街全体が柔らかな光に包まれている。
 不思議で、そしてとても美しい光景だった。


「美しいな」
「ええ、こんな幻想的な光景を生み出しているのが私だというのは、ちょっと不思議な気分ですが……」
 アイリアが気の抜けた顔で空を見上げているので、俺はちょっとからかってみたくなる。
「景色も美しいが、俺が言いたいのは貴殿の心の美しさだよ」
「ひゃっ!?」


 びっくりしたように俺を振り返るアイリアに、俺は胸に手を当てて笑う。
「貴殿は自制と忍耐、そして受容と慈悲の人だ。心から尊敬する」
「そんな大したものではありませんから……」


 もじもじしているアイリアを見て、俺は今が最大の好機だと判断した。
 俺はアイリアの手を取り、顔を近づける。
「貴殿と共に生き、そして共に死ねる人生なら、俺は何の悔いもない。ええと、つまりだな……」


 この人が俺の元から奪われたとき、俺は本当に心乱れて苦しかった。
 つまり俺は、この人を愛している。
 そして今こそがこの戦いの勝機だ。
 突撃しなくては。
 だが突撃方法がよくわからない。


「俺は、その……なんと言えばいいのかわからないのだが……」
 さっそくグダグダだ。
 変に格好つけようとするから、よけいにみっともなくなるんだ。
 恥じらいを捨てろ俺。


 するとアイリアはクスッと笑い、俺を見上げてきた。
「ヴァイト殿。私は今、魔王と呼べるでしょうか?」
「貴殿は紛れもなく魔王だよ、アイリア殿」
 これだけの奇跡を起こせるのは超越者だけだ。
 でも今はそんなことはいいので、俺の拙い告白を聞いてください。


 アイリアは俺の手をきゅっと握り返し、笑顔のままこう言う。
「ではもれなく、『魔王の副官』がついてくるのですよね?」
「あ、ああ……そうだな」
「誠実で責任感が強く、慢心とも挫折とも無縁で、賢明で穏和、しかも眉目秀麗の……」
 一部事実と異なる表現があるが、もしかして俺のことなのか?


「でも誠実であろうとしてできない約束をしてしまったり、恋愛から敢えて遠ざかろうとしたりする、そういう副官ですね?」
 やっぱりそれ、俺のことだよな?
「そうだな……そういう副官だと思う、たぶんな」
 俺がうなずくと、アイリアは悪戯を成功させた悪ガキのような笑顔を浮かべた。
 すごくいい笑顔だった。


「私は大変悪い魔王ですので、そんな素敵な副官は絶対に逃がしません。覚悟してくださいね、ヴァイト殿?」
 これはもしかして、俺の意を汲んで先回りしてくれたのか。
 素晴らしいフォローです、魔王アイリア様。
 俺は完全に敗北を悟ってうなずく。


「覚悟はできているとも。これからの人生を貴殿に捧げることを誓う。俺はあなたのものだ、アイリア」
「ありがとうございます、ヴァイト殿。……それではですね、早速お願いがあるのですが」
「何かな?」
「目を閉じていただけませんか?」


「こうか?」
 思わず目を閉じた俺の唇に、柔らかいものが押しつけられた。
 反射的に心拍数が跳ね上がったが、これがキスだと正確に理解するのには数秒かかった。


 アイリアの表情が見たいのだが、こういうときには目を開けてもいいのだろうか。
 肩を抱いてもいいのか。
 こういうのは魔術書にも参考書にも書いてなかったぞ。


 だが棒立ちという訳にもいかないので、俺はアイリアの肩を抱く。アイリアも腕を回してきて、ぎゅっと抱きつかれた。
 それからどれぐらいキスしていたのかわからないが、アイリアの唇がスッと離れた。
 俺が目を開けると、瞳を潤ませたアイリアが至近距離から俺を見つめていた。


「嬉しいです、ヴァイト殿」
「……俺もだ」
 アイリアは俺にしがみついたまま、ちょっと不満そうな顔をする。
「ですがヴァイト殿、できれば人の姿でも接吻させて頂けませんか?」


「え?……あっ!?」
 よく考えたら、俺はずっと人狼の姿のままだった。
「すまない、ちょっと待ってくれ」
 俺は慌てて変身を解く。
 安物を着ていたせいで服はボロボロだが、緊急時なので仕方ない。


 俺は人間に戻った瞬間、また熱烈なキスをされる。
 人狼の力を失った俺はアイリアの勢いを支えきれず、瓦礫の上に尻餅をついた。
 だが大変悪い魔王様であるアイリアは、それでも俺を離してくれなかった。
※次回更新「輝く夜に」は8月5日(金)の予定です(5巻書籍化作業開始のため、予定が変更になる可能性があります)。
※サブタイトルを変更しました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ