挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

237/415

聖ヴァイトの戒律

237話


 トゥラーヤ枢機卿はペンと紙を取り出し、俺の前に置いた。
「今修復している教典は、異教との関わりについて記したものです。書名は『続・聖ザハキト戦記』にする予定です」
 異教、異端、そして魔族や魔物。あらゆる異質なものと戦った聖人ザハキトの戦記。
 どうやら彼の晩年をつづったものにするらしい。


「聖ザハキトなどという人物は実在しません。ですので、そこに書かれている内容も全て捏造ということになります」
 トゥラーヤ枢機卿が笑顔で危険な発言をするたびに、マオが嫌そうな顔をしている。
 一介の交易商にしてみれば、こんなリスクばかりでリターンのない秘密はいらないよな。


 だが俺にとっては、これは面倒な政争を打開する一手になる。
 トゥラーヤ枢機卿は俺を見て微笑んだ。
「この続編は『異教徒や魔族と戦った後、私は悟った』という書き出しで始まります。ヴァイト殿は好きなように戒律を作ってください。我々がそれを教典にします」
「いいんですか?」
 戒律を勝手に作る権利をもらってしまったが、トゥラーヤ枢機卿はちょっと譲歩しすぎじゃないだろうか。


 すると彼は苦笑した。
「この事態を打開するために必要な知恵を、魔族であるあなたからお借りしたいのですよ。ですからこれはむしろ、輝陽教にとっては借りになります」
「なるほど」
 俺の記す一文が、この国の運命を決めるという訳か。
 ……いや、責任が重すぎるから。


 俺は困ってしまったが、極星教にはロルムンドの人狼たちがいる。
 彼らの未来を守るのも、魔王の副官としての使命だ。魔族の保護が最優先だからな。
 何か良い知恵を絞らなくてはいけないな。
 そもそも、輝陽教と極星教が対立してるのが問題なんだ。
 輝陽教は「夜が明けるまで、力を合わせよ」が教義だ。しつこいぐらいに協調を求めてくる。


 そして極星教は「天はただ示すのみ、至高の頂を」が教義だという。わかりやすく言えば「真理は示してやるから、後は勝手についてこい」というところだろう。
 正解にたどりついた者が指導者になって、後から来る者を導いてやるスタイルらしい。だから協調よりも自己研鑽が大事だ。
 話が合うはずがない。


 しょうがないので、俺は前世の先人たちをお手本にすることにした。
 こういうときは、両者の境界線をうやむやにしてしまうに限る。極星教の考え方を輝陽教に取り込み、そのまま内包してしまおう。
 となると、輝陽教側に必要な戒律が見えてくるな。


「トゥラーヤ殿」
「なんですか?」
「極星教は魔族を味方にしています。私は同じ魔族として、彼らをこちら側に取り込むつもりです。ボリシェヴィキ公が頼みとする極星教勢力を切り崩しましょう。そのための戒律を作ります」


 正直そんな自信はなかったが、ここは俺が責任を持つべきところだ。
 トゥラーヤ枢機卿はうなずいた。
「わかりました。あなたがそう仰るのなら、お任せします。しかしそう簡単にいくでしょうか?」
「魔族は極星教に協力していますが、極星教徒ではありません。魔族は魔王にしか従いませんから」
「なるほど……」


 いかに聡明とはいえ、魔族の思考はトゥラーヤ枢機卿には理解しにくいだろう。
 魔族は力を伴わない信仰は持たない。
 圧倒的な力こそが正義なのだ。
 人間の極星教徒にしても、ボリシェヴィキ公と同じ考えの者ばかりではない。どっちの宗派でもいいよという者も相当数いるはずだ。
 うまく切り崩すことができれば、ボリシェヴィキ公の力をそぐことができるだろう。


 だから俺はこう続けた。
「そのために極星教の教義や戒律ごと、彼らを取り込んでしまうのが良策だと思います。例えば彼らの祝祭は輝陽教の祝祭にしてしまい、同じ日に祝ってしまうのです。彼らの歴史的な偉人には適当に理由をつけて、輝陽教の聖人にしてやりましょう」
「なんと……」
 トゥラーヤ枢機卿は驚いた表情を浮かべたが、すぐに力強くうなずいた。
「いいでしょう。それぐらい安いものです」


「そう思われますか?」
「もちろんです。今回は魔物や異国の軍隊が攻めてきた訳でもなければ、飢饉や疫病に苦しんでいる訳でもありません。これで丸く収まるのなら、輝陽教は全てを包み込みましょう」
 トゥラーヤ枢機卿がそう言ってくれたので、俺は覚悟を決めてペンを取った。
 ちょっと考え、こんな風に記す。


『力を合わせて恐るべき魔物を倒した後、我々は寒さに震えながら夜明けを待った。北天の極星を見つめる者たちは北の空を見上げ、我々は東の空を見つめていた。
しかし東の空に輝ける太陽が昇ったとき、全ての者は東の空を仰ぎ、生き残ったことに感謝した。
東天を仰ぐ者も、北天を仰ぐ者も、共に夜明けを待つ者はいずれ皆、輝く陽の光を浴びるのだ』


 こんな感じでどうだろうか。教典風の文章にしてみました。
 輝陽教に対して協力的な者は、信徒でなくとも輝陽教の恩恵を受ける資格がある。
 そういう戒律だ。
 ロルムンドでは輝陽教は圧倒的なシェアを誇る訳だし、トップ企業として懐の広いところを見せてやったほうが得だろう。


 俺の書いた文章を、トゥラーヤ枢機卿はじっと見つめる。
 それから笑顔を浮かべた。
「大変いいと思います。前後の物語はこっちででっち上げますから、こんな感じでいきましょう」
 教典捏造という大悪事に手を染めてる割に、口調が恐ろしく軽いな。


「いいんですか?」
「もちろん枢機卿の中でも、これについては意見が分かれることでしょう。輝陽教はいかなる異端も認めてきませんでしたから。ですがこれは『夜が明けるまで、力を合わせよ』という教義そのものです」
 トゥラーヤ枢機卿は穏やかに微笑む。


「さすがにヴァイト殿は、よく教典を研究されていますね。後のことは私にお任せください。他の者は私が説得します」
 トゥラーヤ枢機卿はそう言って、俺の書いた紙を懐にしまった。そしてこう続ける。
「今後は異教徒や魔族に対しても、協力的であれば迫害はしないことにします。時間をかけて取り込む方針に切り替えましょう」


 彼はそう言ってくれたが、言うほど簡単ではないはずだ。
「本当にできますか?」
 トゥラーヤ枢機卿はまじめな顔になる。
「できますし、できねばなりません。輝陽教が今後も変わらずに続いていくためには、変わり続けなければならないのです。川魚が同じ場所に留まるために、上流に向かって泳ぎ続けるように」


 それから彼はふと、遠い目をした。
「とはいえ、この方法自体も変えていかねばなりません。作りすぎた教典も、いずれは整理して時代に合わせる改革が必要になるでしょう。……ま、それは後任に押しつけますが」
 トゥラーヤ枢機卿は肩をすくめて笑う。ちょっとまじめなことを言ったかと思うと、すぐにこれだ。


「ではヴァイト殿、輝陽教側で極星教徒たちの受け入れ態勢を整えておきますので、彼らの切り崩しをお願いできますか?」
「お任せください、トゥラーヤ殿」
 俺も立ち上がり、マントを翻した。


 他のことはあまりできないが、敵を無理矢理寝返らせることには定評のある俺だ。何とかなるだろう。
 ボリシェヴィキ公弟のジョヴツィヤ、それに人狼の長ボルカとはコネがある。
 あのへんから切り崩していくとしよう。
 ふふふ、悪役っぽい。


 それにしてもトゥラーヤ枢機卿、末席という割には重役感があるな。
 俺はちょっと質問してみる。
「トゥラーヤ殿はもしかして、枢機卿の中でも高位であらせられるのではありませんか?」
 すると彼は軽い口調で笑いながら答えた。


「いえいえ。教典庁に在任中の枢機卿は決して教皇になれませんし、教典庁以外に転属になることもまずありません。ここは出世の終着点ですよ」
 彼のその手には騙されないぞ。
 俺はニヤリと笑った。


「これだけの権限を持っている者が教皇になれば、完全な独裁になってしまいますからね。それに教典庁の長が頻繁に交代すれば、最高機密を知る者がどんどん増えてしまいます。つまり要職ですよ」
「確かにそう言えるかもしれません。どのみち汚れ仕事ですから、私みたいな者がやるのがちょうど良いでしょう」
 特に気負う様子も誇る様子もなく、トゥラーヤ枢機卿は微笑みながらうなずいた。


「ということで、最高の教典を捏造いたします。輝陽教内の意見の取りまとめはお任せください」
 曇りのない、いい笑顔だった。
 確かにこの人でなければ、この職責には耐えられないな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ