挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

226/414

「ラシィの帰省」

226話(ラシィの帰省)


 私は実家の店先を、ちょっと覗いてみる。
 お義兄さんはいるけど、お姉ちゃんはいないな……。
「ラシィじゃない。どしたの?」
「うわぁ!?」
 お姉ちゃんは背後にいた。


 私の実家は漬け物屋さんです。クラウヘン名物の岩塩を使った、根菜の塩漬け。
 ヴァイトさんも好きだって言ってた。懐かしい味だって。
 でもヴァイトさん、南西部の樹海出身らしいけど。
 なんか不思議。


「こら、ラシィ。また別のこと考えてる」
 お姉ちゃんが私の頭をぺしぺし叩くので、私は慌てて頭を守った。これ以上バカになったら仕事ができなくなる。
「やめてよ、お姉ちゃん。あ、それでね」
「うん」
「……なんだっけ?」
「知らないよ」


 お姉ちゃんは呆れ顔でイスから立ち上がった。
「その調子じゃ魔王軍でも大して仕事してないんでしょ? ベルッケン様の推挙で大学まで通わせてもらったのに、ほんとにもう……」
「ちゃんと仕事してるもん!」
 そりゃもう大活躍でしたよ。
 たぶん。……んー。
 中活躍ぐらい?


 私の顔を見て、お姉ちゃんは溜息をつく。
「あんまり心配させないでよ。あんたは魔法の才能は凄かったけど、そのぶん他のところが抜けてるんだから」
「抜けてないってば」
 私がぷんすか怒ると、お姉ちゃんは私の頭をぐりぐり撫でた。
「はいはい、抜けてない抜けてない。あ、お客さん来たみたいだから待ってて」


 お姉ちゃんが店先に出ようとしたとき、表から声がかかった。
「ああいやいや、お気遣いはいらぬ」
「モヴィちゃん先生!」
 先生ったら店に入るのに気後れして、うろうろしていたみたい。
 魔王なのに奥ゆかしいモヴィちゃん先生だ。


「モヴィ……ちゃん……先生?」
 首を傾げているお姉ちゃんに、私は胸を張ってちっちゃな先生を紹介する。
「こちらが私の先生、モヴィちゃ……違った、ゴモヴィロア先生だよ! なんと、魔王陛下です」
「この子が?」
 お姉ちゃんが目を丸くした。


 モヴィちゃん先生は見た目が子供だから、さすがにお姉ちゃんもびっくりしたみたい。
 でもお姉ちゃんはふむふむとうなずき、モヴィちゃん先生に丁寧に挨拶をした。
「はじめまして、魔王様。ラシィの姉、ウェチカと申します。ここで夫と共に漬け物屋を営んでおります」
「はじめまして、ウェチカ殿。紹介に預かった通り、わしがゴモヴィロアじゃ」


 にこにこしている先生に、お姉ちゃんが頭を下げる。
「魔王様、妹がお世話になっております」
「いや、ラシィは優秀な幻術師での。もう教えることはほとんどないのじゃ。魔術師の心得もできておるし、自慢の弟子じゃよ」
 魔術師の心得って、もしかして「孤独を恐れず、静謐を愛すること」とかですか。
 具体的には「お昼ごはんは一人で食べたい」ってヤツ。


 あと少し気になったので、私はお姉ちゃんのほうを向いた。
「お姉ちゃん、よくモヴィちゃん先生が魔王様だって信じてくれたね?」
 するとお姉ちゃんは当たり前のような顔をする。
「あんたがいい加減なこと言うはずがないからね」
 意外と信用されてた。
 なんか嬉しい。


 でもお姉ちゃんはまた溜息をつく。
「いい加減なことは言わないけど、あんたの手紙や説明は全然要領を得なくて困るのよ。あたしはあんたほど頭が良くないから、もうちょっとわかりやすく説明してよね」
 そのとき、店のほうが騒がしくなってきた。


「ウォーロイ様、こっちですよ。あとリューニエ様はちゃんとついてきてますか?」
「あっ、はい! すみません、今度は迷子にならないよう気をつけます!」
「バルナーク、この漬け物は珍しいな。試食させてもらえんか、頼んでみよう」
「その際には念のため、私が先に吟味いたしましょう」
「お肉の漬け物はないかな! ないね!」
「塩漬け肉食べたーい!」
 ああ、やかましい。


 ぞろぞろ入ってきた一団を見て、お姉ちゃんと義兄さんが慌てている。
「ラシィ、この方たちは何なんだ?」
 義兄さんがとりあえずみんなに頭を下げながら、私に質問してきた。
 だから私は胸を張る。
「神聖ロルムンド帝国の皇子ウォーロイ様と、その甥のリューニエ様だよ! そして剣聖と名高いバルナーク卿!」


 さすがにお姉ちゃんも、これには驚いたらしい。
「え? 本当に? いや……本当なんだよね?」
「もちろん本当だよ! ウォーロイ様たちはミラルディアで新しい街を作るために、こっちに引っ越してきたの!」
 するとウォーロイ様が軽く会釈をしてくれる。


「ウォーロイ・ボリシェヴィキ・ドニエスク・ロルムンドだ。今の身分はミラルディア連邦の客将といったところだ」
「あっ、いえ、その……」
「突然の来訪をお詫びさせてくれ。ラシィの実家と聞いてな、最初の視察先はここにしようと決めていた」
 見るからに身分の高そうなウォーロイ様が丁寧な挨拶をしたから、お姉ちゃんがびっくりしている。


 あ、そうだ。
「で、あっちが元老院時代からの同僚でカイトさん。探知魔法の達人で、今はヴァイトさんの副官してる人。お酒めっちゃ弱いよ。たぶん義兄さんより弱い」
「余計なこと言うなって言ってるだろ!」
 カイトさんすぐ怒るから苦手だなあ。


「あとは魔王軍で働いてる犬人族の……」
「パンです!」
「パカです!」
「パーンです!」
「三人あわせて、パンパカパーンです!」
 一人本名じゃない人がいるけど、芸名だからいいか。
 犬人族って自分の名前にこだわらないみたいだし。


 お姉ちゃんと義兄さんは慌ててみんなに挨拶するけど、まだ事情がよくわからないらしい。
「ラシィは今、いったい何をやってるんだ? ロルムンドに仕事で行くってとこまでは、こないだ聞いたけど……」
 義兄さんが首を傾げているから、私はますます胸を張る。
「今はウォーロイ様たちの案内役だよ!」


 今の私は異国の皇子様御一行をお守りする、クールでビューティな幻術師なのです。
 相棒の探知術師のカイトさんと共に、魔王様から授かった魔法で大活躍する……予定です。
 いやあ、かっこいいなあ私。


「ラシィ、よだれ、よだれ」
 カイトさんが私の背中をつついたので、私は慌てて法衣の裾で口を拭った。油断するとすぐに口が緩んじゃうんだよね。
 アホっぽいとよく言われる所以です。


 そこに太守のベルッケン様が、衛兵さんたちをぞろぞろ連れてやってきた。
「ウォーロイ殿下、いけません。せめて街中ぐらいは衛兵をお連れください」
「ベルッケン殿、心配はいらぬ。クラウヘンは治安もよく、皆親切だ。区画もよく整備されていて、迷う心配もない」


「あ、でもさっきリューニエ様が迷っ……」
 そう言いかけた瞬間に、カイトさんにブーツを軽く踏まれた。
「ラシィ、漬け物の試食はできるかな?」
「あっ、はい! できます! お姉ちゃん、ウォーロイ様が試食したいって!」
 危ないところだった。
 さすが「副官の副官」ことカイトさん、ナイスアシスト。


「この味、単に岩塩に漬けただけではありませんな。香りも歯ごたえも非常に良いです」
「ああ、熟成された力強い旨味を感じる。おそらく、ここでしか作れぬ味だろう。俺はロルムンドの酢漬けよりこちらのほうが好みだな」
 皿に山盛りにされた漬け物を、バルナークさんとウォーロイ様がもぐもぐ食べている。試食ってレベルじゃないけど、まあいいか。
 あとで「ウォーロイ公御用達」の看板でも作らせてもらおうっと。


 入り婿の義兄さんも別の漬け物を運んできながら、すごく嬉しそうな顔をしてる。
「クラウヘン名物の『廃坑漬け』は、樽に詰めて廃坑で寝かせて作りますが、同じ樽と同じ廃坑でないと同じ味にはできません。うちは百年以上前から同じ樽と廃坑を使っています」
 死んだお父さんに厳しく仕込まれてたもんなあ。
 いやあ大変だったよね、義兄さん。


 そんなことを考えていたら、お姉ちゃんが私にしみじみと語りかけてきた。
「あんた、ほんとに偉くなったんだねえ……。小さい頃から普通の子とは少し違うと思ってたけど、いい方向に違ってて本当に良かったよ」
「それ褒めてるの?」
「さあ、どうだろうね」
 お姉ちゃんは笑うと、また私の頭をぐりぐり撫でてくれた。


 でも私は知ってる。
 あの日、ヴァイトさんが私を助けてくれなかったら、こんなふうにはなっていなかった。
 本当なら偽聖女「ミルディーヌ」のままヴァイトさんに殺されているか、味方に罵られながら処刑されておしまいだったはずだ。
 だから私は照れて笑う。


「魔王様の副官の人が、すごくいい人だったからだよ。私の力じゃないよ」
「あら、珍しく謙虚ね」
「あー、謙虚にならざるをえないというか……」
 ヴァイトさんには頭が上がりません。
 だからヴァイトさん、無事に戻ってきてくださいね。
 まだまだ、あなたのお力になりたいですから。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ