挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

214/414

「剣聖と人狼」

214話(剣聖と人狼)


 私はリューニエ様の歩みに合わせながら、一瞬だけ背後を振り返った。山中の木立は雪に覆われ、静まりかえっている。
 リューニエ様が私の様子に敏感に気づき、不安そうな表情を浮かべた。
「爺、どうしたの?」
 ごまかすと余計にリューニエ様を不安にさせてしまう。
 私は簡潔に、そして事実のみを告げた。


「後方から五人ばかり、つけてくる者がおります」
「エレオラ殿の追っ手?」
 気丈なリューニエ様は平静を保っておられるが、唇が震えている。
 無理もない。たった十二歳なのに一族は皆死に絶え、供といえばこの老いた剣士ただ一人だ。
 そして背後からは執拗な追跡者たち。


 恐怖で立ちすくんでもおかしくはないのに、リューニエ様は歩度を落とさない。
 ウォーロイ殿下が行軍の基礎を徹底的に叩き込んだのが、幸いしているようだ。
 私はリューニエ様になるべく穏やかに語りかける。
「いずれの手の者かはわかりません。この執拗で慎重な動きは、兵士というよりは狩人のそれです。おそらくは暗殺者でしょう」
「う、うん」


 私はマントの留め具をひとつ外し、戦いに備える。
「リューニエ様はフードで頭を隠し、『雪狐の姿勢』をなさってください。私が良いと申すまで、何があっても顔を上げてはいけません」
「わ……わかった」
 リューニエ様は木陰の真新しい雪の上に突っ伏して、小さく丸くなる。白いマントのおかげで、皇子の小さな体は遠目には見えにくくなった。
 矢も当たりにくいし、振り回される剣に当たる心配もない。


 私は剣の鞘を払い、リューニエ様と共に木陰に身を潜める。
 案の定、追っ手は五人だ。野外活動に適した装備で、特にブーツの前足には滑り止めが巻かれている。手慣れた感じがする。
 少し減らしておくか。


 私は鞘をベルトから外すと、懐から取り出したスリングを鞘に結びつけた。
 紐と革でできた簡単な投石具だが、棒の先に取り付ければ遠心力で威力は飛躍的に増す。
 専用の尖った石弾を装填し、私は踏み込みながら鞘を振った。


「ぐっ!?」
 先頭の男が頭蓋を割られ、雪の上に赤い斑点を散らして倒れる。私の腕が鈍っていなければ、研磨された鋭い石弾は脳の奥までめり込んだはずだ。
 残りは四人。
 クロスボウを携行しているようだが、矢をつがえる時間を与えるつもりはない。


 四人がほぼ同時に、私に斬りかかってきた。
「ふっ!」
 一人目を斬り、体当たりしてその背中を盾にする。敵の太刀を防ぎ、間髪入れずに二人目を斬り捨てた。
 だが三人目と四人目は、相当な手練れだった。


「はぁっ!」
「せいっ!」
 左右からほぼ同時に、首と左腰を狙った太刀筋が襲いかかってくる。
 この軌道を同時に防ぐ方法はない。
 ならば防がなければよい。


 私は半歩飛び退いて敵の太刀筋から逃れると、即座に踏み込んで三人目に斬りかかった。
 だが踏み込みが浅い。かわされてしまう。
 再び左右からの同時斬り込み。


 長引けば老いた私に勝機はない。私は懐から投げナイフを抜き、敵の眉間に投げつけた。
「うぉっ!?」
 敵はのけぞりながら剣でナイフを弾いたが、その一瞬は動きが止まる。
 投擲の反動を利用して身を翻し、私はもう片方の敵の喉を刺し貫いた。


「おのれ!」
 最後の敵が踏み込む。
 振り下ろされる剣を軽く払い、手首を叩き斬る。
 ドニエスク公から賜った魔剣「人喰らい」は、やすやすと手甲ごと腕を切断した。


「むおっ!?」
 驚愕の叫びを最後まであげさせず、返す刀で首を落とす。老いた私の膂力でも、人斬りに特化した魔剣ならばこの程度はたやすい。
 倒れている敵が全て絶命していることを確かめ、私はようやく緊張を解く。


「リューニエ様、もう大丈夫ですぞ」
 おそるおそる顔を上げたリューニエ様は、新雪の上に転がる骸に息を呑んだ。
「死んでいるの……?」
「はい、殺しました」
 リューニエ皇子は死体をまじまじと見つめた後、大きく息を吸ってから私にこう言う。


「ありがとう、爺。た、助かったよ」
 血塗れの骸を見てなお、私を労うだけの余裕をお持ちとは。気丈なお方だ。
「リューニエ様にお怪我がなくて何よりです。さ、急ぎましょう」
 私の故郷、北部の寒村ペトカはもうすぐだ。


 だが警戒のために周囲を見回した私は、脅威が去っていないことを知る。
「リューニエ様、今しばらくの御辛抱を。……まだいささか、追っ手がおります」
 今の五人はただの斥候、こちらの出方をみるための捨て駒だったようだ。
 足止めされている間に、すっかり包囲されている。
 二十人ほどか。


 戦況は良くない。
 今の体力では、せいぜい三、四人倒せれば上出来だろう。全盛期の私でも二十人は無理だ。
 だがそんなことは関係ない。
 敵は全て倒す。


 私が剣を抜くと、皇子は再び雪の上に伏せた。
 聡明なお方だ。
 ドニエスク公のためにも、イヴァン皇子のためにも、リューニエ様をお守りせねば。
 私は今、たった独りで主君ドニエスク家の未来を守っているのだ。
 騎士として何という名誉だろうか。
 これで奮い立たぬ者は騎士ではあるまい。


 私は息を整える。
 ここは斜面の上にある。敵は斜面を駆け上がる必要があり、息と歩調が乱れる。生い茂る木立と斜面のおかげで、矢も届かない。
 案の定、敵は隊列を乱した。
「うおおおお!」
 雄叫びをあげて襲いかかってくる最初の敵を、横薙ぎに斬り払う。
 最初の敵は一番脚が速い。
 逃げるためには、必ず殺しておかねばならない。


 そこから次々に斜面を駆け上ってくる敵たちを、斬り伏せ、突き刺し、薙ぎ払う。
 こちらも無傷という訳にはいかない。
 フードの下の鎖帷子に幾度も刃が当たり、火花を散らす。
 魔法で強化された鎖帷子を信じて、構わず敵を斬り捨てる。


 だが連戦のため、私の息が乱れてくる。
 太刀筋が鈍くなってきた。
 敵がこの地形に慣れてきているのを感じる。散開して包囲してきた。
 危険な状態だが、リューニエ様を守るため、この場を離れることはできない。


「ぐっ!」
 敵が捨て身で突きを繰り出し、私はそれを防ぐのが一瞬遅れた。
 鎖帷子が刃を防ぎきれず、左肩に激痛が走る。
「むうっ!」
 刃が敵の頭蓋を断ち割るが、切れ味が格段に落ちてきていた。魔力を使い果たしたか。


 それに出血が止まらない。今すぐ血止めが必要だ。四肢から力が失われていく。
 闘志は溢れてくるのに、体がいうことを聞かない。
 まだ敵が十数人も残っている。
 戦はこれからではないか。
 老骨よ、動いてくれ。
 戦で死ぬことは本望だが、私には守らねばならない命があるのだ。


 必死になって勝つための方策を考えていたとき、突如として凄まじい衝撃が周囲を薙ぎ払った。
 音だ。音の鎚だ。敵が吹き飛ぶ。
 もしかしてこの音は、狼の遠吠えなのか?
 これはもはや、闘気の爆発といってもいい。
 練りに練り上げられた達人の闘気は、触れることなく敵を倒すという。


 だが今はそんなことはどうでもいい。これは好機だ。
「うおおああぁ!」
 夢中になって剣を振るい、尻餅をついた敵の喉を貫く。返す刀で別の敵の頭を叩き割る。
 今この瞬間に、一人でも多く倒す。


 そう思っていたのだが、ふと気づくと敵は全滅していた。
 それも信じられないような死に方だ。
 胴がちぎれ、頭が消えてなくなり、四肢がバラバラになっている。
 熊に襲われたとしても、こうはなるまい。
 まさか私が二人倒す間に、十人以上を始末したのか?


 この殺戮を成し遂げた張本人は、すぐに見つかった。
 なんということだ。あれは人狼ではないか。
 まさか、まだ滅びていなかったのか。
 それとも私は死に際に幻でも見ているのか?


 黒い人狼は返り血を浴びても、なお黒かった。
 白い雪を真っ赤に染めた人狼は、私に向き直る。
 人狼斬りがあれば……いや、勝てない。人間がどれほどの鍛錬を積んだとしても、この人狼には決して勝てない。
 人が剣の修行をして、雪崩や山津波に勝てるだろうか?
 そういった類の強さだ。


 ゆっくりと歩み寄ってくる人狼。無造作な歩みにも関わらず、どこにも隙がない。城壁が迫ってくるような威圧感だ。
 私は片手で剣を構え、この圧倒的な脅威を待ち受ける。
 しかし人狼はスイと私の間合いに踏み込み、鉤爪の生えた威圧的な手を伸ばした。
 見えている動きなのに、まるで反応できなかった。


 人狼の手が私の左肩に一瞬触れた瞬間、出血と痛みが止まった。傷が治りかけている。
 まさか、魔法で傷を治してくれたのか?
 この人狼は魔法まで使うのか?
 そんな人狼は、昔話でも聞いたことがない。


 黒い人狼はまるで敵意を示さず、私の前に堂々と立っている。
「私を……助けてくれたのか?」
 我ながら愚かな問いだと思ったが、人狼は無言のままうなずいた。
 そして人狼は背後を振り返り、麓の村を指さした。
 あそこは私の目的地ではないが、遠目に何かが見える。
 ミラルディアの軍旗のようだ。
 そんな情報は得ていないが、確かにあれはミラルディアの軍旗に見える。


「ミラルディア軍!? なぜここに!?」
 人狼は答えない。私を見つめ、ミラルディアの軍旗を指さすだけだ。
 ミラルディア軍の者なのか?
 まさか、これが噂に聞く魔族の軍隊では……。
「貴殿はもしや」


 そう問いかけようと視線を戻したとき、そこに人狼はいなかった。
 私に気配すら感じさせず、一瞬でこの場から立ち去ったのだ。
 信じられないことの連続で、夢でも見ているとしか思えない。
 だがこれは現実だ。


 そのときリューニエ様が、不安そうに声を発する。
「ね、ねえ、爺……。顔、上げてもいい?」
 私は我に返り、周囲を見回す。敵は一人残らず破壊し尽くされている。
「……もう良うございますぞ、リューニエ様」
 私の声に、リューニエ様がパッと顔を上げる。
 それから周囲を見回し、私を見上げてきた。


「何があったの!? これ、爺がやったの?」
「いいえ、私ではございません。どうやら我々は、人狼に助けられたようです」
「人狼!? あの人狼!?」
「私も信じられませんが、確かに見ました」
 誰かに話しても、誰も信じまい。
 私が一番信じられないのだ。


 だが今はそれよりも、なすべきことがある。
「リューニエ様、下山して麓の村に参りましょう。ミラルディア軍が来ているようです」
「ミラルディア軍は敵ではないの?」
「わかりません。ただ……」
 あの人狼が我々を殺すつもりなら、わざわざこんな手間のかかることはすまい。


 それに故郷にまで敵の手が及んでいるのなら、私の力ではリューニエ様をお守りできない。
 ミラルディア軍の指揮官は、あの決闘卿だ。彼なら話は通じるだろう。
 まさか今の人狼は……。
 いや、まさかな。


 いずれにせよ、ヴァイト卿にはロルムンドの法と統治は及ばない。彼は穏和な人物だし、最後の望みを託すのは悪くないように思われた。
「ミラルディア軍にはヴァイト卿がおられます。あの方なら、リューニエ様の味方になってくれるでしょう」
「そう……そうだね」
 確信は持てないが、今はそれにすがるしかない。


 リューニエ様は不安を押し隠すように笑顔を浮かべる。
「僕、ヴァイト卿のことは好きだよ。あの人は優しいから、きっと大丈夫だ。行こう、爺」
 気丈に振る舞うリューニエ様に、私は微笑みを浮かべて頭を垂れる。
「仰せのままに、我が主」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ