挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/415

脅迫者ヴァイト

17話


 俺は残る五人の尋問も順番に行い、少しずつ情報を引き出していった。
 二人目はこうだ。
「コズン氏と、色々有益なお話ができたよ」
 俺が机の上で手を組むと、若い男は完全に萎縮してしまった。
「あ、あの……俺のこと、何か……」
 俺はにっこり笑う。
「君も正直に話せば、無事に家に帰してあげよう。もしひとつでも嘘をついたら……」
 俺の背後で、モンザが人狼に変貌し始める。
 顔面蒼白で今にも気絶しそうな若者に、俺は微笑んだ。
「わかるね?」
 尋問は驚くほどスムーズに進んだ。
 ただやはり、核心に触れる部分になると彼らは口を閉ざしてしまった。
 どうやら少々の脅迫では言えないような、重大な秘密を抱えているらしい。
 さて、どうしたものか。


 尋問を終えた後、モンザがメモを眺めながら呟く。
「年齢も職業もバラバラねえ。絶対に『群れ』だと思ったんだけど、自信なくなってきちゃった」
「二人目のヤツ、一人目のヤツと面識がある口ぶりだっただろ? 他にもお互い面識がありそうな雰囲気だった」
 俺は鏡を見て身だしなみを整えながら、こう続ける。
「銀のナイフ持って人狼の近くをうろうろしてる連中が、他人同士のはずはない。あいつらはまだ、隠し事をしてるな」
 モンザはメモから顔を上げて、にっこり笑う。
「じゃ、拷問しちゃう?」


 笑顔で物騒なことを口走るモンザに、俺は首を横に振った。
「やりすぎると住民の反感を買う。そろそろ限界だ、全員解放しろ」
「あ、あれ? いいの?」
 拍子抜けしたような顔のモンザ。少しがっかりしているようだ。
 だから俺は、彼女に新しい指示を与えた。
「もちろん、ただで帰すつもりはない。今日からしばらく、全員を徹底的に尾行してくれ」
「あは、送り狼だ。嬉しいなあ」
 手を叩いて笑顔になったモンザだが、ふと首をかしげた。
「あたしの隊、四人しかいないんだけど……」
「ウォッド爺さんとハマームの隊を貸す。十二人で交代して張り付け。いいな?」
「はぁい、隊長」


 俺は後のことをモンザに任せると、二階の自室に戻った。
「ヴァイト殿」
 案の定、すぐに太守のアイリアが青い顔をして駆け込んでくる。
 彼女の背後では、ファーンお姉ちゃんが肩をすくめていた。どうやら尋問の間、だいぶやりとりがあったようだ。
 アイリアは気が気ではない様子で、俺に詰め寄ってきた。
 そりゃそうだろう。今の彼女は魔王軍に服従していて、その魔王軍が同胞のミラルディア軍を殲滅したのだから、立場は複雑だ。
「市外で戦闘があったそうですが、詳細を教えてください! あと、あの男たちは何ですか?」


 俺は彼女に席を勧めると、俺も腰掛けて説明を始めた。
「トゥバーンの兵四百が襲撃してきたので、我が軍が撃退した。連行した男たちは、そのとき北門でうろうろしていた連中だ。全員が銀のナイフで武装していた」
「銀のナイフ……?」
 アイリアは怪訝な顔をしたが、すぐにその意味に気づいた。
「まさか、人狼を襲おうと!?」
「わからんが、そう思われても仕方ないだろう」
 俺はことさらにもったいぶって、ふかふかの背もたれに体を預ける。


 アイリアはますますうろたえて、俺に訴えかけてくる。
「ど、どうか寛大な処置を。私はリューンハイトの民の血を見たくありません」
「それは俺も同じだ、アイリア殿」
 悪役っぽさを漂わせながら、俺は苦笑してみせる。
「本音を言えば、トゥバーンの兵だって殺したくはなかった。だが俺は魔王軍の副師団長として、交戦の義務がある」
 男装の美女がうろたえているのを眺めながら、俺は続けた。


「同様に、魔王様からリューンハイトを預かる身として、魔王様の支配を拒む者に対しては厳しい態度で臨まねばならない。おわかりか?」
 俺は暗に、捕縛した連中を処刑すると言っている……ように思わせているのだ。実際には泳がせて背後関係を調べるつもりだが。
 アイリアは面白いぐらいに真っ青になった。
「ま、待って! 待ってください! もう少し調査を!」
「あいにくと私には真相の究明よりも、治安維持の方が重要なのだ。疑わしき者は罰するしかない」
 アイリアが卒倒しそうな顔をしているが、俺は人間と仲良しごっこをするためにここにいるのではない。必要なら脅迫もする。


 しかしあまり脅すと逆効果なので、俺はここらで交渉を持ちかけることにした。
「とはいえ、彼らは具体的に何かをした訳ではない。そこに一本の細い糸が垂れている。彼らを救う糸がな」
 蜘蛛の糸の話を思い出しながら、もったいぶる俺。
 我ながら陰険だとは思うが、連中のやろうとしたことを思えばこれぐらい許されるだろう。本当はあの場で処刑してもよかったのだ。


 アイリアは俺の次の言葉を、固唾を呑んで待っている。いい表情だ。
「銀のナイフで我々の喉笛を狙う連中を生かしておく理由はないが、アイリア殿の嘆願とあれば無視もできん。治安維持の件で借りもあるしな。助命に応じよう」
「あ……ありがとう、ございます……」
 俺の言葉に安堵したらしく、アイリアはテーブルの上にぐったりと肘をついてしまった。よほど緊張していたらしい。
 よしよし、これで治安維持を頼んだときの借りは返した。
 最初から殺すつもりはなかったので卑劣なやり口だが、交渉事というのはこういうものだ。


 だが卑劣な俺は、交換条件を出すことも忘れていなかった。
「ただし、連中が二度と愚かな真似をしないことが絶対条件だ。次にこのようなことがあれば、我々は捕縛などという寛大な処置はしない」
 今度やったら確実にぶっ殺すからな。脅しじゃないぞ。俺は本気だ。
 アイリアも俺の本気は伝わったようで、すぐさまうなずいた。
「承知しました。私の管轄下にある全ての組織に、魔王軍に従うよう命令します。市民の大半に命令が行き渡るはずです」
「それは助かる」
 それがどれぐらい効果があるかは俺にもわからないが、これ以上の譲歩は引き出せないだろう。
 脅迫は引き際が肝心だ。欲張れば全てを失う。
 さて、後はモンザたちの働き次第だな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ