挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

169/407

「ある剣士の覚悟」

169話(ある剣士の覚悟)


 シュメニフスキー卿は今日も、皇帝陛下への直訴を求めている。
「お前たち、あの男は人狼だ! あいつは帝国を滅ぼしに来た、ミラルディアの悪魔だ!」
 私は溜息をつき、聞こえないふりをした。


 我が主はこの男の護衛兼監視として、私を指名した。
 主とは長い付き合いだ。ドニエスク家には返しきれないほどの恩がある。
 だから鮮血伯のたわごとにも我慢している。
 だが本当にたわごとだろうか?


 私は決闘のとき、伯爵の介添え人を務めた。
 ヴァイト卿の動きは恐ろしく洗練され、そして素早かった。達人の動きだ。
 しかし何よりも私が恐怖したのは、決闘が終わった後の検分だった。


 私は固い地面に穿たれた痕を見つけている。
 剣術であれ拳闘であれ、地面を蹴る力なくしては重い一撃を放つことはできない。
 だがあれほどの痕を残すためには、どれだけの力が必要なのだろうか。


 私の拳がすっぽり入るほど深い痕だ。途方もない剛力である。
 あの力全てを叩き込まれていたら、伯爵の命はなかっただろう。
 つまりあのミラルディアから来た客爵は、手加減をする余裕すらあったということになる。


 今後、あの異国から来た紳士は注意しておく必要がありそうだ。我が主にもすでに報告はしている。
 そろそろドニエスク公からの使者が来る頃だ。
 そう思っていた矢先に、ドアが控えめにノックされる。


 私は叫んでいる伯爵を無視して、廊下に出た。
 ドニエスク家のお抱え薬師と、助手兼護衛が二名。
「ドニエスク公はシュメニフスキー様の容態を大変心配され、よく効く薬をお持ちするよう命じられました」
 つまり、いつも通りということだ。


 気が進まなかったが、私は同席することにした。伯爵への義理も多少ある。
 薬師が伯爵に恭しく一礼する。
「シュメニフスキー様、我が主から『痛み止め』を預かって参りました」
 すると伯爵は顔色を変えた。
「どう……いう……ことだ?」


 薬師は鞄から小さな瓶を取り出し、いつもの薬湯に透明な液体を数滴垂らした。
「さ、これをお飲みくださいませ。少し眠くなりますが、目覚めたときには痛みは消えておりましょう」
 だが伯爵は首を横に振る。
「ま、待て……なぜ私が……そんなはずはない……」


 助手たちが伯爵を取り押さえる。私が鍛え上げた屈強な衛士たちだ。
 薬師はその間に伯爵の顔を固定し、慣れた手つきで口をこじ開ける。
「ふがっ、あがあぁっ!」
 悲鳴をあげる間に、薬湯は鮮血伯の喉に流し込まれていた。


 伯爵は死にものぐるいで暴れたが、もう遅い。
 私は腰の剣をいつでも抜けるようにしたまま、じっとそのときが来るのを待った。
 やがて助手たちが伯爵から離れる。
 薬師が伯爵の目を調べ、それから喉に手を当てた。


「おやすみになられました」
 我々は胸に手を当て、伯爵の冥福を祈る。
 助手たちは伯爵の遺体を担ぐと、馬車に積み込むために出ていった。
「今回も『静養』ですか」
「はい。ドニエスク家の例の山荘に御案内します。そちらで静養していただきましょう」
 この国では、貴人は死んだ後も生き続ける。
 混乱を起こさぬよう全ての準備が整った後で、ようやく肉体の死と書類上の死が重なるのだ。


 私は薬師と今後の打ち合わせをした。
「例の客爵は帝室直々に人間であると証明されております。帝室の一員であるドニエスク家に与する者が、帝室の判断に異を唱えるなど、あってはならぬこと」
 古株の薬師の言葉に、私は溜息をついた。


「それゆえ、『静養』していただくという訳ですか」
「はい。伯爵の度重なる失態には、ドニエスク公も手を焼いておりました。もはや看過できぬと」
「……仕方ありませんな」
 彼がもう少し謙虚で思慮深ければ、今でも北ロルムンドの領主でいられたことだろう。
 全ては彼自身が蒔いた種だ。


 薬師が懐から手紙を取り出す。
「こちらが新たな命令書でございます。この場で御開封を」
「かたじけない」
 おそらく今度も汚れ仕事だろう。
 我が主は用心深い。本当に危険な仕事は、本当に信頼できる者にしか託さない。
 それゆえ、私は主の期待に必ず応える。


「ふむ」
「どうされましたか?」
 長年の付き合いからか、薬師は私の口調で何かを察したようだった。
 私は苦笑してみせる。
「宮廷内の取りまとめに若君がいらっしゃるそうです。私にはその護衛をせよ、とのことでした」


 安全のためにどちらの若君かは記されていなかったが、長年の付き合いで私にはわかる。
 ドニエスク公が「我が愛息」と記すのは、いつも次男のウォーロイ様だ。長男のイヴァン様のことは「我が息子」と記される。
 ウォーロイ様なら確かに適任だと思うが、少し不安もある。
 しっかりお守りせねば。


 薬師は鞄を片づけながら笑う。
「ご心配なさいますな。剣聖バルナーク様の武名を聞いて、怯まぬ者はおりませんよ」
「剣聖はやめてください。私はただの騎士崩れの中年ですから」
 領地を失った私が昔と変わらぬ生活をできているのは、ドニエスク公のおかげだ。
 その恩に報いるため、今回も努めを果たすとしよう。


 たとえ相手が伝説の人狼だったとしても。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ