挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

131/407

「エレオラ戦記・その1」

131話(エレオラ戦記・その1)


 エレオラ皇女はロルムンド皇族の鎧とマントを身につけ、部下たちと共に高台に本陣を構えていた。
 眼下には数千のミラルディア解放軍が布陣している。
 彼らが包囲しているのは、城塞都市ウォーンガングだ。


「まずまず、といったところだな」
「槍を持って立っているだけですからな」
 傍らに控えていた中年の副官の苦笑に、エレオラも笑いを誘われる。
 解放軍はロルムンド式軍事教練を数日行っただけの、素人の集まりだからだ。
「不満そうだな、ボルシュ」
「あの程度の練度で戦場に立たせるのは、彼らにしても不幸です」
「貴官は優しいな」
 エレオラはそう言い、城塞都市ウォーンガングの城壁を眺める。


「なかなか良い城だな」
 ボルシュ副官がうなずいた。
「はっ。これなら殿下の獲物としても、なんとか釣り合うのではないかと思われます」
「本物のイオロ・ランゲぐらいが良いのだが、そうもいくまいな」
 ボルシュが苦笑する。
「殿下、今のお言葉を本国に知られたら、間違いなく軍法会議モノですぞ?」
 ロルムンド帝国にある「本物」のイオロ・ランゲは皇帝の直轄地、天領である。


 危険な発言だったが、エレオラは皮肉っぽい表情を浮かべた。手にした「魔撃書」の重みを確かめるようにして、副官に笑いかける。
「だがあのクソ忌々しいキンピカ離宮に、うちの大隊旗を翻す光景を想像してみろ」
「胸が高鳴りますな」
「だろう?」


 そこにミラルディア人らしい騎士が駆け込んでくる。
「エレオラ様、申し上げます! 元老院から和睦の申し出がありました!」
 するとエレオラは冷ややかな口調で告げた。
「降伏以外受け入れる気はないと伝えよ。今後は降伏の使者以外は追い返せ」
「は、ははっ!」
 騎兵鎧に身を包んだ伝令は、素早く一礼して立ち去った。


 エレオラは溜息をつく。
「今さら、こちら側に和睦を受け入れる意味があるとでも思っているのか?」
 別の幹部が笑う。若い女性だ。
「その程度の愚かさだからこうなるのですよね、姫様」
「その通りだ」
 エレオラは振り返り、居並ぶ幹部たちに向き直る。
 その瞬間、一同は背筋を伸ばし、直立不動で敬礼した。


 彼らにエレオラはこう語りかける。
「この戦い、解放軍の兵士たちは戦力であると同時に観客でもある。役者は我々、魔撃大隊だ。わかるな?」
「はっ!」
 全員の声が綺麗にそろう。
 ロルムンドの精鋭というふれこみで来ている以上、無様な戦いぶりは見せられない。異国の戦場で異国人のために戦う勇敢さ、そして圧倒的な強さを見せつける必要がある。


「我が大隊は名前こそ仰々しいが、たった百十二名しかいない。そして欠員は決して補充されない」
 ここでの消耗は避けられないが、ロルムンド人の部下は貴重だ。彼らはエレオラと一蓮托生、裏切ることはまずない。能力も高いし、できれば温存しておきたい。
 だがミラルディア人ばかりに戦わせていると思われるのもまずい。難しいところだ。


「かねてから伝えておいたように、本日をもって魔撃杖の第一種機密指定を解除する。派手に使え、貴官たち好みにな」
「はっ!」
 皆が敬礼すると同時に、ニヤリと笑う。
 とっておきの悪戯をたくらんでいる子供のようだ。


 エレオラは彼らの無事を祈りつつ、こう続ける。
「我々は、ロルムンド軍の強さを見せつける必要がある。なに、貴官たちならいつも通りで十分だ。むしろ張り切りすぎて死ぬなよ。遺族に『ナタリア殿は私にいいところを見せようと無茶をして戦死された。申し訳ない』などと詫びさせたくなければな」
 さっきの女性が顔を真っ赤にする。
「なっ、なんでそこ私なんですか!?」
「貴官が一番危なっかしいからだよ、ナタリア四等士官」
 幹部たちがどっと笑う。


「いい笑顔だ、諸君。期待しているぞ」
 どんな戦場でも、彼らがエレオラの期待を裏切ったことはない。
 きっと今回も期待に応えてくれるはずだ。
 だからエレオラは命じる。
「第二〇九近衛魔撃大隊、総員出撃せよ!」
「はっ!」
 全員のブーツが一斉に踏み鳴らされ、エレオラは部下たちの力強い視線を一身に受け止めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ