挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

126/412

「マオの期待」

126話(マオの期待)


 時間は少し遡る。
 ヴァイトがクラウヘンで廃坑を調べていた頃、マオは宿でカイトとにらみ合っていた。


「おい、お前の手下が見あたらないが、どこで何をさせてるんだ?」
 元老院の調査官カイトが、胡散臭そうな目で私を見ていた。
 特に隠す必要がないときは、誰にでも正直に。
 それが私のルールだ。
「うちの商会の者は、あなたたちと入れ替わりに南に向かわせました。ここはもう安全ではありませんし、私には部下を守る力がありません」
 あの人狼の司令官が来た以上、一波乱起きるに決まっている。


 するとカイトが不思議そうな顔をした。
「避難させたってことか? 意外だな」
「何が意外なんですか」
「いや、お前のことだから、手下を見捨てるぐらいは平気でやりそうだなと……」
 失敬な。
「そういうのは一番嫌いなんですよ、私は」
「本当に意外だ……」
 ますます失敬な。


 味方の、それも元老院の官吏に誤解されたままというのも不都合なので、少し説明しておくとしよう。
「私も駆け出しの青二才の頃、使い捨てにされましてね」
「お前が?」
 そこで怪しまないで欲しい。
 私だって、最初から悪辣な商人だった訳ではない。


「……私の名前、変だと思いませんでしたか?」
「ん? ああ、リューンハイトじゃ見かけない名前だな。生まれはシャルディールの辺りか?」
 私は思わず苦笑する。
「いいえ、ミラルディアの出身ではないですよ。異国の者です。風紋砂漠のずっと東にある国にいました」
 するとカイトのまなざしが、調査官のそれに変わった。


「何かやらかして、ここまで逃げてきたのか」
「ええまあ。知らないうちに、禁薬の密輸の片棒を担がされていましてね。捕まれば死罪でしたから、逃げ続けてリューンハイトに落ち着きました」
 あれ以来、私は商品の管理には細心の注意を払うようになった。
 塩の壷に入っている白い粉が、いつも塩とは限らない。例えそれが、雇い主の手配したものであっても。
 貴重な教訓だ。
 授業料はいささか割高だったが。


「私を雇っていた豪商は、禁薬の密輸で莫大な財を築いていたんですよ。表向きは庶民の味方、商売の神様なんて崇められてね。私なんかは使い捨てです」
「使い捨て……か」
 カイトのつぶやきは、ひどく重かった。
 彼も似たような境遇だと聞く。元老院の腐敗ぶりを考えれば、確かに彼のような者は疎まれるだろう。


「だから私は、自分の部下は絶対に使い捨てないことにしているんですよ。今回のように本当に危ない仕事は、私が自分でやります」
「悪徳商人のくせに、なんでそんなにこだわるんだ?」
「悪徳商人には、悪徳商人なりの意地があるんですよ」
 そう、これだけは譲れない。
 ここを譲ってしまえば、私は私が憎んでいる連中と同じ悪党に成り下がってしまう。


 カイトは感心したようにうなずいて、こうも言ってきた。
「だったら賄賂も使わずに、正々堂々商売すりゃいいのに」
 私は溜息をつく。
「だからあなたは、甘っちょろい世間知らずなんですよ」
「なんだよ、せっかく少し見直してやったのに」
「話になりませんね」
 やはり私の取引相手は、あの人狼の司令官ぐらいがちょうどいい。
 彼は強大な武力と権力を持ち、慎重さと大胆さを併せ持っているが、同時にひどくお人好しでもある。
 あのバランスは、なかなかに絶妙だ。


「ふふ……」
「おい、今度は急に笑い出してどうした?」
「何でもありませんよ。さて、そろそろ出立の用意をしましょうか」
 私が荷物をまとめ始めると、カイトが首を傾げた。
「まだヴァイトさんたちが戻ってきてないぞ?」
 まったく何もわかっていない。
 私はもう一度溜息をついた。


「あの人が来た以上、穏便に済むはずがないでしょう。そんなのんきな気分でいたら生き延びられませんよ」
「そ、そうかな」
「そうですよ」
 あの人狼は無茶苦茶だ。
 元老院だろうが太守だろうが勇者だろうが、そんなものお構いなしに何もかも蹴散らしてしまう。
 商売をする身としてはひどく迷惑なのだが、彼の無茶をもっと見たいと思う気持ちが抑えきれない。


「彼はリューンハイトの黒狼卿、魔王陛下の代理人ですからね。全く、困ったものです」
「だからお前、なんでニヤニヤしてるんだよ」
「してませんよ。ほら、そんな格好だと凍死しますよ? 岩兎のコートを用意しましたから着てください。暖かいですし、闇に紛れるはずです」
「あ、ああ。悪いな」


 貴族も愛用する上質な毛皮のコートを手にしたカイトに、私は少し意地悪をしたくなる。
「銀貨百七十枚です」
「ひゃっ、百七十!? てか、金取るのかよ! 仲間だろ!?」
「クソ官吏と仲間になった覚えはありませんが、仲間になってくれるのなら無償で差し上げましょう」
「なんだよてめえは!」
 さて、彼がどんな無茶苦茶をしてくれるのか、今から楽しみだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ