挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

『残り香』

作者:詩織




京都には[侘び、寂び]という言葉が似あいます。

これは日本独特の美意識を凝縮した表現で、

簡素の中にある静寂な美をあらわします。


二千年という 長きにわたり培われてきた流儀。


そこには無駄をそぎ落とした究極の引き算のしつらい

余白の生かし方、四季のみごとな調和があります。







その昔、香りは貴族の教養とたしなみのひとつでした。


女たちは、御簾みす越しに廊下を歩く公達の


仄かな香りに心ときめかせ恋が始まる。


平安時代流行した書物、「枕草子」や「源氏物語」でも


恋が仕事だといわれる貴族の男たちは、


自ら調合した薫物を使いこなして季節の風情を表現したといいます。





き染めた 衣の移り のこり香を


  秋の夜長の 愉しみと知る



詩織♪





江戸時代になると、

豪族、武士階級の他に経済力をもった町人にも香文化が広まります。

「組香」の創作や、それを楽しむために多くの優れた香道具が作られ

香を鑑賞するための種々の作法が整えられ、

香は「道」として確立されていきます。



一方、中国からお線香の製造技術が伝わり、

庶民のあいだにもお線香の使用が浸透していきます。




山装う 景色に潜む 寂しさを


  散りゆく花の 残り香にきく


詩織♪



挿絵(By みてみん)


南無妙の 願いの端の のこり香よ


 帰らぬ人へ 合わすてのひら



詩織♪







人には 誰でも 想い出の香りがありますな~


これ、利くと過去に遡る、


そんな、香りがもの哀しい秋………。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ