挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旧作 作者:hayashi

シーズン3 第3章「新メンバー」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

80/114

軍からの出向組

 木々の葉が枯れ落ち始め、時おり吹き込む風が冷たく感じられる晩秋の頃。

 今回の一連の事件について捜査は継続中であったが、今もって、逃げた少年少女の2人組の行方も、誰が爆弾を仕掛けて起爆させたのかも分からず、解明にはほど遠く――結局、シベリカ国が関与した証拠も見つかっていない。

 もちろんシベリカ国の反応は知らず存ぜぬであり、それどころか「貴国にいるシベリカ人の安全を確保するように」とトウア国政府に要求し、トウア国の治安の悪さを憂えてみせた。シベリカ国の関与を疑うトウア国民は腸が煮えくりかえ、その怒りは捜査が遅々として進まない治安局のほうにも向けられ、治安部隊強化を要求する声は日増しに強くなっていた。

 そんな中――『子どもへの無差別銃撃事件』の現場となった中央百貨店は客足も減り、今月で完全閉店するというニュースが流れた。
 何やかんやと忙しくて疲れ果て、休日は繁華街まで外出する気力が持てず、結局、リサとセイヤはソファとテーブルを買い損ねてしまった。

 中央百貨店閉鎖により、この街の賑わいがまたひとつ消えていく。
 トウア国全体の経済もますます落ち込み、人々の気持ちは殺伐とし、治安悪化に歯止めがかからなかった。税収は減り、国力もさらに下がりそうだ。

 また『子どもへの無差別銃撃事件』をきっかけに、ほかの店ではセキュリティ強化のため、客に対する荷物検査があったり、金属探知機をくぐらせるなど対応策をとっていた。監視カメラもあちこちにつけられ、警備員の姿も待ちのあちこちで目に付くようになった。

 だが、民間の警備員は銃の携帯が許されていない。
 よって銃の携帯が許されている公務員であるパトロール隊が警備を担えるようにと、その関連法案が今国会で提出されるという。こうして今国会では治安維持のための法や国防関連の法などいくつかの重要法案が可決される見込みだった。

 しかし、一部のシベリカ人の間では「これらの法案が可決されたら、シベリカ人は弾圧される」「シベリカ人をターゲットにした法案だ」というウワサが広まり、『治安維持関連法案可決反対デモ』があちこちで行われていた。

 このデモに対し、愛国市民団体がサングラスとマスク姿で顔を隠しながら妨害していた。放っておけば暴力沙汰になるので、治安部隊はデモが行われる地域に借り出された。

 そのため、ほかの地域が手薄になり、デモの日は犯罪が増え、一部トウア人によるシベリカ人に対する無差別襲撃事件があちこちで起きるようになり、人手不足の治安部隊の対応は遅れに遅れ、こういった犯罪はだんだん野放し状態になっていった。

 シベリカ人たちはこうした治安部隊に不信感を抱き「シベリカ人が被害に遭っても治安部隊は助けてくれない」「シベリカ人は見殺しにされる」「シベリカ人だけ差別されている」と騒ぎ立て――トウアから『シベリカ人街』を独立させたいと願うシベリカ人が大幅に増加した。

 ――トウア国に住むシベリカ人たちは一箇所に集まって『シベリカ人街』を形成しており、トウアの5つの地区にひとつずつ『シベリカ人街』があった。
 特に約90万人のシベリカ人が集まっている中央地区の『シベリカ人街』は大きく、ひとつの都市と言ってもいいくらいだ。西地区でも60万人規模の『シベリカ人街』がある――

 トウア人の中で生活していたシベリカ人もどんどん『シベリカ人街』へ移っていき、トウア人とシベリカ人の断絶状態はよりいっそう進み、今では完全に分かれたと言っていい。

 やがてシベリカ人たちは――「ここ『シベリカ人街』は私たちシベリカ人のものだ。シベリカ人が長年、暮らしているのだから」「トウア人こそ『シベリカ人街』から出て行け」と主張し始め――
『シベリカ人街』はシベリカ人が統治したいということで、『シベリカ人街』を自治区にしてほしいと訴えるシベリカ人による市民活動が活発化していった。

「外国人による『シベリカ人街』の地方自治などを認めたら、次は『トウア国からの独立』が叫ばれるでしょう。わが国の主権が外国人によって内側から破壊されます」
 今日もテレビでは大方のトウア人識者たちが訴えていた。トウア世論はこの話題で持ちきりだった。

 そう、トウア国としては「シベリカ人による『シベリカ人街』の自治」など認めるわけにはいかなかった。

 が、それに対し、サハーはこのような発言を繰り返していた。
「自治区として認めてあげてもいいんじゃないか。『シベリカ人街』はそれだけ規模が大きい。トウア国はトウア人だけのものじゃない」
 そして、ついに愛国市民団体に「売国発言も甚だしい」と殴る蹴るなどの暴行され、入院してしまった。

 またミスズ先生も次のような意見を述べていた。
「これだけトウア人とシベリカ人が仲が悪くなったんだから~、『シベリカ人街』が自治区として独立したほうが平和になるんじゃないでしょうかっ」

「平和になるためにはどうしたらいいのかっていう視点が抜けていると思いますっ。トウア人がシベリカ人の人権を軽視するから、シベリカ人も独立したがるんですよっ」

「シベリカ人への暴力事件が後を絶ちませんっ。トウアは一体どうなってしまったんでしょうかっ。もう平和主義という看板は恥ずかしくて掲げませんよねっ」

 ――ということで、ミスズ先生は『トウア人だけに問題がある』とし、清々しいまでの『反トウア』ぶりを示していた。

 そんなミスズ先生も愛国市民団体に生卵をぶつけられてしまい――
「虐められるシベリカ人の気持ちがよく分かりましたっ。トウア人ってこんな酷かったんですねっ。トウア人にはもっともっと『平和と人権教育』が必要ですっ。治安部隊を強化するより、平和教育に力を注ぐべきですっ」と憤慨していた。
 そして手をガッツポーズにしながら、こう付け足すのも忘れなかった。
「私たち『平和と人権を守る教職員連合会』はがんばりますっ」

   ・・・

「ミスズセンセが言うと『平和と人権』って言葉、軽くなっちゃうよね……っと、いけない、時間だ」
 今朝もミスズ先生が出ているテレビを聞きながらセイヤとリサは朝食をとり、出勤前の準備にとりかかる。
「そうだ、今日は新しい仲間が特命チームに来るんだよねっ」

 ちょっとウキウキしているリサを尻目に……今日は何だかメイクに気合が入っているのでは、と気になるセイヤであった。ま、リサがメイクに気合を入れるとケバくなり、かえってヘンになるので別にいいのだが。

 2人は職場へ向かった。
 本日付で治安局中央地区管轄治安部隊特命チームにトウア国防軍からの出向組4名が加わることになり――
 セイヤとリサが治安局の特命チーム専用室へ着いた時には、すでにその『軍出向組4名の男たち』がいた。
 そのうち2人は何やらくっちゃべり、1人はパソコンに向かい、1人は読書をしていた。

「お、新しい面子か。まあ、よろしくな」
 あとから部屋に入ってきたジャンが新メンバーに声をかけたが、4人は何の反応もしなかった。

「うわ、感じ悪いな……特戦部隊に来たばかりの頃の無愛想なリサを思い出すな」
 ジャンは、セイヤとリサのところへソロソロと寄ってきて、耳打ちしてきた。

「え……私、そんなに感じ悪かったですか?」
「たしかに……」 
 リサとセイヤは同時に応えつつ、新メンバーを観察した。

 くっちゃべっている2人組は体も大きく、ジャンに負けず劣らずマッチョで、いかにも武闘派という感じだった。

「むさくるしそうなのが増えたな……でっかい野獣系が合計3人……部屋が狭くなったよな」
 セイヤがボソッとつぶやいた。

 パソコンに向かっているメガネをかけている男は、完全に自分の世界に入り込んでいる様子だった。中肉中背、身長174センチのセイヤといい勝負だ。

 もうひとりの読書男は端正な顔立ちをしており、背も180センチ近くありそうで、いわゆるカッコいい男の部類に入った。が「オレに話しかけるな」的な人を寄せ付けないオーラを放っていた。

 そのうち、野獣系2匹がリサに視線を移していた。
「へえ、女がいるのか」
 下から上まで舐めるように見ていたが……そのうちの一人が突然、ハッとした顔になった。

「この女、あの『ヒロイン・リサ』ってヤツじゃないか?」
「そういえば、そうだな。今じゃ全く話題にされなくなったから、すっかり忘れていたけど」
「つうかさ、『ヒロイン・リサ』って呼び名、ダサいっていうか、はっきり言って恥ずかしいよな」
 野獣系おしゃべり男らはゲラゲラ大笑いした。

 するとパソコンに向かっていたメガネ男はハッとしたように顔を上げ、信じられないような顔でリサに視線を移し、じ~っと見つめた。
 読書男はそのまま関心なさそうに無視し、読書を続けていた。

 リサはそんな男たちを無言でにらみ返した。セイヤも釣られてガンをとばす。

「こりゃ、仲良くなれそうもないな」
 ジャンが肩をすくめながら苦笑いしていた。

「無理して仲良くなることなんてないんじゃないですかっ」 
 リサはついミスズセンセの口調で応えてしまった。
 セイヤも無言で頷く。そう、特に男となんか仲良くならなくていいぞ、と心の中で大いに同調した。そして、リサのちょっとだけ気合の入ったメイクが無駄になったことを大変喜ばしく思ったのであった。

 その後、始業時間となり、ルッカー治安局長からも新メンバーへの簡単な挨拶はあったものの、セイヤもリサもその時は頭を軽く下げただけで、新メンバーに対してちゃんとした挨拶はしなかった。名前すら言わなかった。

 もちろん新メンバー4人組からも、これといった挨拶はなかった。が、メガネ男だけはリサに関心があるようで、ずっと見つめ、たまにセイヤにも視線を寄こしていた。

 結局、歓迎会もしないことになった。あちらから自己紹介もなかったから、その時点では新メンバーの名前も分からなかった。

 あとから名簿を見れば名前くらいは確認できるが、わざわざ覚えるのも面倒だったので――武闘派の2人組は『ゴリラその1』『ゴリラその2』、パソコン男は『メガネ』、読書男は『クール』と呼ぶことにした。

「ぬいぐるみ……買うとしても、完全にゴリラの線はなくなったな」
 セイヤがリサにつぶやく。
「そうだね……さらば、ゴリラだね」
 リサは心の中でゴリラのぬいぐるみに別れを告げた。ゴリラの類はもう二度と手に取ることはないだろう。

 ちなみに聞いたウワサによると――この軍出向組の4人はクセがありすぎて扱いにくいとして軍が困っていたところ、『軍の訓練を受けた人材』が欲しかったルッカー治安局長が4人を引き受け、特命チームに引き抜いたとのことだった。

 それから2、3日の間、特命チーム専用室は冷やかな空気が流れ、ジャンたち『旧メンバー』と軍出向組『新メンバー』の間には、業務上の連絡事項以外で言葉が交わされることはなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ