挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旧作 作者:hayashi

シーズン2 第2章「暗殺」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/114

久々の休日

挿絵(By みてみん)
 セイヤとリサは休日を得ていた。

 ――特戦部隊はパトロール隊などと違って、緊急事態や緊急要請がなければわりと規則的に休みがとれる。パトロール隊の補佐をする時だけ、たまに遅番や早番がある。夜勤は基本的にはない。その代わり、特戦部隊出動要請がかかれば昼も夜もなく任務に臨むことになる――

 その日、2人は寝坊をし、ほぼ昼食といっていい遅い朝食をとりながら、テレビのワイドショーを眺めていた。
 ちなみに朝食は……チーズをのっけてトーストしたパンに、スライスした玉ねぎと胡瓜やレタスにシーチキンをふりかけたサラダと、キノコ入りのスクランブルエッグに牛乳だ。冷やされた瑞々しいトマトが格別に美味しかった。

 二人ともあの地下鉄駅爆破事件から肉系が苦手になってしまい……肉を食さなくても動物性タンパク質が足りるようにと、卵やチーズや牛乳、魚などを使ったメニューにしていた。
 特に、筋肉量が多い男性は充分なタンパク質が必要だという。
 そうやって健康に気遣いながら、リサは食事を用意してくれていた。

 テレビでは「治安部隊を強化すべきか」というテーマに移り、議論に参加するコメンテーターらが紹介されていた。
 そのコメンテーターの中にルイがいた。

「あ、ルイが出ているのか」
「そうよ、これだけは見なくっちゃと思って。ルイもがんばっているよね」

 番組の司会者が各コメンテーターに意見を求めていた。
 爆破事件や暗殺未遂事件が立て続けに起きたことから、さすがに「治安部隊を強化したほうがいい」という声が高まりつつあった。

   ・・・

 テレビ画面にルイがズームアップされた。
「当然、治安部隊にもっと予算をつけ、人員を増やし、強化すべきです。
 シベリカ地方議員マハート氏暗殺未遂事件では、たった3名の隊員しか派遣されませんでした。もちろん理由は、爆破予告事件のほうへ人員がまわされ、人員が不足していたためでしょう。
 ですが、治安局が事前にこの件について、本腰を入れて多くの人員を配置して取り組んでいれば、犠牲者を出さなくてすんだかもしれません。犯人も生きながら確保でき、事件解明へつながったかもしれません」

 ルイの発言に、多くのコメンテーターらが頷いていた。
 が、ひとりだけ、異を唱えたものがいた。

「治安部隊にもっと予算をつけるべきだ、そんな声が高まり、予算が大幅に増額されれば……この治安悪化を一番喜んでいるのは治安局かもしれませんね」
 アサト・サハーは皮肉るかのようにルイを見やる。
 ハンサムの部類に入るサハー氏の肩書は『社会問題を扱う研究者・ジャーナリスト』ということで、世のオバ様たちに人気がある細身の中年男性だった。

   ・・・

 そんなサハー氏の発言を聞いたリサは不快感を隠せなかった。
「誰よ、こいつ」

 セイヤは何も言わず、冷ややかにアサト・サハー氏を見つめた。

   ・・・

 テレビの中のルイも呆れたようにサハー氏に目を向け、言い返していた。
「サハーさんのように治安部隊を敵視する勢力がいますが、トウアの治安悪化で得をするのは誰なのでしょうね」

 これを機に、サハーとルイの2人の応酬は続いていく。

「だから、治安部隊じゃないですか。治安悪化すれば彼らの存在力が増し、市民はますます彼らに頼ることになる。予算もつく。権限も強くなる」
「治安悪化は経済悪化も招きます。さすればトウアの税収が減ります。このようにトウアが弱体化することを喜ぶのは誰でしょう。国の機関である治安局や治安部隊ではありませんよね」
「治安部隊の連中はそこまで考えてないでしょ。彼らの頭にあるのは、自分達の予算を増やすことしかない」
「サハーさんはまるで治安部隊を市民の敵だと思っているようですね」
「いいえ、国家権力側につく警戒すべき組織だと言っているのです。そして自らも権力が欲しい。なので、ひょっとしたら自作自演の可能性もあるかも、と思っただけですよ」

「驚きですね。予算を増やしたいから、治安部隊が自作自演で治安を悪化させて、一般市民の殺害まで行っていると?」
 眉を上げて、苦笑するルイに、サハー氏もしれっと答える。
「あくまで可能性の話ですよ」

「では、治安部隊は自作自演で、先日の地下鉄爆破事件で多くの人の殺害を試み、今回のホテルでの暗殺未遂事件ではホテル警備員5名、そして犯人5名を殺したとおっしゃるのですか?」
 ルイはあえて呆れた口調を織り交ぜた。

「そこまでは申しませんが……ただね、軍もそうだけど攻撃能力を有する組織は恐ろしいですよ。
 治安部隊が軍と組めばクーデターも可能だ。国を牛耳り、国民を支配し、我々の敵になる可能性もあるんですからね。
 だから、国民は治安部隊と軍を監視し警戒しないといけないのです。国民を守ってくれる正義の味方とは限らないんです。いつ国民に刃を向けるか分からないのです。
 あなたは治安部隊と軍を信用しているようですが、それは甘いですよ。お嬢さん、分かりますか?」
 サハーはそう力説した後、嘲笑の表情を投げかける。

 が、ルイも負けてはいなかった。
「なるほど、サハーさんは外国は信用できるけど、自国の軍や治安警察は信用できないとおっしゃるのですね」
「いや、だから……」
 サハーの言葉が終わらないうちに、ルイは矢継ぎ早に言葉をかぶせた。
「ところで、サハーさん、あなたの事務所はシベリカ系の企業から様々な援助を得て、活動なさっているようですね」
 ルイが言うには、アサト・サハー氏は『社会問題を扱う研究所』とやらを設立し、そのスポンサーにシベリカ系の企業の名が複数あるという。

「いきなり何ですか?」
 サハーの顔色が変わった。

「どういうバックグラウンドを持った者がどういう発言をするのか、明らかにしておくことは重要なことです。テレビで発言するということは、世論へ影響を与えるということでもあるのですから」
 あくまでも冷静にルイは受け答えた。

「関係ないでしょ」
 慌て気味のサハーに、ルイは淡々と反論する。
「いえ、関係ありますよ。私はご存知の通り、旧アリア国の元大統領の孫です。だから当然旧アリア寄りの発言になるでしょう。
 そして、サハーさんはシベリカ系企業から多額の援助を受けています。ということは、シベリカに配慮し、シベリカ寄りの発言になるのも当たり前のことです。
 だからこそバックグラウンドの説明が必要なのです」

「個人情報を暴露するに等しい行為ですよ。あなた、訴えられたいのですか」
 サハーは眦を上げて恫喝するものの、ルイはしれっとサハーの痛いところを突く。
「シベリカ系企業から援助を受けていることを、なぜ隠したがるのですか?」

「今、そんな話は関係ないでしょ。議論のテーマから外れてますよ」
 サハーは口をわなわなさせつつ、反論を試みるも……ルイの冷静な発言は続く。
「どうでしょうか。私はさっきから、トウアの治安が悪化し、トウアが弱体化して喜ぶのは誰か、という話をしているんですよ。
 そして今回、狙われたマハート氏は、今のシベリカ国中央政府のやり方に批判的な人物です。マハート氏を消したいと思うのは誰でしょうね」

「何かとシベリカを敵視するあなたの憶測だ」
 サハーが声を強める。
 が、ルイは意に返さなかった。
「今回の事件が予算を得たいがための治安部隊の自作自演だ、と言うサハーさんも憶測で発言してますよね。
 そう、何かと治安部隊や軍を敵視するサハーさんの憶測と、シベリカを敵視する私の憶測……つまり、お互い様ということです」

「黙りなさい、この小娘が……その失礼極まりない生意気な態度は何だ」
 ついにサハーのほうが切れてしまった。
「どちらが失礼でしょうか」
 ルイは笑みを浮かべながら静かに切り返す。

「ほかの方の意見も聞いてみましょう」
 ここで慌てて司会者が入り、とりなした。

   ・・・

「ルイに軍配だね」
 リサがすっきりしたような顔で、残っていた牛乳を飲み干した。
 セイヤも胸が空く思いだった。

「あ、そうだ、今回のマハート氏暗殺計画情報の件で、ルイにいろいろ話を聞かなきゃね。今度、ルイをうちに呼ぼうか。後でルイに連絡とってみるね」
 そう言うとリサは立ち上がり、朝食の後片付けを始めた。
 セイヤはそれを手伝いながら……リサに仕事をやめてもらうのは難しそうだな……と密かにため息をついた。

「さて、こっちは皿洗いだから、セイヤは掃除をよろしく。洗濯機もまわしておいてね」
 久々の休日は、たまっていた家事で過ぎていった。

   ・・・・・・・・・・

 一方、この同じテレビ番組を見て、苦々しい思いを抱いた人物もいた。
「ルイ……少し調子にのっているようね」
 サギーは、テレビに映るルイを瞬きもせずジッと見つめていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ