挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旧作 作者:hayashi

シーズン1 エピローグ

31/114

解放

挿絵(By みてみん)

 彼女の無造作に伸びている髪は、背中を完全に覆ってしまい、長くて重苦しかった。
 少なくとも、彼女の兄が亡くなったときから伸びっぱなしにさせて、あまり手入れしていないように見えた。

 彼女との暮らしをスタートさせた日。
「ちょっと切ったほうがいいのでは」と言ったら、「お金がもったいない。今月の家計がもたない」とイタいところをついてきた。

 そんなわけでオレが彼女の髪を切ることになった。
 ――オレに任せてくれるということは、彼女は自分の髪にさほどこだわりがないのか――
 彼女は「じゃあ適当に」と言って、「どのくらい切るのか」も聞かなかったし、「こうしてほしい」という希望も言わなかった。

 女のコなのに、めずらしい。自分自身に無頓着なのか……自分を大切にしようっていう気持ちが希薄なのかもしれない。
 ――それはやっぱり、まだ過去を引きずっているせいなのか――

 そう思ったら、彼女の伸びきった長い髪が許せなくなった。
 彼女にも腹が立った。また自分を粗末にして、オレに心配かけさせ続ける気かと。

 切るとしたらこのくらいが適当かなと、一度は彼女の肩下10センチあたりにハサミを持っていったけど、もっと上に移動させて彼女の髪を挟み込み、そのままハサミの刃を閉じてしまった。

 長い髪がかたまりとなって床に落ち、その部分だけ彼女の白い首がのぞいた。
 ハサミを入れた時、彼女の肩がビクっと動いたので、髪に無頓着だったはずの彼女もさすがに気になったようだ。ここまで短くされるとは思わなかったんだろう。

 もうそのままハサミを進めるしかない。
 彼女もオレに任せると言った手前、何も言わなかった。

 ハサミを入れる度に長い髪が次々に落ちていき、彼女から離れていった。
 彼女を縛り付けていた何かが離れていくようにも思った。だから、ハサミをどんどん進めた。

 あっと言う間に彼女の髪はすべて、首筋の半分の位置に届くか届かないかの長さになった。

 でも、実はそこからが大変だった。左右の長さが違ったり、妙に不揃いになってしまったりして、キレイに揃えるのに苦労してしまった。

 短いほうに合わせて切っていくから、さらに短くなってしまい、キレイに揃えられたと満足したとき、彼女の髪は生え際ぎりぎり、首の付け根あたりまで短くなっていた。
 こんなに短くするつもりはなかったけど、このほうがいいなと思った。

 それにしても右手が異常に強張っていて、痛くなってきた。長時間、ハサミを使い続けたからかもしれない。まあ、そのうち治るだろう。

「心機一転……新しく始めような」と彼女の頭に左手を置いた。
 彼女は少し笑顔を見せて頷いた。

 床に落ちている長い髪が、彼女を縛っていた過去の残骸のように見えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ