挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旧作 作者:hayashi

シーズン1 第5章「誓い」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/114

口づけ

 ――また兄さんの夢を見た――

 セイヤに助けられたけど、私は犯人を捕まえた。
 兄さんに報告をしなきゃ……それなのに相変わらず私を置いて先に行ってしまう。
 立ち込める白い靄の中、私はずっと追いかけていた。

 少しずつ兄さんの背中が近づいてくる。
 ――あと、もうちょっと――

 でも、やっと追いつきそうになったところで、また誰かに手首をつかまれた。

 振り向くと……やっぱりセイヤだ。いつも私の邪魔をするんだから。でも……何だか怒っているみたい?

 ――そういえば、私ったらセイヤにまだ借りを返していない――

 そう思ったところでリサは目が覚めた。
 夢か……と、ふと横を見たら、幽霊のようなあまり生気がなさそうなセイヤがいた。

「気づいたか」
 セイヤから声をかけられても、夢の続きを見ているかのようにリサは、暫くぼんやりしていた。が、ようやく目の焦点が合った。幽霊のようなセイヤは本物だった。
「まだ、いたの?……って今、何時? というか何日?」

 それには答えず、セイヤはリサのおでこに手をのっけてきた。
「昨日でもう峠は越えたらしい。気分はどうだ?」

「息苦しさはなくなってきた気がする……」
 けど、まだ体はだるかった。頭も重い。

「じゃあ、もう仕事に行かなくちゃ」
 セイヤは猫背気味にのろのろ立ち上がる。

「……あ、その……行ってらっしゃい」
 筋肉に力が入らず起き上がることができないリサは寝たまま、セイヤを目で追った。

「今日は遅番だから、仕事終わってからだと面会時間に間に合わないかもしれないけど……何とか許可もらうようにしてみる……」
 セイヤの声に張りはなく、疲れがにじみ出ていた。

「ううん、私はもう大丈夫だから……そんな無理しないでいいよ」
 リサとしてはセイヤを気遣ったつもりだったが――
「じゃあ、これ以上、心配かけさせるなよ」
 ムスッとした表情でセイヤはため息まじりに吐く。

「……ごめん」
 とりあえずリサは謝ったものの、何だかご機嫌ななめだなあ、とセイヤをしげしげと見つめてしまった。
「今日はもうこっちに来なくていいから、寮でゆっくり休んだほうがいいよ」

「リサが心配かけるから、ゆっくり休めない」
「だから私はもう大丈夫だって」
「リサの『大丈夫』は当てにならない」

 ああ言えば、こう言う……。リサは今のセイヤが駄々っ子に見えてしまった。どっちかというと、今までは自分のほうがつっかかってしまうことが多かったけど、セイヤもそういうところがあるんだな、と意外な一面を見た気がした。

「これからは、あんまりケンカしないようにしたいね……」
 自戒も込めて、リサはつぶやく。

「ん……まあな」
 ちょっとイラついていたかな、とセイヤも反省した。リサが峠を越えたということでホッとし、その分ムラムラと怒りが涌いてしまった。一体、どれくらい心配かければ気が済むんだ、いい加減にしろ、と堪忍袋の緒が切れかかっていたのだ。

 が、この時、セイヤはリサに対して素直な感情をぶつけてしまったことに、ふと気づく。
 ――自分の心に『遠慮という壁』がなくなっている――

 ついでに時間もなくなっていることにも気づいた。
「いけね……じゃ、行ってくる」
 セイヤは部屋の出口に向かいかける。
 が、何を思ったのか踵を返す。
「ん?」
 リサは寝たままセイヤを見やる。
 するとセイヤはそのまま覆いかぶさり、唇を合わせてきた。
「……」
 でも、それはほんの一瞬のことで、すぐにリサから離れると、そそくさと部屋を出て行ってしまった。

 リサはポカンとして、その姿を見送り――その後、掛け布団の中に顔を突っ込み、一人でもうれつに照れまくった。
 そんなリサを見守るように、テレビ台には『碧いお守り』が置かれていた。

  ・・・

 ――ついに先輩の教えの通り、寝ている彼女の唇を奪ってしまった――

 職場に向かうセイヤは高揚していた。まだ心臓がドキドキしている。
 いや、ただ唇を軽く合わせただけだから『奪う』という表現はちょっと違うかもしれない、と細かいことを気にしつつ、なぜあんな衝動的なことをしたんだろう、と自分でも不思議な気分だった。

 リサに対する『遠慮という壁』がなくなってしまったせいなのか――セイヤは自分がちょっと変わったことを感じた。
 冬空は青く晴れ渡り、火照った心に触れていく冷たい空気が気持ちよかった。

 しかしその数日後。
 セイヤも熱を出し、どうにもこうにも体がいうことを利いてくれず、寝込むはめになった。

 その頃には、リサはだいぶ元気になっていたので、もう心配はなかったが、まさか自分が病気になってしまうとは――ひょっとしたら、あの時のリサとの『口づけ』がいけなかったかもしれない、迂闊だった、と反省した。

 考えてみれば、リサもあの時は体力が相当弱っていたのだから、口づけによってセイヤから何かしらの菌がリサに移り、ますますリサを弱らせてしまう可能性もあったのだ。健康なセイヤには何でもない菌も、体が弱っていたリサには危険だったかもしれない。

 が、幸いにしてそのようなことはなく、セイヤのほうがリサから移されてしまったようである。もちろん、リサのように生死を彷徨うほど重篤にはならなかったのだが――そもそもジャン先輩の言うことを聞くと、碌なことにならないのがよく分かった。

「オレ、何をやっているんだか……」
 けど、そんなに悪くない気分だった。自分がちょっと病気になっただけだし、たまにはこんな失敗もいいかもしれない、と。

 寮のベッドの上で、あの口づけシーンを何度も頭の中でリプレイして、セイヤは顔を緩ませていた。熱は当分、下がらないかもしれない……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ