挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旧作 作者:hayashi

シーズン1 第4章「借り」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/114

願い

 リサは肺炎を起こし、病状が悪化し良くない状態が続いていた。

 セイヤは病院に通い詰めた。家族以外は面会謝絶だったが「彼女に家族はおらず、婚約者の自分が唯一の家族だ」ということで付き添いの許可をもらった。

「リサはまた、亡くなった兄や両親の夢を見ているのか」
 あの時――リサが立てこもり事件の犯人と格闘の末に気を失い、それから意識を取り戻した時、雪原の中でつぶやいていたことをセイヤは思い出す。

『逝かせてくれなかったんだ』
『せっかく、兄さんや父さん、母さんがいたのに……一緒に食事、したかったな』

 ――リサは今でも、心の奥底では自滅願望に囚われている――

 そう、前々からセイヤは何となく感じていた。リサは死に場所を求めていたのだ――それが『リサの危なっかしさ』の正体だった。

 だから、顔も知らないリサの兄や両親に向かってお願いした。
 リサを解放してくれ……リサを連れていくな……食卓を囲み、リサと一緒に食事する役目は自分にくれ――と。 

 こんな神頼みのようなことは、幼い頃、両親が事故にあったあれ以来したことがないのに、願わずにはいられなかった。

 そしてリサにも訊いてみたかった。
 ――やっぱりお前は失った家族のもとに逝きたいのか?
 ――オレは新しい家族になれないのか?
 ――過去が恋しいのか? 新しい一歩を踏み出せないのか?

 しかし、リサは相変わらず苦しそうな寝顔しか見せてくれない。
 そんなリサの姿から顔を背けた時、ふとテレビ台に置いてある碧いお守りへが目に入る。セイヤは思わずそれを手にした。

 ――オレは全然、借りを返してもらってない――
 セイヤはリサに向かって、つぶやいていた。 

 ――借りを返せ――
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ