挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旧作 作者:hayashi

シーズン1 第3章「出動」

12/114

サギー再び

 トウア水力発電ダムは標高1480M、周りを3000M級の高山に囲まれているため、晩秋から中春までは深い雪に覆われ、一般人の通行はほとんどなく閉ざされた場所にある。

 早朝、出動要請を受けて、セイヤとリサが所属する治安局中央地区特戦部隊は現場に急行した。

 平野部では多少冷え込むことがあっても過ごしやすい晩秋の季節。だが、ここ高山地帯はすでに雪の厚化粧と化しており、空は晴れ渡っていたものの、身がすくむような寒さだった。呼吸をすると冷たい空気が臓腑に染みる。

 朝日を浴びて銀白色に輝く連なる山々を背景にしたダムの雪景色は荘厳だった。発電所建屋から見える下部貯水池は碧空を映し込み、晴天の日の深い海の色を思わせる。

 その発電所建屋の地下倉庫室にシべリカ国の外国人労働者ら15名が立てこもり、夜間勤務していた発電所職員5名を人質にしていた。犯人であるシベリカ人労働者らはこのダム建設に関わっていたようだが、その報酬や待遇などが約束と違っていたとし、そのことを世に訴える手段として、このような事件を起したという。

 たしかにダム建設は大変だっただろう。だからこそ、相応の報酬が支払われたはずであったが、彼らにしてみれば不当だ、騙された、条件が違った、ということらしい。ダムが建設され工事を終えたのは1年前のことだったが、不満があったならば訴訟を起こせばいいのに、裁判という正当な方法をとらず、犯罪で訴えるというやり方を選んだようだ。

 犯人らは銃を手にしており、最悪、治安部隊と銃撃戦にでもなれば、彼ら自身の命も危険に晒されるのに、なぜ、いきなりそんなハードな道を選んだのか――セイヤはこの点が少し不可解だった。

「マスコミの話題になり、世に広く知らしめたかったかもしれないな。さっそく外国人の人権を守る市民団体から抗議がいっているだろうよ。銃撃戦にでもなって犯人を射殺したら、こっちが悪役にされかねない」
 ファン隊長から指示された持ち場に向かいながら、ジャンがこぼした。

「いや、さすがに銃撃戦にはならないんじゃ……彼らだって命は惜しいでしょうし……銃を持ち出したのは、先輩の言うとおり、世間に注目されるための彼らのパフォーマンスと考えるのが妥当かもしれません。だとするとオレたちの出番はなく、交渉班の仕事になりそうですね」
 セイヤもジャンのあとを追う。

「オレらは念のために配置されるってとこか。ま、ちょっと退屈だけど仕方ねえな」
「犯人らを逮捕したところで、情状酌量ということで軽い刑で済ませて、あとはシべリカ国に強制送還しておしまいにするんじゃないですかね」
「世論も『弱い立場のシべリカ人に配慮しろ』って言うんだろうな」

 ジャンのぼやきを聞きながら、セイヤはサギーの言葉を思い出していた。そう『相手に配慮しなさい、譲りなさい』という論調は、まさにサギー先生の主張そのものだ。
 しかし、銃をちらつかせ人質をとるという行為は重い犯罪である。情状酌量せず、トウア国の法に則って厳しく処罰すべきだ――セイヤ個人はそう考えていた。

「あ~、早く帰りて~、犯人らもさっさと投降してほしいよな……もう世間では大騒ぎだろうから目的果たしただろうに」
 ジャンは愚痴りながら、上にある通気口を開けて中に入り、犯人らのいる地下部屋の天井裏を目指す。

 この天井裏は配管やケーブルも通っており、メンテナンスや清掃などで複数の人間が立ち入り作業しやすいように広め高めに設計されていたので、移動もラクで、二人の人間が入り込んでも余裕で行動できる。

 リサはどうしているかな――ジャンに続きながらセイヤはふと思いを巡らす。
 リサは、犯人らが立てこもっている部屋から、けっこう離れたところに配置されている。とりあえず安全な場所なのでホッとしつつも、リサにはパートナーがつかず、一人で持ち場に行かされたことが気になっていた。リサの持ち場は、これといって重要な場所でもないので、人員をそちらに割かなかったのかもしれないが――

「新人を一人で配置させるなんてな」
 思わずつぶやいてしまった。

 特戦部隊も決して人が余っているわけではなく、限られた人員で事件解決に臨まねばならなかった。トウア国の財政も厳しく、治安局への予算が削られている。それは人件費の削減へとつながり、それぞれの部隊は人員の数を減らされていた。

 もちろん、トウア国は年々治安が悪化しているため「治安部隊を強化しよう」という動きもなくはなかった。
 しかし「治安局にもっと予算をつけ、治安部隊の人員を増やしてこそ治安が守られる」という意見に対して――
「治安悪化は貧困層が増えたせいであり、まず社会保障や福祉関連へお金をかけるべき。治安部隊を強化しても対処療法でしかなく、治安悪化の根本的な解決にならない」という意見が勝っており、治安局はいまひとつ世論を味方につけられていない。
 なのでトウア国政府の動きも鈍かった。

「ん、リサのことが心配か?」
 セイヤのつぶやきが聞こえたのか、ジャンが声をかけてきた。
「ええ、まあ」
「今回は大丈夫だろう。そう大事にならないと踏んで、リサを一人で配置させているんだろうし、万が一銃撃戦になっても、リサのいる場所ならよっぽどのことがない限り巻き込まれることもない」
「そうですよね」
「あ~、早く帰りてえ~、どうせオレたちが命がけで働いたって、世間様はあんまり認めてくれないんだし」
 ジャンのぼやきは続いた。

   ・・・

 歴史を感じさせる荘厳な佇まいの煉瓦建築物が並ぶトウア国立大学構内。
 この大学の歴史学科に在籍しているルイは朝早くに受講を終えていた。今日はもう研究室に閉じこもり、そこで旧アリア国関連の資料を読み漁る予定だ。

 瀟洒な回廊に囲まれた中庭では、紅や黄に色づいた葉が秋の陽光を浴びながら舞い落ち、教授や学生たちの目を楽しませていた。その中をルイは脇目もふらず横切る。

 明るい日差しを遮る館内は思いのほか暗く、階段を上る足音が響く。
 研究室に入ったルイは、部屋の隅にあるテレビを点けてみた。どのチャンネルも相変わらず『水力発電所立てこもり事件』ばかり報道されている。しかしこれといった動きはなく、こう着状態が続いているようだった。

 その時、研究室のドアがノックされる音がした。
 ルイがドアを開けると、そこにはあのサギーが立っていた。
「久しぶりですね。ルイ」
 突然のサギーの訪問にルイは戸惑いを隠せなかったが、すぐに笑顔を貼り付かせる。
「……サギー先生……ご無沙汰しております」

「ここにいると聞いて……元気そうで何よりです」
 サギーはいかにも着古した風な毛玉の付いたカーディガンにロングスカート姿で、相変わらずやぼったい身なりをしていた。

「おかげさまで……」
 挨拶もそこそこに、怪訝な表情を押し殺し、ルイは客用テーブル席にサギーを案内する。

「さっそく本題に入らせてもらうけど、今日、あなたを訪ねたのは急ぎのお願いがあるからなの」
 サギーはお茶を用意しようとしたルイを止めた。
「何でしょう?」
 尋ねながらルイも席につく。

 神妙な面持ちでサギーはこのようなことを話し始めた。
 ――最近トウア国の治安が悪化し、政府は治安部隊強化のために治安局への予算を増加しようとしている。
 しかし、そんなことをしても問題の根本は解決しない。治安悪化は国の経済が低迷しているせいであり、労働力不足が原因なので、その対策として外国人の移民をもっと受け入れ、外国人の権利を充実させることが大事である。
 また貧困対策にも力を入れるべきで、治安部隊を強化するよりも、社会保障や福祉関連へ予算をまわしたほうがいい。
 このようにトウア国は治安部隊強化よりもやるべきことがたくさんあり、治安部隊強化は優先順位の上位ではない――と。

「政治のお話をされても、私には手助けできることなどありません。私の専門は歴史ですよ」
 ルイは首をかしげる。

 が、サギーは頓着せず話を続けた。
「ええ、分かってます。今、シべリカ国から出稼ぎにきた労働者たちによる水力発電所立てこもり事件が起きているのは知ってますね?」

「あ、はい」
 立てこもり事件のことは、ニュースで朝からずっと報道されている。もしかしたらセイヤとリサも出動しているかもしれないとルイは心配だった。
 リサとはたまに連絡をとっており、二人が特戦部隊に所属していることは聞いているが、今回出動しているかどうかは分からない。そもそも任務には守秘義務もあるから、部外者のルイに知りようがない。でも、セイヤたちの所属する治安局中央地区管轄内で起きた事件だ。

 サギーはそんなルイの心を読んだようにこう言った。
「あなたもセイヤとリサが心配でしょう。彼らは結局、治安部隊に入ってしまいましたから」
「ええ」
「セイヤとリサのためにも、あなたに協力してほしいのです。正義のために立ち上がってほしいのです」
「一体、私に何を?」

「あなたにテレビに出てもらって、弱者である外国人労働者の人権を訴え、水力発電所に立てこもっているシべリカ国の貧しい出稼ぎ労働者たちを擁護してほしいのです。『戦犯の子孫』のあなたが訴えるほうが世に響くでしょう。『処刑された旧アリア国元大統領の孫娘』という肩書きは、俗なことを言うようだけど人々の興味をひきます。だからこそ、多くの人に注目されるだろうあなたに、このようなお願いをしているのです」

 サギーは弁舌なめらかに力強く訴え、ルイを見つめた。
 しかし、ルイは視線を下に落とし、黙ったままだった。

「私にはテレビ局へのツテもあります。テレビ局のほうもコメンテータとして話題性のある人物を探していて、私はあなたを推薦してしまったのです」
「……」
「ルイ、やってくれませんか? 立てこもっている出稼ぎ労働者らも悪気はないと思います。トウア国政府が彼らに配慮し、外国人の権利をもっと認めるよう、世論に働きかけてほしいのです」
「……」
「もちろん『戦犯の子孫』として名乗り、テレビに出ることは勇気がいるでしょう。でもセイヤとリサのためでもあるのです。銃撃戦にでもなったら彼らの命さえ危ないのですよ」
「……そうですね……」
 黙り込んでいたルイがようやく反応した。
 ホッとしたかのようにサギーは目を細め微笑んだ。
「やってくれますか」
「……はい」
「ありがとう、ルイ。あなたを誇りに思うわ」

 こうしてサギーに説得され、テレビに出ることになったルイだが、その際「生放送で」という条件を出した。

「生放送で大丈夫? あなた、こういうの初めてでしょ?」
 サギーは怪訝な顔をした。
「でも生放送のほうが臨場感が醸し出されて、より多くの人の心を動かせると思うんです。大学のゼミで人前で話すことは慣れてます」
 ルイはそう説明した。
「分かったわ。局のほうへかけあってみましょう。話題性もあるから、おそらくOKが出るでしょう。よろしくお願いね、ルイ」

 さっそくその日の夜、ルイは生放送のニュース番組に急遽出演することになった。

 テレビ局としては高視聴率が見込めるとのことで、旧アリア国の戦犯だった元大統領の孫娘ルイ・アイーダの出演は大歓迎であった。

 ルイとサギーはタクシーを拾い、テレビ局へ向かった。この番組プロデューサーとサギーは懇意にしており、ほかにもテレビ局関係の知人がいるという。

 ルイはサギーの意外な一面を見た気がした。質素で地味なサギーが、派手な雰囲気のテレビ局関係者と親しく交流している様子を想像できなかった。意外を通り越し、不可思議な感じさえした。

 テレビ局のビルに到着し、番組の打ち合わせを終えてスタジオに入ったルイは、サギーにチェックしてもらった原稿を手に特別ゲストとして席につく。

 生放送のニュース番組が始まった。
「え~、それでは番組内容を一部変更し、まず、ここで今夜の特別ゲストを紹介させていただきます。ルイ・アイーダさん……あの旧アリア国アイーダ元大統領のお孫さんであり、現在はトウア国立大学歴史学科に在籍しているとのことです。今日は皆さんにお話したいことがあるそうで、急遽ご出演いただきました。それではルイ・アイーダさん、どうぞ」

 司会者がルイの紹介をした。そして旧アリア国についての説明をしながら、ゲストのルイに話を振った。

 緊張しつつもルイはテレビカメラに向かって話し始める。
「こんばんは、ルイ・アイーダです。今晩は皆さんにお伝えしたいことがあって、この場に参加させていただきました」

 ここで深呼吸し、強張っている顔をほぐす。少し落ち着いてきた。
「現在、私は旧アリア国について調べ、勉強しています。なので、まずはその旧アリア国についてお話させていただきます。
 当時のアリア国では――制限は設けてましたが、外国から移民を受け入れてました。主にそれはシべリカ国からの移民でした。それから程なくして、平和運動や人権運動が盛んになっていき、治安も悪化していったようです。
 ……そう、今のトウア国の状況ととてもよく似ているのです」

 これをスタジオ外にある待合室のテレビで聞いていたサギーは虚を突かれたような顔になっていた。
 ――ルイ、何を言っているの? 打ち合わせとまるで違うことを――
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ