挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旧作 作者:hayashi

シーズン4 エピローグ

114/114

目標(最終回)

 季節はすっかり秋になっていた。
 休日の夕暮れ時、セイヤとリサは夕飯の買い物に出かけた。穏やかな風がどこかの家で作っているのだろうカレーの匂いを運んできた。
「あ、今夜はうちもカレーにしようか」
「そうだな。そうしよう」
 ほんのりとしたカレーの匂いに包まれながら、スーパーマーケットまでの散歩道。二人は歩く速度を緩めた。
 それでも、だんだんカレーの匂いが遠ざかる。セイヤはちょっと足を止めてしまった。
「ん?」
 リサが振り向く。
「名残惜しいな」
「カレーの匂い?」
「ああ」
「これから、うちもつくるんだから、イヤというほど部屋がカレーの匂いで充満するわよ~」
「ま、そうだけど」
 そう言ってセイヤもリサと並んで歩き出した。

 道端に漂うどこかの家のカレーの匂い――セイヤは子供のころを思い出していた。
 夜へ向かう空のもと、各家庭から漂う夕飯の気配――その中でもカレーの匂いは格別だった。
 でも両親が亡くなり、家庭を失い、養護施設送りになってから、家庭の匂いからあえて遠ざかるようにしていた。この匂いに包まれると、あまりの寂しさにどうしようもなくなり、辛くなるからだ。

 それなのに、あの時――そう、いじめっ子のアントン・ダラーを木刀で殴って怪我させ、ルイを連れて入院中のアントンを訪ね、脅したあとの帰り道。どこかの家が作っているのだろうカレーの匂いが漂ってきた。茜色の空が陰り、すっかり夕刻になっていた。家族という絶対的な味方を失い、ルイ以外の者はすべて敵に思え、本当はとても心細かった。そこへカレーの匂いがセイヤを包んだのだ。懐かしさを覚えながらも、寂しくて仕方なかった。
 けどルイの手前、泣き言も言えず、微笑むしかなかった。この時から、自分の感情に蓋をしてしまったのかもしれない。リサに出会うまで。

 物思いにふけるセイヤをリサの声が引き戻した。
「カレーといえば、セイヤって最初辛口がダメだったよね。仕方ないから、お子様用カレーの甘口ルーをよく使ったっけ」
「昔の話だろ。それに甘口カレーはすぐに卒業しただろ」
 それに――甘口カレーだって別にいいじゃんか、リサは邪道だって言うけれど、甘口には甘口の良さがあるんだ――と心の中でセイヤはぼやいた。
「……昔か……」
 リサは遠くを見つめた。セイヤと出会ってから5年経った。結婚してからは2年半だ。
「これからも……」
「ん?」
「こうしていろいろ昔の話を持ち出せるようになるのもいいかもね」
「どうして?」
「それだけ、たくさんの時間を二人で過ごしてきたってことになるわけじゃない」
「ん、まあな」
「だから、長生きしようね」
「……ああ」
「そうだ、今思いついたんだけど、私たちの目標は老衰で死ぬことにしようよ」
「何だよ、それ」
 そう言いつつも、セイヤはその目標がとても気に入った。
「ま、できれば、曾孫の顔も見たいよな」
「あら、目標はでかく、玄孫やしゃごまで行きましょうよ」
「120歳くらいまで行ければ、それも夢じゃないか。ま、子孫の皆がそれぞれ早めに子どもを作ってくれればの話になるけど」
「ちなみに玄孫の次って、何だっけ?」
来孫らいそんだな。次は昆孫こんそんだ」
「さすがセイヤ、物知りね。でも、そこまで子孫の顔を拝むには妖怪になるしかないよね」
「何バカなこと言ってんだか」
 セイヤは久しぶりに笑った。

「それより……まず子どもだろ……孫や曾孫や玄孫の顔を拝むには」
「そうだね……」
 リサも笑顔になる。脅迫状のことが頭に浮かんだが、すぐに打ち消した。
 今だけは、ひと時の安らぎを満喫したい。郵便受けも今日は覗かない。ニュース番組も見ない。今夜はカレーを食べながら、二人で旅行番組か健康番組のテレビを見て、ゆっくり心穏やかに過ごすつもりだ。
 どうせ明日から仕事で、どす黒い現実と向き合わないとならない。
 どこにいようが、どこに逃げようが、どこにでも『どす黒い現実』はあり、『敵』もいる。時には戦わなくてはいけないだろう。罪を背負ってでも、自分たちを、今ある暮らしを守ることを優先する――それはセイヤも同じ思いだ。
「だから、がんばって生きていくしかないか」
「ん?」
「いや、ま、がんばろうな」
「うん」
 リサはしっかり頷いた。
 セイヤはそんなリサを頼もしく思う。それに――今は仲間や友人もいる。10歳のあの時とは違う。ルイもすっかり強くなった。皆と一緒なら心強く生きていける――。

 どこかの家から流れていたカレーの匂いはすっかり消えていた。でももう寂しくはない。心細さも感じない。
「子どもができたら、子どもが食べる分は甘口カレーになるんだろ」
「ま、仕方ないよね」
「オレ、甘口と辛口、両方食べてもいいぞ」
 セイヤにしてみれば、やっぱり甘口も捨てがたかった。
「わかった、わかった。子どもができたら邪道カレーもいいかもね」
「ところで今夜のカレーだけど、肉、多めにな」
「野菜もたっぷりにしないとね。長生きするには健康に気をつけなきゃ」
「肉だって大切だぞ。動物性蛋白質だからな」
「らっきょうの酢漬けも忘れないように買わなきゃね」

 道端のカレーの匂いはもう彼方の向こうだ。このあとは、セイヤとリサの家がカレーの匂いを秋風に乗せて、道端に届けるだろう。
 黄昏に染まったやわらかい光の中、道に映し出されていた影法師が二つ並んでいた。
最終回イラスト
挿絵(By みてみん)

二人の幸せそうな画で閉めます。

・・・・・・・・
とりあえず、シーズン4で「プライオリティ」を終えます。ここで終わりにしてもいいような感じにしました。
シーズン5の構想はあれこれ考えているものの、もし作ったとしても完成するのはだいぶ先になりそうです。

今まで投稿してきた分も、ちょくちょく手直しはしているものの・・・見直す度に、あちこちに、文法の間違いや、ほか重複表現、説明文が長い、議論シーンが長い、反対に情景描写が少ない、など直した方がいい箇所がボロボロ出てきます。
新しいものを投稿するより、前のものを改稿したほうがよさそう・・・と思ってます。ただ、切りがないので、これから改稿したものはここではなく自サイト作って、そちらのほうでアップしていく予定でいます。

というわけで今まで、おつきあいいただいた方、本当にありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
平和の守護者(書籍版タイトル:創世のエブリオット・シード)

 時は2010年。  第二次世界大戦末期に現れた『ES能力者』により、“本来”の歴史から大きく道を外れた世界。“本来”の世界から、異なる世界に変わってしまった世//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全325部)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合

FPSというゲームジャンルをこよなく愛する青年がいた。数々のゲームタイトルをプレイし、いつしか世界大会にまで出場するほどのプレイヤーに成長した彼が今プレイしてい//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全307部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 21:00
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全452部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 12:00
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
ああ勇者、君の苦しむ顔が見たいんだ

目的はただひとつ。 いじめっ子への復讐。 「世界に現存する全ての書物を脳内で閲覧する能力」 ゴミクズと呼ばれる少年、御宮星屑は世界の書物から世界の攻略方//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全78部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/04/13 01:02
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
呼び出された殺戮者

幼少から様々な武道を修練してきた遠野一二三(とおのひふみ)は、ある朝、稽古中異世界へ強制的に旅立つことになった。 現代日本で人を殺したいという欲求を溜め込んでい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/10/17 22:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全271部)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 18:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全109部)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 15:29
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
打算あり善行冒険者

 冒険者の多く住まう街ボルディアナ、そこには親の跡を継げないような次男以下の者たちが一攫千金を夢見てやって来る。そんなボルディアナに変わった冒険者がいた。  //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全88部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/01/29 23:23
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 23:14
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全413部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 11:24
戦国小町苦労譚

ある日、一人の少女が戦国時代へタイムスリップした。 それこそ神の気まぐれ、悪魔の退屈しのぎといえるほど唐突に。 少女は世界を変える力を持っているわけではない。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全117部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 23:12
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 12:00
聖樹の国の禁呪使い

 就活に失敗し、大学卒業後も何をするでもなくひきこもっていた相楽黒彦。そんな黒彦はある台風の日、死に場所を求めてやって来た山の中腹でまばゆい光に身体を包まれ、そ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 23:59
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
オーバーロード:後編

 最強領域の魔法『超位魔法』を発動し、たった一撃で10万以上という敵対する国の兵士を主人公は殺戮する。これにより周辺国家にその圧倒的強者としての存在を大々的にア//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2014/12/24 21:56
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全615部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 17:00
破壊の御子

現代日本で、ごく普通の高校生でしかなかった木崎蒼馬は、ある日突然、何者かによって異世界に召喚されてしまった。人間が亜人類を征服して虐げているその世界で、蒼馬は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全236部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 00:28
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-

 各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム<エンブリオ>。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち<ティアン>。そ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全278部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 21:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全530部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 18:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1151部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:00
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全255部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 18:43
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全368部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 20:46
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
音使いは死と踊る

ある日突然、無能力だった少年は諦めていた能力を発現させた。能力の名前は”音支配(ドミナント)”。 少年は世界で初めて音を司る能力を発現させたのだ。 しかし、その//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全136部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/03/16 01:09
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
NO FATIGUE 24時間戦える男の転生譚

ゲーセンから出たところで通り魔事件に出くわした主人公は、女子高生を助けようとして通り魔ともみ合いになり、通り魔を刺殺してしまう。主人公はそこに折悪しく現れた警官//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 06:00
↑ページトップへ