挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
無能転生でもいいじゃない!~オレだってゼッテェ成り上がってやる~ 作者:30枚の銀貨
1/8

1:田んぼに石は投げないでください







 「もうイーくんっ、草抜きなんて後で良いから早く勇者様を見に行こうよ!」

 田んぼの土手より、幼なじみのクルフェがイライラしながら大声を張り上げる。
 それもそのはず、こんな辺境の田舎に勇者パーティーが立ち寄ったというのだから。

 「あと少しで終わるから・・・よし、お待たせ。って、なに?その格好」

 うぅーっと、腰を伸ばしながらクルフェへと振り向くと、田んぼには似つかわしく無い、フリフリのスカートで目一杯背伸びオシャレをした13歳の幼なじみが仁王立ちをしていた。

 「ふっふぅ、どう?惚れ直した?」

 「・・・いや、すっごい田舎者っぽいよ」

 「ええぇ!なんでよ?10歳の誕生日に叔父さんから貰った王都の服よ!オシャレじゃん!可愛いじゃん、どこが田舎者なのよ!」

 ジタンダを踏みながら激怒するクルフェ。
 いや、田んぼに石は投げないで。

 「クルフェはそのままで可愛いんだよ。変に背伸びしても王都から来た勇者様には滑稽に見えちゃうよ」

 「っ~~~・・・、また、サラッとそんなこと言う。イー君ホントに同じ歳?変に落ち着いてるし、なんか叔父さんと喋ってるみたい」

 (正解。プラス42歳です・・・)

 異世界転生。
 若くして死にベタな転生をしたにも関わらず、チートは無しで貧乏田舎の長男として過ごした13年間。
 生前、紳士の嗜みとしてこの業界知識は結構あったので、様々な可能性や試みをするも特に目立った無双は行えなかった。
 むしろ元異世界人ということが邪魔をしているのか、剣と魔法の世界にも関わらず、自分の適性は殆ど皆無で無能の烙印を押されてしまった。
 強いて自分の強みを言うのなら、少しだけあった農作知識を活かしての改革くらいである。

 だからオレはこの13年間で達観していた。
 収穫量増加のおかげで生活も少々安定し、もう村人としてスローライフを満喫しようと。
 そして、こんなにも可愛い幼なじみがいることの幸運にも。

 「ほらっ、バカなこと言ってないで勇者様を魅了しに行くんだろ?早くしないと、ベルねぇちゃんが先に勇者様を犯っちまうぞ」

 「全然妬いてくれない・・・もうバカッ!絶対勇者様に見初められてやるんだから!早く行くわよ」





 狭い村での唯一の宿屋。
 勇者パーティーが宿屋の入り口付近で村長と話し込んでいる様子を、村人全員が遠巻きに眺めている。
 あっ、ベルねぇちゃんマジで犯る気マンマンだ・・・
 殆ど全裸で鼻息の荒いベルねぇちゃんを避けて、オレ達もその輪に加わり、勇者一行を空港に現れた芸能人のように観察する。

 そして、そこでオレは驚愕する。

 「はぁ~、やっぱり勇者様は噂の以上にキラッキラの美少年ね、ねっ?イー君」

 「・・・・・・」

 「・・・イー君?あれ、妬いちゃった?」

 クルフェの声が滑り落ちるほどに、勇者がしている仕草に注目する。

 拝み手。
 キラキラの高級装備に幼さの残る顔立ち。
 そして穏和で優しそうな雰囲気の通り、多分謙虚な人なのだろう。
 村長の前を横切る際に、日本人特有の昭和オジサンがするような拝み手で歩いていく。

 (まさか、勇者もオレと同じ転生者!?)

 話を終えた勇者一行はオレ達ギャラリーへと近付き、律儀に挨拶をする。
 若者や村娘たちは黄色い歓声をあげ、それに答えると背中を向けて宿の方へと歩いていく。

 「・・・マヨネーズっ!」
 歓声に紛れて、日本人なら誰でも知っている言葉を叫んでみた。

 「っ!」

 歩みを止め、振り返る勇者。
 声の主であるオレをジッと見つめ、こちらへと近付いてくる。

 「えっ?イー君、こ、こっち見てるよ!って、こっち来たよ?え、ア、アタシ!?」

 一人勘違いしているクルフェを余所に、視線を外さず真っ直ぐに勇者と見つめ合う。
 距離にして1mの所で立ち止まる勇者。
 見つめ合うオレ達に、周りの村人は静まりかえる。

 [・・・こんにちわ] ボソッ
 勇者が口パクで日本語を話す。

 [はじめまして] ボソッ
 オレも同じく口パクで返事をすると、勇者は破顔し抱きついてきた。

 「やっと会えた!ずっと探してたんだよ!!まさかこんなところで日本人と出会えっんっ!モガモガモガ」

 「バカッ!落ち着け!!」

 抱きつき大声で余計なことを言う勇者の口を手で塞ぎ、連れ去るように村の外れへと走っていく。

 「「「えっ!え?・・・ええぇぇ(そっちなの)!!!」」」

 クルフェや村人の驚き、ベルねぇちゃんの勘違いの声が聞こえてきたが、オレ達はそのまま村の外へと走り去っていった。





 「改めまして、勇者アズベルこと、新井信二44歳会社員です。いや~嬉しいな。久しぶりの日本語だ」

 「ご丁寧に、村人のイコマこと、田中久志42歳システムエンジニアをしていました。いや、ホントに。拝み手を見てまさかとは思いましたが、本当に日本人だったとは驚きですね。あっ、宜しくお願いします」

 「あっ、なるほど。それで気付かれたのですね。いや、こちらこそ宜しく」

 村外れのあぜ道。
 サラリーマン的なやり取りをしながら握手を交わし信頼を深める。

 間近で見る彼は本当にキラキラと輝く美少年で、まさか中身が同年代のオッサンとはとても信じられない。
 まぁオレも人のことは言えないが。
 オレはといえば良くも悪くも普通である。
 それでも生前が酷かったので、それに比べればましだし、若返っただけでも有り難かったのだが、流石にこれは羨まし過ぎる。

 「それにしてもチート転生ですか?羨ましいです」

 「いや~お恥ずかしい限り。そう言うイコマさんは、えっと、もしかして能力が」

 「ええ。なにもありませんでした・・・6歳くらいまではラノベ展開を夢見て絶望もしましたが、今では開き直って若返ったことだし、スローライフでも楽しもうと切り替えてますから。どうぞお気になさらないで下さい」

 二人、土手へと腰掛けながらお互いの身の上について話し出す。
 13歳の少年と高校生くらいの美少年が恐縮し合いながら話している姿は、傍目には滑稽に見えることだろう。
 それでもお互いの本当を話し合える初めての相手に会話も弾み、だんだんと砕けた口調へと変わっていく。

 「えっ?アズさんも魔法使い!?つか、40歳越えの大魔導なの?」

 「ハハ、共に魔導を究めんとした同士であったか。うん、もうね、自分のことリッチかと思ったもん。まっ、二次元の嫁はいっぱいいたけどね。てか、怖くね?ハードディスク処分した?」

 「それな!死後、田舎の妹夫妻がオレの部屋片付けに来てること想像しただけで・・・あああぁぁぁ!殺してくれぇぇ」

 「ぁあ、分かる!分かるわぁ~。前世の未練がそこっても泣けちゃうんだけどね」

 「けど今は勇者じゃん!勝ち組じゃん!チートで主人公じゃん!モテモテじゃん!」

 「ふっ、オレのパーティー見た?あれ、全員オレの嫁な」

 「あぁぁ!テメェこの、マジで爆発しろ!!」

 「ええでぇ。女の子マジええで~。良い匂いがするの・・・。イコマっちはまだその年齢じゃ経験無いと思うけど・・・ええよ。びっくりした」

 「この腐れ勇者め。はぁぁ、同じ転生でもなんでこうも違うかな」

 「ところでさ、イコマっち能力無かったって言ってたけど具体的にはどうなの?」

 「・・・ギリで生活魔法がやっとかな」

 「?あれ?じゃあ、ギフトは?」

 「おいっ!その話し詳しく聞こうじゃないか」

 「マジで!ギフト知らねぇの?ちょっちステータス出しみ。もしかしたら転生先輩の勇者オレならいろいろ分かるかもしんないし」

 「マジでっ!?わ、分かった・・・んっ」



========
イコマ 13歳
LV: 4

称号:[農耕の革命児]
適性: 農耕技術
========



 いつ見てもしょっぱい。
 この世界、ステータスはあっても能力の数値化は無い。
 HPやMP、攻撃力などは前世と同じで感覚でしかないのだ。
 互いの強さを計るには、単純に適性の質やレベルを目安とするのが一般的とされている。


 「・・・・・あらヤダ。マジ無いね。つか、、、ギフトってオレだけのもんか?ははは」

 「無いんかぁいっ!絶対しばく!期待させといてっ!くそぉぉ!!ボケェ」





タラタラ頑張ります。
宜しければお付き合い下さい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ