挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界転移女子~ハルカ、無双します!~ 作者:神崎 創

第二章 目指すはバルデシア大陸・先行の旅路 編

41/41

41) ハルカ、行きます!

「何ィ!? 難破した!? それで、それで、ハルカとランリィは、ど、どうなったんだよ!?」

 熱に浮かされ続けていたウォリスとゼイドが意識を取り戻したのは、ハルカらが難破してから五日後のことだった。
 一部始終を耳にするなり寝台から跳ね起きたウォリス。
 たいていのことでは冷静なはずの彼が、すっかり取り乱していた。

「まぁ、落ち着けよ、メスティアの武人さんよ。でなきゃ、話ができねェや」
「これが落ち着いていられるか! あいつらは、あいつらはな……」

 ダッツに詰め寄り、胸ぐらをつかむと

「――この世界の、たった一つの希望なんだぞ! お前ら船乗りにゃ、そのことがわかってねェってんだ!」

 凄まじい剣幕で怒鳴った。
 侮辱にも近い物言いに、一緒にいた船乗り達が顔色を変えた。
 が、そこは彼らが頭と慕うダッツである。
 ウォリスの手をポンポンと優しく叩きつつ

「わかってるさ、それは。だが、どうして俺がこうやって落ち着いて話していられるのか、そこを考えてみてもらいてェ。なぁ、武人さんよ」

 宥めるように言った。
 横で黙ってやりとりを見ていたゼイドが、

「……つまり、ハルカとランリィは無事だ、と。そういうわけだな?」
「ご名答。俺達がこの目で確かめたわけじゃねェが、信じるに足る筋からの話だ。間違いあるまい」
「どういうことだ?」

 ダッツは、難破してすぐに人魚族に助けられたこと、そして彼女達は人魚族の長から人間の少女を救うようにと命じられ、この海域までやってきていたこと――を、かいつまんで話した。

「泳ぎに関しちゃ俺達も到底叶わない人魚族の嬢ちゃん達が言ってるんだぜ? これ以上に確かなことはあるまいよ。船乗りとして、みっともねェ話だがな」
「そうか。人魚族が、か……」

 ウォリスは一瞬虚を突かれたような表情をしたあと目線を落とし、しばらくの間黙っていた。
 と、急に寝台の上にどっかと座り直すと、頭がつくほどに下げて見せ

「いや、悪かった! 俺は大人げもなく、言わなくていいことを言ってしまった。申し訳ない! 謝る!」
「よせやい。誇り高き武人さんに頭を下げられるのも悪かねェが、俺達もハルカを助けられなかった以上、ふんぞり返っているわけにゃいかねェってモンさ。約束を守れなかったんだ、文句の一つや二つ、言われるのも当たり前だ」

 ダッツの相好に、今まで見せたことのない、申し訳なさそうな笑みが浮かんでいる。
 心の底から、ハルカ達を無事送り届けられなかったことに大きな責任を感じているようであった。

「それはそうと、アルセスまで伝言に行ってくれた人魚族から、折返しの言伝が届いている。――用意が調い次第、メスティアの王女達もアルセスを発つそうだ。ポームの連中が船を使えと言って寄越してきているから、ここからはそいつを借りて再度キーゼに向かう。あんたら二人、ここで待てって伝えてくれとよ。確かに、伝えたぜ?」

 さすがは人魚族である。足の遅い船と違い、すいすいと泳いでいってあっという間にアルセスへとたどり着き、早くも折り返してきたようであった。便船で往復十日近く要することから考えると、信じられない速さといっていい。
 用は済んだのか、立ち上がって部屋から出て行こうとしたダッツ。
 つと足を停め

「……言い忘れてた。ハルカとランリィは人魚族の島から大陸に向かったらしい。人魚族の長の頼みとやらで、魔族の将軍を助けに行くとか言ってたようだぜ?」
「魔族の将軍を? なんだ、そりゃ?」

 ウォリスの声がひっくり返っている。
 意味がわからない。
 魔族を討滅するためにバルデシア大陸へ渡ったというのに、その親玉を助けるということがあるだろうか。
 それよりも、なぜ魔族が助けられねばならないようなことになっているのか。新たな勢力が台頭してきて魔族を圧迫し、それがために魔族と手を握ろうというのか。
 首をひねっている彼に、ダッツは

「……さァな。そこは俺もわからん。が、ハルカ達のことだ。きっと何か考えがあるのだろうて」



 エルメルの胸中を聞いてから翌、早暁。
 ハルカとランリィは無事、バルデシア大陸東岸到達を果たしていた。
 マーレルという人魚族に付き従う魚人の背中に乗せて運んでもらったのである。エルメルがそのように取り計らってくれた。人魚族ほどの知性を持ち合わせていないが温厚で大人しく、人魚達の言うことなら何でも聞くという種族で、外見はカッパとナマズを足して割ったような感じ、というのがハルカの印象である。
 思いのほか大きくて絨毯の様に柔らかなマーレルの背中は、快適そのものだった。服を濡らさずに済むうえ、船のように酔うこともない。ハルカはすっかり喜んだ。ランリィはランリィで、主が体調を崩さずに済んだことに一安心している。
 何より幸運といってよかったのは、人魚族との面識を得たことであろう。海のあるところ自在に行動できる彼女達やマーレルにとって、船乗り達が恐れる海流などは何でもなかった。二人が人魚族に救われ、かつエルメルの好意を得た時点で大陸へ渡る術の確保という重大な懸案事項はクリアされていたのである。
 二人は、切り立った絶壁の下の岩場に下ろしてもらった。浜辺では人目につく恐れがあり、騒ぎになると厄介である。ヴォーデ救出までは隠密行動を要するため暗いうちに発ち、見つかりにくい場所を上陸地点に選んだのだ。
 辺りはなおも青い闇に包まれている。
 それでも朝が近いせいか、次第に周囲の光景が明瞭になりつつある。
 穏やかに揺れる海面のはるか向こう、水平線を境に空の色はすでに明るい。雲が透けるように薄くしかかかっていないため、恐らく今日も快晴であろう。
 二人を乗せてきてくれたマーレルのほかにも、人魚の娘達が何人か付き添ってきている。
 シベリシを横切る際に万が一のことがあっては、と気遣ったエルメルがそうするように命じたらしい。

「みんな、本当にありがとう。島に戻ったら、エルメルさんにもよろしくね?」

 波間に浮かんでいる人魚達に礼を述べたハルカ。
 お決まりの白い衣装に防具、両肩をすっぽり覆う大きな外套がこれまた風に白くはためく。
 岩の上にすらりと立つ彼女の姿は、微かな朝日の光を受けて凛々しく、そして神々しく見えた。
 眩しげに見上げていたフルールは、つと胸に手を当てて祈りを捧げるようにして

「どうか、ハルカ様とランリィ様に女精エティシアの大いなるご加護があらんことを……」

 祝福を願う言葉を口にした。
 彼女を見習って、他の人魚達も同じことをしている。
 ちょっと照れくさそうなハルカだったが、ふと思い出したように

「あのっ、できたら、でいいんですけど……もうひとつだけ、お願いを聞いてもらえませんか?」
「はい。私たちにできることでしたら」

 願いというのはこうである。
 おっつけ、アリス達がアルセスを発し、大陸を目指して海を渡ってくるであろう。
 その時、もしも彼女らが嵐に遭ったらばどうか助けてあげて欲しいと、ハルカは頼んだ。

「いいですよ。人間の人達をお手伝いしたら、綺麗な石をくれますから。船乗りの人達が、助けてくれたお礼だっていって、ミューゼリカ姉さま達にくれたそうです。私も欲しいです」

 エーゼルテが嬉しそうに言った。この娘は何が気に入ったのか、ずっとランリィにくっついていて、とうとう大陸まで一緒に来てしまった。
 どうも人魚族の娘達は、キラキラと光る物が好きなようである。
 するとフルールが

「エーゼルテ? 人間の人達に物を無心してはなりません。エルメル姉様に叱られますよ?」
「はーい。ごめんなさい」

 たしなめられ、素直に謝ったエーゼルテ。
 ご褒美の件はともかく、人魚達は快く依頼を引き受けてくれた。

「それではハルカ様、ランリィ様。どうか、くれぐれもお気をつけて。またお会いできるように願っております」

 彼女らが波間に姿を消したのを見届けると踵を返し、二人は絶壁の天辺を目指した。
 とはいえ、岩にへばりつくようにしてちまちまと登っていくのではない。
 ランリィを背につかまらせ、跳躍力と腕力を活かして駆け上がるように上がっていく。ポームへ向かう途中では登山家のように普通によじ登るということをやってしまったが、よくよく考えればその必要はなかった。ありあまる身体能力にものをいわせれば、崖のひとつやふたつ、軽々と上がっていけるのである。
 そうしてあっさりと絶壁の天辺に辿り着いた。
 もちろん、上りきったその先にガルザッグ兵や人間がいないかどうか、注意深く確認を怠らない。
 まだ朝も早いせいか、他に気配はまったくなかった。

「……さて、と」

 内陸のほうへと目線を転じ、行く手を見渡したハルカ。
 背の低い草に覆われたなだらかな下り斜面が続いている。
 そのまま直進すると身を隠す遮蔽物はなにもないのだが、右手つまりやや北側には森とおぼしきものが見えている。多少迂回になるものの、そこを行けばよかろうと思った。それよりもずっと奥、空のすそがうっすらと濃くなっているのは山らしい。
 大陸の地理地形について、ハルカはまったく知るところがない。
 加えて、ランリィもまた聞きかじった知識をほんの少し有しているだけである。
 今後の行動を容易ならしめるためにも、一刻も早くヴォーデを助け出し、彼を慕ってやまない人間達とつながって共同戦線を張らなければならない。
 それが大陸上陸後の第一目標である。
 背後に、ランリィが神妙に控えている。
 いよいよガルザッグ帝国の本拠地へ乗り込むにあたり、彼女は彼女なりに覚悟と決意を固めているのであろう。
 ハルカは振り返って

「何だかんだで、ここまで来るのにけっこうかかっちゃったね。たくさん迷惑をかけてごめんね、ランリィ!」
「いいえ。迷惑などということはございません。それよりも」

 ランリィはくすりと笑って

「……むしろ、ハルカ様のいろいろなお姿を拝見するに及んで、お慕いする気持ちがいっそう強くなりました」

 いろいろなお姿、という表現がひっかかったハルカは

「なぁに、それ? あたしが乗り物酔いしたり溺れたりしたこと?」

 ちょっとむくれて見せた。
 が、すぐに苦笑して

「安心してね。もう、船には乗らなくて済むと思うし」

 言い添えた。
 弱点や欠点を見せるのは決して格好いいとはいえないが、それでいいと思う。
 良い面もそうでない面も含めて受け入れ合うから、人は絆を深めていくことができる。深められた絆は、一方的に切らない限り、決して揺るがない。そして強くなった絆はときに、思いもかけない結果をもたらす。
 今がそうだといえる。
 一時は衰滅寸前まで追い込まれていたメスティアの勢力が、ついに再び大陸の地を踏むなどと、誰が想像しただろうか。
 それというのも、アリスをはじめウォリスやリディア、ベックなどなど、皆が絆を大切にする心があったればこそとハルカは思う。最初は小さかったその絆も、エミーやライケル、ダッツ、エルメルほか人魚族達と次第に大きく広がっていった。多くの人々の好意と協力を得て、ハルカとランリィはバルデシア大陸に到達することができたのだ。
 ガルザッグは打倒すべきだが、本当にやるべき戦いとは、もっと多くの人達との絆を得ていくことなのかもしれない、という気がする。人間だけでなく種族を超えて一致結束していくとき、暴力しか術をもたない魔王ディノ以下ガルザッグ帝国は加速度的に滅んでいくに違いない。
 手始めとして、とりあえずは――ヴォーデを助ける。
 ハルカは大剣をしっかりと背負いつつ、ランリィの目を見つめて

「行くよ、ランリィ。ここからが、本当の戦いだからね。これからもたくさん迷惑かけちゃうかもしれないけど、よろしくね?」
「はい、ハルカ様! 何が待ち受けていようと、私はどこまでもハルカ様のお傍についてまいります!」

 答えるランリィの瞳はキラキラと輝いている。
 互いに頷きあうや、大地を蹴って駆け出した二人。
 その直後――遥か遠く、水平線を乗り越えるようにして溢れ出した日の光が、今まさに大陸の大地を照らしださんとみるみる輝きを増し始めたのであった。

<第二章 目指すはバルデシア大陸・先行の旅路 編  了>
異世界転移女子~ハルカ、無双します!~にお目通しくださりありがとうございました。
ストーリーからいけばここまでが第一部、といったかたちになります。
ちょうど区切りを迎えましたので、ここで一旦締めさせていただくこととしました。
ハルカがようやく大陸に到達したのだからこれから本番ではないか、というご指摘もあろうかと思います。加えて、謎の魔導使いガングや途中でちらっと登場した複数の名を持つ少女、あるいはヴォーデの存在など、伏線を引きっぱなしになっているのも重々承知しております。
しかしながらこの作品、異世界ラノベを好む読者の求める内容になっているのかというと、どうもそうではないと筆者自身感じているところですし、またそれをわかっていながら書いておりました。そうしきれなかったのは当然、筆者自身の力量不足によります。また、連載を意識しすぎ、各話単位での内容やボリュームがまちまちで読みにくかった点も、この場でお詫び申し上げます。
そもそものコンセプトは「誰が読んでもわかりやすい」ことでした。
しかし、多くの読み手の方にとってそれは「公開作品として当然」でしかなく、あえて強調することにどれだけの価値もありませんでした。筆者として、痛烈に後悔し、反省しているところであります。
誠に勝手ながら、この先を投稿し続けるべきかどうなのか、少し時間をおいて考えたいというわがままを許されたいと思います。

旧稿の末尾でも述べましたが、見通しの良い直線道路を延々法定速度で走り続けるような面白味に欠けたこの作品、多くの方々の支えをいただいてひと段落するところまでこぎつけることができました。
あえてスペシャルサンクスを付させていただきますと
・素敵なビジュアルを作成し、終始当作品を支持してくださった林檎無双様
・人魚達に素敵な名前を下さり、終始当作品を支援してくださった奈瀬理幸様
・ご自身の経験を踏まえ的確な助言をくださった青山晃一様
・旧稿から変わらないご支援をくださったエビた様
・当作品にこめた思想を誰よりも的確に理解し、受け止めてくださった不波流様
・追い風のように後ろからそっと見守り支えてくださったすー様
上記の皆さまには特に厚く御礼を申し上げるものであります。
最後に、お目通しくださったすべての読み手の方へ厚く御礼を申し上げつつ、この連載を終了させていただきます。
ありがとうございました。

2017年1月11日 神崎 創

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

村人ですが何か?

飯島竜人は異世界に転生し、リュート=マクレーンとなった。転生先の肉体の最適職業は村人で、家も普通の農家で普通に貧乏だった。ゴブリンやらドラゴンやらが闊歩する異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/12/02 20:11
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全271部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 23:34
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全89部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/12/22 13:02
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全129部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/01/10 00:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 16:01
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全283部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/12/09 15:38
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全110部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/01/08 22:32
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 00:00
ちびっこ賢者、LV1から異世界でがんばります!

エリュシアオンラインを遊んでいた九条悠里は、やっと念願の賢者に転職する。そこで真のエリュシアに行くかと聞かれて「はい」を選んだ悠里は、なんと異世界に行ってしまう//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 23:51
くま クマ 熊 ベアー

VRMMOゲームをやる15歳の少女のユナ。 株で数十億稼ぎ、学校に行くこともなく、家に引きこもってゲームをしている。 本日、大型アップデートが行われるを楽しみに//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全347部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 23:00
カット&ペーストでこの世界を生きていく

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 06:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1249部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 18:00
剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?

Aランク冒険者である父親から剣士としての英才教育を受けて育ったローラは、九歳のとき王都の冒険者学園へと入学する。 ローラは「剣士の友達が沢山できたらいいな」と期//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全77部)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 14:14
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全195部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 21:38
老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます

 事故で家族を失った18歳の少女、山野光波(やまのみつは)は、ある日崖から転落し中世ヨーロッパ程度の文明レベルである異世界へと転移した。狼との死闘を経て地球との//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全78部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 00:00
僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件

【ツギクルブックスで創刊タイトルとして2/10発売予定。コミカライズも進行中】 都内(立川市)の2LDKで家賃3万円! ヤバイ、と思いつつも安さに釣られて、そ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全81部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 00:11
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により当面は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかかっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全205部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 07:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全470部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/01/13 23:03
転生少女の履歴書

頭脳明晰、スポーツ万能、何をやらせてもそつなくこなす絶世の美少女は、車の事故であっけなく命を散らしてしまう。 そして前世の記憶を持ちながら、転生した先は剣と魔法//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全165部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/12/16 08:25
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全43部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/12/02 15:17
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全163部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 10:35
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全28部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 19:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2016/12/30 20:04
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

*オーバーラップノベルス様から1巻発売中です!* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者失格扱い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 11:50
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全195部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/01/16 12:03
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全302部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 07:00
ログインボーナスでスキルアップ~寝て起きて成り上がる~

 ――よく寝れば、より強くなる。  俺の魔道書は、目覚める度にログインボーナスで魔法やスキルなどをくれる。他の人は頑張って魔道書を読みこんで、新たな魔法やスキル//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全161部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/12/09 17:27
時空魔法で異世界と地球を行ったり来たり

召喚先の異世界でスキルをもらったけど、王様の態度がムカついたので、お姫様をさらって地球に帰って来ちゃった。 もらったスキルで異世界と地球を行ったり来たりしながら//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全395部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 17:48
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全516部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 18:00
私、ダンジョンマスターやめます! ~迷宮少女の異世界譚

 目を覚ますと、そこはがらんとした洞窟だった。ダンジョンマスターになって神々の使徒を倒せと告げられる。暇を持て余した神々のゲームに、少女は強制的に参加させられて//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全141部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 18:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全103部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 15:22
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 20:30
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全91部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/12/28 20:36
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全249部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 22:02
↑ページトップへ