挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
逆ハーレム100(旧) 作者:松宮星

勇者世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/16

天才魔術師、現る? 【クロード】

 アタシは『異性しか仲間にできない勇者』って、事にした。
 バカ正直に『百人の伴侶を探してる勇者でーす! 男の人、集まってくださーい!』なんて言ったら……
 問題ありすぎだもんね……うん。

 今日は、お師匠様の移動魔法で、魔術師協会に行く。

 ジョゼ兄さまも一緒。外出時には、金髪のくるんくるんのカツラを被る。外出着も貴族らしく派手。
 兄さまは美男子だけど濃い目の顔だから、似合ってるか微妙なのよね。特に、金髪のカツラ。
 正直にそう言ったら、俺もそう思うとの答え。
 着けたくないんだけど、被らないとおばあさんがうるさいんだそうだ。
「全身美容、化粧、爪の手入れで、毎日、何時間も拘束される。男の見目などどうでもよかろうに。貴族は実にくだらん」
 身軽な格好で、一日中、格闘の修行がしたい、と兄さまはため息をついた。

 魔術師協会の広間には、協会長が有能な魔術師を集めておいてくれるって話。
 で、ワクワクして行ったんだけど……

 期待はずれ!

 萌えなきゃ仲間にできないのよ!
 広間に居るの、ヨボヨボのおじいさんばっかじゃない!
 しかも!
 渋〜い、かっこいいおじい様ならばともかく……
 頭が薄い人とか、太った人とか、ガリガリだとか……
 無理! 無理! 無理!
 萌え要素なさすぎ!

 もうちょっと若い方いません? って協会長さんに聞いてみた。白髭の、見るからに魔術師っておじいさんだ。

「では、五十代の魔術師を」
 いやいやいやいや!
「できれば、十代! 無理なら、二十五以下で!」
 十六のアタシの伴侶だもん、年が近い方がいいよ。
 すっごくすっごく格好よければ、オジさん、おじいさんでもいいけど。

「そんな若い魔術師では、ろくな魔法が……」
 と、言いかけてから、おじいさんはポンと手を叩いた。

「いや、一人おりましたな、若くて優秀な者が」
 お?

「まだ正式な魔術師ではないのですが、たいへん才のある男性です。十年に一人、いえ、百年に一人現れるか現れないかの逸材です、天才です」
 おお!

「魔術師学校の高等部の学生なのです。十八歳の若輩ですが、たいへん優秀で、もう一通りの魔法が使えるようです。魔力も豊富ですし、きっとお役に立つでしょう」
 おおお、十八歳!

「由緒正しい侯爵家の嫡男で、剣技にも優れた、礼儀正しい方で……」
 おおおおお!


 お師匠様にねだって、魔術師学校に移動魔法で跳んでもらったのは言うまでもない。


 跳んでった先は、校長室だった。
 侯爵家の貴公子さまのクラスは、授業中だった。
 そのへんをぶらぶらして、時間を潰す事にした。

 山ん中にひきこもってたから、学校も十年ぶり。
 ちょっと中を歩いてみたかったの。

 廊下は、天井も床もツルツルのピカピカだった。何処かに魔法の光源があるらしく、窓もないのに、やけに明るかった。
 授業中なんで、廊下には生徒はいなかった。

 玄関の脇から隣の校舎に向かう、渡り廊下にさしかかった時。
 元気な声が、校庭の方から聞こえた。

「ファイあー」
「ファいヤー」
「ふぁイアー」

 花壇の向こうで、横一列に並んだおチビちゃん達。手に構えた棒を前へとつきだし、呪文を叫んでいる。
 十才ぐらいのクラスだろうか。全員、地味な灰色のローブ姿。
「集中! 集中!」
 子供達の後ろを歩いているのは、先生だろう。ローブは黒で、杖頭に宝石のついた立派な魔術師の杖を持っている。

 中には、前方にちっちゃな炎を発生させてる子もいる。一瞬だけで、すぐ消えちゃうけど。

 列の端っこに、子供じゃない人がいる。
 子供達と同じ灰色のローブを着てる所を見ると、お手本を見せる先生ってわけじゃなさそう。
 右手に持ってるのも、木を削っただけの杖だし。

「ファイアー!」
 かけ声は立派なものの、前方の空気はただゆらめくだけ。熱は発生しているようだけど、炎となっていない。

 ローブのフードから髪が、こぼれる。めったにいない特徴的なあの髪の色は……

「ん?」
「あ?」

 アタシとジョゼ兄さまは、同時に声をあげた。

「クロード?」

 どう見ても子供じゃない生徒が、アタシ達の居る渡り廊下へと顔を向ける。ストロベリーブロンドの髪に、緑の瞳、すらりとした鼻、形のいい唇。
 ちょっと見、女の子みたいなかわいい顔。だけど、

「ゲ」
 顔に似合わない声を漏らし、
「ジャンヌに、そっちの金髪はジョゼかよ? どっからわいて出たんだ、おまえら!」
 と、乱暴な声でアタシ達を怒鳴りつける。

 間違いない。
 クロードだ。
 アタシ達が子供の頃、よく遊んだお隣さん。
 オジさんがパパの商売仲間だったんで、家同士の付き合いだった。

 先生は授業を中断した。アタシ達の中にお師匠様が居たから、敬意を表したみたい。知らなかったけど、お師匠様のローブは賢者専用のモノらしい。髪と同じ白銀色。綺麗だとは思ってたけど、特殊装備だったのね。

 先生も子供達も目を輝かせて、お師匠様に群がる。

 あのぉ……
 勇者はアタシなんですけど……
 無視ですか……?

 アタシとジョゼ兄さまの前には、クロードしか来てくれなかった。あとは、様子をうかがっている子供が数人。

 クロードが、フードを外し、ボリボリと頭を掻く。あいかわらず、綺麗なストロベリーブロンドだ。うらやましい。
「ジャンヌ、おまえが人里に出て来たって事は……魔王が現れたってわけだな?」

 勇者見習いとして家を出る前、アタシはお隣のクロードにもお別れを言った。
『おまえが勇者? 嘘だろ! 最悪。この世はもう終わりだな』と、クロードは呆れたように言った。
『魔王が現れるまで、山ン中にこもるのかよ? へぇ〜 ま、おまえみたいなバカのお守り、あきてたし。せいせいする。とっとと、行っちまえよ』
 クロードはそっぽを向きながら、憎まれ口をきいて、アタシを送ったんだ。
 よく覚えている……

「昨日、手紙を出しておいた」
 ジョゼ兄さまが、背後からいきなりアタシを抱きしめる。
「昔、伯爵家にひきとられる時、約束したものな。ジャンヌが勇者として旅立つと知ったら、おまえにも教えてやると」
 兄さまが、すりすりと顎をアタシの頭に押しつけてくる。ちょっと痛い。
「この通り、俺のジャンヌは勇者となった。これから共に魔王退治の旅をするのだ」
「ふーん、そう。……あいかわらず、仲いいわけだ、おまえら」
 クロードが、アタシと兄さまに順にジロジロと見る。そうね、昔と一緒。兄さま、スキンシップが好きなのよね、やたら、アタシにくっついてくる。
「まあ、一応、礼を言っとく。約束通り、知らせてくれてありがとな。けど、オレ、今、寄宿舎住まいなんだ。めったに家に帰らない。手紙、多分、半月先ぐらい気づかなかったと思うわ」
「別に構わん」
 ジョゼ兄さまが偉そうに答える。仲が悪いわけじゃないんだけど、この二人、昔っから、ちょっと喧嘩腰なしゃべり方するのよね。

「魔王の出現、知らないの?」
 と、尋ねると、クロードが唇をとがらせた。
「あったりまえだろ、バーカ。百日間、魔王は寝てるだけで、何も悪さをしないんだ。国のトップは、当分、事実を隠ぺいする。今、広めたところで、国民の不安を煽るだけで何の実益もない」
「なるほど」

 クロードが、フンと鼻で笑ってアタシを見る。
「あいかわらず、バカだな。ちょっと考えれば、子供だってわかるのに」

 む。

 一方的にバカバカけなされるのも面白くないんで、こっちから質問した。
「何で、子供のクラスに混じってたの?」

 クロードがグッと喉をつまらせ、鼻の辺りを赤くする。
「べ、べつに、どーだって、いいだろ! おまえに関係ないし!」
 なんだ、昔から変わってない。照れると鼻の頭のとこばっか赤くなるの。

「さ、最近、魔法の、魅力に、き、気づいただけだ! ちょっと、スタートが遅かったけど……オレ、才能あるから! すぐにトップ・クラスに追いつくし!」

「ねえ、あなた」
 と、さっきからアタシをチラチラ見てた子供が近寄って来た。こまっしゃくれた感じの、そばかすだらけの赤毛の女の子だ。
「クロードのおさななじみ?」

 アタシが口を開くよりも早くクロードが口をはさむ。
「おい、エメ、何を」
「クロードはだまってて。あたし、そこのおねえさんに聞いてるの」
 十才ぐらいの子供に呼び捨てにされてるし、クロード。

 アタシはジョゼ兄さまから離れ、赤毛の女の子に対し頷いた。
「そうよ、アタシはクロードの幼馴染。ジャンヌよ」

「なら、あなた」
 エメって呼ばれた女の子が、ふぅと溜息をつく。
「バカな男を拾ってあげてくれる?」

 は?

「あなたのタメに、このバカ男、剣だ、格闘だってきて、今度は魔法なのよ。家業の手伝い、全然、しないでよ。オジさん、もうカンカンなんだから」

 へ?

 よけいなことは言うな! って叫ぶクロードを、男の子が四人がかりで押さえつける。エメって子のボーイフレンド?

 エメは、クロードのいとこなのだそうだ。

 アタシが勇者見習いとなってから、クロードは……
 ひたすら、体を鍛えてたそうだ。家業の手伝いを放り出し、見合いも断り、剣や格闘を習い続け……
 この春からは、魔法学校に入ったのだそうだ。
 普通六〜十才で入学する学校に、十七にもなって入学したわけ。初等クラスで、う〜んと年下の子供達と混ざって勉強するとわかっていて。
 それというのも……

「このバカ男、占い師に、魔法を習えってそそのかされたのよ。『おさななじみを本気で助けたいのなら、魔法使いになるしかない』って勧められたらしいの。ほーんと、いやになっちゃう。バカよね。それで、その気になって」

「やめろ!」
 クロードが叫ぶ。
 鼻のあたりを真っ赤にして。わなわなと体を震わせ、アタシを睨みつける。

「ご、誤解すんなよな! お、おまえの為じゃないから! 世界の平和の為だから! 世界の平和の為に、勇者の仲間になりたくて! そ、それで、がんばってきただけなんだからな!」

 真っ赤なお鼻のクロードを見つめているうち……


 胸がキュンキュンした。


 心の中でリンゴ〜ンと鐘が鳴った。
 欠けていたものが、ほんの少し埋まったような、このまえジョゼ兄さまを仲間にした時と同じ感覚がした。

《あと九十八〜 おっけぇ?》
 と、内側から、声がした。神様の声だ。


「新たな仲間か……」
 お師匠様が、大きく溜息をついた。
 お師匠様には、仲間欄が丸見えみたい。

 ジョゼ兄さまは、「クロードが仲間か……」と、チッと舌うちをしていた。
 何で?





 クロードを仲間に加えてから、魔術師協会推薦の天才魔術師と会った。休み時間に高等部の教室へ行ったの。
 見るからにお貴族様って感じの、すっごいハンサムだった。金の巻き毛もゴージャスな、美男子(イケメン)! 柔らかな物腰で、優しそうで、まるで王子様みたい……

 アタシの胸は、キュンキュンどころか、キュンキュンキュンキュンした!

 したんだけど……

「仲間枠に入らんな。完全なジョブ被りだ。仲間にするのは無理だろう」
 と、お師匠様は無慈悲にも言いきってくれた。

「ご縁がなかったのは残念です、美しいお嬢さん。あなたとは、又、違う形で何処かでお会いしたいですね」
 シャルルと名乗った貴公子は、アタシに微笑みかけた。まぶしいばかりに、爽やかな笑顔で……

 あああああ! ス・テ・キ!
 シャルル様……
 こんなに萌えてるのに、仲間にできないなんて……
 ジョブ被りだなんて……
 シクシク……
 天才魔術師と新米魔術師で別枠にしてよ……

 しかし……
 クロードで魔術師枠を埋めちゃって、アタシ、大丈夫なのかしら……?
 自爆魔法コース一直線のような気がする……

 アタシも不幸だけど、クロードも不幸ね。
「クロード君、君は魔術師学校の代表となったのだ。健闘を祈るよ」
 シャルル様に、声援(エール)を送られて、顔をひきつらせていた。
 初級魔法『ファイア』さえ使えないのに、魔術師学校代表になっちゃったんだものね、正しく言えば魔術師協会代表か。荷が重いわよね。
 ま……自爆しないだけ、アタシよりマシだけど……

 さて、校長室に戻って、クロードの休学手続きをして、魔術師協会にも挨拶に行かなきゃ。
 お名残り惜しいけれども、シャルル様とはお別れ。どうぞ、お元気で……
 お貴族様同士知り合いなのだろう、シャルル様はジョゼ兄さまにも親しげに挨拶をした。兄さまは、儀礼的な挨拶しか返さなかったけど。

「クロード、がんばってね!」
 勝手について来てたクロードのいとこの女の子が、手を振って見送る。
「あんまツンツンしすぎちゃ駄目よ! 女の子にはやさしく! ツンデレデレぐらいでいってね!」

 は?

「ツンデレ? クロード、おまえ、俺のジャンヌを、何だと」
 ジョゼ兄さまが、文句を言おうとクロードに近づく。
 が、最後までしゃべれなかった。
「ちがーう!」
 ジョゼ兄さまの左頬に、クロードの右の拳がめりこむ。
「誤解だ!」
 兄さまの大きな体がふっとび、そこらにあった机と椅子が巻き込まれて倒れてゆく。
「オ、オレはジャンヌなんか、な、何とも思ってない! ただの、幼馴染、だ!」

 うわ。
 照れてそこらにあるモノにあたるのは、あいかわらず。

 クロードがキッ! と、アタシを睨む。
「せ、世界平和の為に戦うんだからな! お、おまえの為なんかじゃない! 誤解するなよな!」

 はい、わかっております。
 逆らいません。
 これ以上、暴れられたら困るから。
 女の子には暴力ふるわないんだけどねー。
 側にいるもんだから、昔は、やたらと、ジョゼ兄さまが犠牲になってたのよね。


 教室から去りゆくアタシ達。その背後で、女生徒達はひそひそ話をしていた。
『ツンデレよ……』
『あれが噂に聞く、ツンデレね……』
『わたくし、初めて見ましたわ』
『萌えますわね』
『ツンデレ魔術師……かわいいわ〜』
『シャルル様がかなわないわけですわね、相手がツンデレ魔術師では』

 クロードは振り返り、鼻の頭を真っ赤にしながら背後の女学生達を睨みつけた。

「ツンデレじゃねーよ!」





 そんなわけで、ツンデレと噂の魔術師が、仲間に加わった。

 魔王の目覚めは……九十九日後。
 クロードが役立たずな分……どっかで強い味方を仲間にしなきゃな。 


* * * * *


『勇者の書 101――ジャンヌ』 覚え書き

●男性プロフィール(№002)

名前 クロード
所属世界   勇者世界
種族     人間
職業     魔術師
特徴     幼馴染・意地っぱり・照れ屋。
       ツンデレらしい。新米魔術師。
       すぐ怒るし、すぐ殴るけど、
       女の子には暴力をふるわない。
       ジョゼ兄さまがよく被害に遭う。
戦闘方法   魔法(でも、初級魔法も使えない)
       杖や拳で殴る方が強いわ
年齢     十七
容姿     ストロベリーブロンドの髪、緑の瞳
       女顔。
口癖    『ツンデレじゃねーよ!』
      『バカ』『バーカ』
好きなもの  リンゴ
嫌いなもの  ピーマン(だったはず)  
勇者に一言 『ツンデレ言うな!』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ