挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

双子物語〜罪と罰〜

作者:虫塚新一
3XXX年一人の男性が一冊の本を片手に都市を眺める丘の上にいた。その本は彼の先祖が遺した手記を元に彼が作り直した本であった。彼は天国の先祖に向けて、その本を読みすすめる。

時は遡り2000年。
中谷一家の長男で一卵性双生児達也と和也は近所でも有名な仲の良い兄弟である。兄達也は弟和也を命がけで守り、弟和也は兄達也を異常なほどに尊敬している。二人の両親達義と和子もとても仲が良い夫婦で、この一家は理想の家族だった。
しかし、ある日和也が古井戸に落ち昔の記憶が戻り達也が行方不明になってから、この一家の隠された罪が露呈し崩壊していこうとしていた。

和子の自殺未遂・達也の異変・心を失いかける和也・達義の後悔…

信じていたものが崩壊していくなか、家族の取る道は……



あらすじ苦手なのでこれで勘弁してください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ