挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
クラスに異世界の王子達がいるんだけど 作者:奏多

第二部 恋する筋肉のトゥイスベルク

44/53

2-7

 それから三日間、私は心安らかに過ごしていた。
 ディナン公子達は今だに東へ西へと人集めに奔走しているし、それを眺めているだけなのだから、楽なものだ。

 と同時に、ディナン公子は毎日一度はこっちの教室へやってきて、ぎりぎりと歯ぎしりしそうな目でこっちを見ていた。
 人を探している様子もないのに、全く焦っていないのを見て悔しがっているのだろう。

 そんな視線を向けられて高笑いの衝動に駆られていると、アンドリューに「沙桐さんて、けっこうサドだよね」などと言われてしまったが、何を今更なことを。
 開き直ってやったら、アンドリューは大層ウケたようで大笑いしていた。
 しかしエドが「サドとはどういうものなのですか」とアンドリューに質問していたが、教えるのだけは止めさせた。
 だってアンドリューがどう捻じ曲げて教えるのか、わかったものではないからだ。
 ただでさえ自分と同等のことができるかもしれない、なんてよくわからない空想をし出すエドのこと。斜め上に解釈される恐れがある。

 そんな日の夕方。
 帰宅して早々、私一人しかいない家のチャイムが鳴った。

「はーい?」

 宅配便屋さんかと思って玄関まで行ってみたが返事が無い。扉の外に誰かがいる様子もない。
 一応扉を開けて外を見たら、すぐそこにぽつんと小さな小包が置いてあった。
 触ったり持ち上げたりしてみたところ、宅急便の防水の袋に包まれた、立方体の深皿みたいなものが入っていそうな箱のようだ。
 送り元は私も何度か親にお願いして通販したことのある会社で、内容は≪当選品 粗品≫となっていた。そして宛先が私になっている。

「じゃ、開けていいってことだよね?」

 部屋に持って行き、ぱりぱりと包装紙を破いて、中から現れた紙の箱を開けると。

「……たまご?」

 両腕で抱えるにはちょっと小さいぐらいの卵だ。高さ20センチくらいの、鶏の卵を薄緑に塗ってそのまま大きくしたような形をしている。

「これは割って食べよ、というものなのか。それとも卵型のお菓子なのか」

 説明書は無い。実に怪しい。
 お菓子にしては、箱にお菓子らしい名前も、原料表記もない。
 指でつついてみたら、ぷよんとへこんだ。
 堅いグミみたいな感じだろうか。なんかちょっと美味しそうな気がしてきた。

「よし、何事も試すべし」

 好奇心に負けた私は、あーんと卵を囓ったのだが、

「ぴぎゃあああああっ!」
「んあ!?」

 齧った卵から悲鳴が聞こえて、思わず口を離した。
 次の瞬間、齧ったあたりから膜を引き裂くようにして、翼付きのトカゲが飛び出してくる。

「え……トカゲ? でも翼がある?」

 ということは地球原産生物ではない。確実に異世界産だろう。
 あまりにことに、私の頭も上手く働かない。
 ついつい、異世界の品の通販会社だから、懸賞商品に異世界生物を送ってきたのかもしれないとか、ありえないことを考えそうになる。

「くわっ、食われるぅぅぅ!」

 騒ぎながら、トカゲは翼を使って天井にぶつかって落ち、壁を駆け上がりながら翼をばたつかせ、カーテンに絡まってまた騒ぎ、を繰り返していた。
 私もしばらくの間呆然とその様子を見守っていたわけだが、次第に落ち着いてきて、ポケットの中の携帯を取りだした。
 電話帳から呼び出した番号へかけると、3コールでアンドリューが出た。

≪どうしたの? ……って、何かあったみたいだね≫

 電話を通して聞こえるトカゲの叫び声に、アンドリューも異常事態を悟ったようだ。

「うん。うちに翼がついたトカゲが配達されてきてさ。これってどうしたらいいのかな。多分そっちの世界の生き物だと思うんだけど。うっかりかじりかけたら、悲鳴をあげて、私の部屋を駆けずり回ってるんだよね」

≪かじ……?≫

 かじったという言葉にアンドリューは一秒だけ絶句していたが、すぐに対処について教えてくれる。
 なので私は次に、ヴィラマインに電話をかけた。

≪はい、ヴィラマインです。沙桐さんどうかしま……してるんですね?≫

 背後で騒いでいるトカゲの悲鳴に、ヴィラマインも察してくれる。
 一方、電話を通した声が聞こえたらしいトカゲが、ぴたっと停止して天井から落ちてきた。……なんだこれ?

「あのさヴィラマイン。さっき変なトカゲが配達されてきて。翼ついてるんだけどね。アンドリューがヴィラマインに聞いた方がいいって」

≪なんですって!? それは、もしかして竜の子ではありませんか!≫

 珍しく焦った口調のヴィラマインに、なるほどこれが竜か、と絨毯の上でじーっと私の方を見ているトカゲに視線を向ける。
 と、その途中で、卵が入っていた箱の底に何か紙が置いてあるのをみつけた。
 あの卵は風船のように割れたら縮む代物だったようで、くしゃっとなった割れた風船のなれの果てみたいなのの下に、四つに折った白い紙が入っていたのだ。

≪異世界から持ち込んではいけない生物の一つですわ。保護をしなくては……≫

「あ、怪文書発見。ヴィラマイン、どうもこの生き物、嫌がらせで送ってきたみたいなの。どうしたらいいかな?」

 取りだした紙には、ご丁寧なことに、お前が持っていることをばらされたくなければ、選考会を下りろという脅迫文が書いてあったのだ。
 きっとヴィラマインの婚約者候補の一人だろう。

≪なんてことを……すみません、私のことに巻き込んだせいで。そうしましたら明日学校に≫

 ヴィラマインが話を終える前に、ぼんやりしていたトカゲが、突然叫び出した。

「母上!」
「え、何?」

 振り返った時には、トカゲが私に飛びかかってくるところだった。

「ひゃああっ!」

 トカゲは携帯にしがみつき、必死に訴えた。

「母上、母上ぇぇえ。この物体から母上の声がああああ」

≪え?≫

「ヴィラマインどういうこと?」

 重たいけど、トカゲがひっついたままの携帯を両手で持ち上げ、耳にあててヴィラマインに問いただす。

≪もしかすると、うちの領地にいた子竜が攫われてきたのかもしれません。卵からしばらくは城の中で育ててるから、まだ私が面倒をみていた頃に生まれたばかりの子かも……≫

「母上ぇえええ!」

 トカゲがうるさくて、ヴィラマインの声がはっきり聞こえない。

「とにかく、全速力でヴィラマインのとこ送るから。アンドリューが手配してくれてるから、もうちょっとしたらそっち届けられると思う」

≪お願いします、沙桐さん≫

「ぴぎゃあああっ!」

 携帯の通話をオフにしたら、竜の子供だというトカゲが泣き出した。
 ……困った。子供はどう泣き止ませたらいいんだろう。弟や妹がいないもんだから、扱い方がよくわからないんだよなぁ。
次の更新は明後日あたりになると思います。
cont_access.php?citi_cont_id=149022064&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ