挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
初恋の人に告白しようとしたら決闘することになりました 作者:和久井 透夏

両想い編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

34/34

33. 一生この人には敵わない

 その後、僕は一度体を拭いてから着替えた。

 結婚式はつつがなく進行し、とうとうブーケトスを行う頃合となる。
 広場の中を見回せば、リタの立っている側からリタに熱い視線を送ってきているあの人を見つけた。
 今、すごく立ち位置を交換してリタを隠したい。
 まあどうせそんなことをしても反対側に移動されるだけなので意味は無いが。

 それはともかく、『目的の女性』もその場に来ていたのを確認してリタに教えれば、リタもその人に気付いたらしく静かに頷いた。
 予定通り、リタは彼女の立っている位置を確認すると、後ろ向きにブーケを投げつつ無詠唱の浮遊魔法を駆使してブーケを人だかりから少し離れた辺りに立っている彼女の手元へと極めて自然に運んだ。

 次はガータートスだ。
 ガータートスとはいわばブーケトスの男性版で、花婿が花嫁の左足に付けていたガーターを投げ、それを手にした男性が次の花婿となると言われている。
 ちなみに右側のガーターは保存しておいて生まれてきた子供のヘアバンドにすると幸せになれるらしい。

 とはいえ、あの人がこの場に来ている以上、多分あの人もこのガーターを取ろうとするだろう。
 自らリタの次の夫になるなどとのたまわっているし、なにしろリタの脱ぎたてのガーターである。
 きっと狙ってくることだろう。だがそれで良い。

 そう考えながらもふとリタの方を見れば、なぜか近くにいたローザさんに椅子を持ってきてもらっている。
「リタ、その椅子で何をするんですか?」
「何って、ガータートスの準備だよ?」
 僕が何をやっているんだろうと尋ねれば、リタの方も何を言っているんだろうと首を傾げてくる。

「ガータートスって、リタが脱いだガーターを僕が後ろ向いて投げればいいんじゃないんですか?」
「脱がせるのはヨミだよ? あと、手は使っちゃダメだから」
「えっ」
 あまりにも平然と答えられて僕は固まる。

「手は使えないって、じゃあどうやって外せばいいんですか」
「もちろん口で。その後咥(くわ)えたガーターはそのまま投げるんだよ」
 ニッコリとリタが笑って用意された椅子の上に立ち、軽くドレスの裾を持ち上げる。

「ヨミー早くしろよー」
「羨ましいぞ~」
 なんて野次が目の前に集まってきた男性陣から飛ばされる。

 これは、結婚式では普通の事なのか?
 おそるおそるリタの方へ視線を戻せば、ドレスの裾をパタパタとさせながらニコニコしている。
 さっきまでリタはドレスの事でかなり恥ずかしそうにしていたが、公衆の面前で僕がドレスの中に潜り込んでガーターを取るというのは恥ずかしくないのだろうか。

 リタの恥ずかしさの基準が解らない。
 結婚式では皆やっているから恥ずかしくないとか、そういうことなのか……?

 意を決してリタのドレスの中に潜り込めば、それなりにドキドキしたが、とりあえず今はそんな雑念は振り払ってリタの左足のガーターを咥える、咥え……上手く咥えられなくて苦戦していると、リタがくすぐったいのか少し脚を動かす。
 そのおかげで余計に咥えにくい。

 ガーターを咥えようとすると、どうしても触れることになるリタの太ももは柔らかくてスベスベしていた。
 それから多少苦戦はしたものの、何とか足首の辺りまでガーターを口だけでずり下ろすことに成功すれば、リタがそれに合わせて靴を脱いでガーターから脚を抜いてくれた。

「よくできました」
なんて言いながら、リタは楽しそうに笑っている。

 このまま口に咥えたガーターを投げるらしい。
 目の前の男性陣を見れば、なぜかかなり盛り上がっている。
 まあ彼らの目的は、このガーターを使ったこの後のイベントなので仕方ない。
 何といっても今日ブーケを受け取った女性はとびきりの美人なのだから。

 僕は体を使ってガーターをなるべく人だかりの後ろにいるあの人の方へ投げようとしたのだが、ガーターは思ったより飛ばず、僕のすぐ目の前に立っていたアベルの下へと落ちていった。
 ああ、コレは失敗したな、と僕が思った次の瞬間、僕が投げたガーターは赤い何かに掻っ攫われてあの人の元へと飛んでいった。

 見ればあの人の手首からは赤い血が滴っており、ガーターにもその血が付いてしまっている。
 しかしすぐにその血は彼の手首の中へと戻り、彼の傷は塞がり、手の中のガーターに付いた染みも綺麗さっぱり消えていた。
 アベル達は何が起こったのか解らなかったらしく、あの人がリタのガーターを手に入れているところを見ても、急に風が吹いて飛ばされたのか?なんて見当違いな事を言って首を傾げていた。

 とりあえずアベルには冒険者になるのは諦めて、大人しく平和に暮らすことをすすめる。

 ガータートスの後には、ガータープレイスメントというイベントがある。
 コレは結婚式でブーケをキャッチした女性とガーターをキャッチした男性がカップルになれるか見極めるためのもので、女性の方が好意を持っていれば、男性が先程取ったガーターを女性の左脚の太ももまで上げることが出来るが、そうで無い場合は上げきる前に女性から止められるというものだ。

 それでもその結果に関わらず、見ず知らずの男女が関わりを持つきっかけにはなるので、美人がブーケトスでブーケを受け取った後のガータートスでの男性陣の盛り上がりは凄いものがあるとは聞いていたが、確かにその通りだった。
 ただ、今回ガーターを受け取った男性は全くこの後のイベントには興味無さそうではあるが。
 しかし、このまま逃亡させるなんてことはさせない。

 ちらりと司会の男性に目配せをすれば、男性は心得ているとばかりに頷いて、ガーターを手にした彼をここぞとばかりに祝福し、ブーケを手にした女性と引き合わせる。
 これをするために関係者には計画の段階で話を通してある。

 司会者に呼び寄せられたヴィクトリカさんは、長かった金色の髪をショートボブに切り揃え、前髪を作り、あの人好みの服装に身を包み、いつもとは違うたれ目気味のほんわかとした雰囲気の化粧を施していて、普段の彼女を知っていれば知っている程ぱっと見同一人物とは思えない。

 困ったように眉を下げて、そわそわした様子でブーケを両手で持っているヴィクトリカさんは実に可憐だ。
 実際、彼女がそわそわしているのは別の理由なのだが。



「ハァ!? そんなことできる訳無いじゃありませんの!」
と、最初にヴィクトリカさんへ計画を打ち明けた時は、随分反発されたものだ。

 リタは以前魔王様から貰ったプレゼントをヴィクトリカさんに託し、僕はあの人と謎の女性との劇的な出会いについての筋書きを説明した。
 そしてそれは真っ先に話した側から否定された。
 しかしその後の僕らの熱心な説得により、何とかヴィクトリカさんは首を縦に振ってくれた。

 とにかく、僕はまずヴィクトリカさんをいかにもあの人の好みの見た目に変身させることを考えた。
 もう既にあの人の中ではヴィクトリカさんのイメージは固まってしまっているので、一見別人にしか思えない形で劇的な出会いをした後、後日再会を果たした方がまだ可能性があるのではないかと考えたのだ。

 とりあえず今までのプレゼントの内容から、あの人の好む服装は大体把握できるので似たような雰囲気の服を用意する。
 顔も別人のように変えられたら良いのだがと僕が言うと、リタが実家の化粧が得意というメイドを紹介してくれた。
 リタみたいな雰囲気の顔が好きと言っていたのでできるだけ似せられないだろうか頼んでみると、注文通りの完全に別人の顔が出来上がって、ヴィクトリカさんとリタは凄いと感動していた。

 ……僕はちょっと女の人が恐くなった。

 髪型はいつもと違う物にするだけでいいだろうと思っていたが、その頃にはヴィクトリカさんもリタもノリノリになっていて、僕らの結婚式の前日、仕事が終わってすぐに髪をばっさりと切ることになった。
 こうして完全に見た目は別人、あの人の好みであろう女の人が出来上がった。

 ヴィクトリカさんには今まで散々お世話になっているので何とかして幸せになって欲しい。
 ……というのは建前で、本当は他の相手が出来ればあの人もリタの事を諦めるだろうというところが大きい。
 もちろんヴィクトリカさんには幸せになって欲しいとは思うが。



 司会者が言葉巧みに周囲の人達を盛り上げ、皆の視線は壇上に上げられたヴィクトリカさんとガーターを付けようとするあの人に集中する。
 自分が今ガーターを付けようとしているの自分の実によく見知った人であることに彼は気付いていないようで、
「ご夫人、失礼する」
等と言いながらヴィクトリカさんの脚にガーターを上げる。

 直後、彼の顔にカイザーナックルをはめたヴィクトリカさんの拳がめり込み、周囲は騒然となった。
 ガータープレイスメントは庶民の結婚式にも一般的に行われるイベントで、止めるにしても、手で軽く制したりするのが普通だ。
 だから断られるにしてもこんな美人と軽い触れ合うことができるならなんて、と一部の男達は甘い事を考えていたのだろうが、その軽いふれ合いがコレである。

 司会の人は流石な物で、何とかコレもシャイな女性の照れ隠しという方向にもって行こうとしているが、ご丁寧に指に武器まではめて思いっきり殴っている時点で突発的な行動とは言いにくい。
 その場にいた大部分の男は引いていたようだが、一人例外がいた。

「良くないな。実に良くない」
 殴られた彼はそう言いながら、カイザーナックルをはめたヴィクトリカさんの手を握る。

「殴り方が甘い! 嫌ならもっと致命傷を与える勢いで殴ったらいいだろう!」
 彼を知る人の期待を裏切らない彼の反応に、会場にいるほとんどの人達がドン引きした気配がした。

 そして目を輝かせながら、ヴィクトリカさんにさあさあもっと殴り給え、と言いながら迫る。
 勢いに飲まれたのか、ヴィクトリカさんも後ずさる。
 僕はこの後の事態に備えてリタと後ろの壁ギリギリまで下がる。

 後少しで壇上から落ちてしまうという所まで追い詰められたヴィクトリカさんは、
「い、いやぁーーー!!!!」
と頬を赤らめながら、文字通りあの人の頭を吹っ飛ばした。
 先程まで僕らがいた辺りまで血飛沫が飛び散り、やっぱり移動しておいて良かったと思った。

 その後ヴィクトリカさんは舞台の反対側まで駆けていくと口笛でグリフォンを呼んで飛び乗り、そのまま空へと消えて行ってしまった。
「やればできるじゃないか」
と体を復活させながら、満足気な声が聞こえた。

 結婚式はそれでお開きとなり、後の事はローザさん達に任せて僕らはそのままググに乗って帰った。



「つまりだ、今はまだまだだが今後の可能性は未知数のヴィクトリカ嬢と既にこれ以上無い理想的な形で完成されているリタさんのどちらが私の生涯の伴侶としてふさわしいかという話なんだが……」
「そもそも既に僕の生涯の伴侶となっている人を選択肢として同列に並べるのやめてくれませんか?」
 僕とリタが式を挙げて三ヵ月後、なぜか僕は現在魔王とたびたび二人でお茶や食事をする関係になっている。

 本当に訳がわからない。

 僕らの結婚式でヴィクトリカさんが魔王を殴った翌日、いつもの軍服に身を包んだ昨日と同じ髪型と化粧をしたヴィクトリカさんに昨日は失礼しましたと謝られた彼は随分と混乱したらしい。
 混乱しつつも何とかヴィクトリカさんと昨日自分を殴った謎の女性がヴィクトリカさんであることは解ったので、普段からもっと昨日のように振舞ったら良いと期待を込めて言ったのだが、そんなことは滅相も無いと拒否されてしまったそうだ。

 そこまではまだいい。

 それからどういう訳だか、彼は僕をノフツィに呼び出してその事を相談してきた。
 なぜ相談相手に僕が選ばれたのかは解らなかったが、とりあえずヴィクトリカさんのことが気になるならもうそのままヴィクトリカさんに乗り換えてしまえばいいだろうと提案すると、いや、まだそこまで気になる訳では等と言い出す。
 仕方ないので、その日僕はヴィクトリカさんへ、こんな内容の相談を魔王から受けたのでとりあえず以前渡したカイザーナックルを常時指に付けておきながら適当な頃合を見計らって殴り飛ばしてみてはどうか、という内容の手紙をしたため、ヴィクトリカさんの家に向かい、使用人にヴィクトリカさんが帰ってきたら渡してくれるように頼んだ。

 そして数日後、また僕は魔王から呼び出され、最近ヴィクトリカさんが常時カイザーナックルを付けてこちらを見てくるのだが、一向に殴られる気配がない。
 わざとふざけてみても、愛想笑いを返されるだけで、アレは焦らしているのだろうか。それとも彼女はアレをただの指輪か何かだと思っているのだろうか。
 という相談を受けた。

 すごくどうでもいい。

 とりあえず本人も期待しているみたいなので、そろそろ殴ってやってはどうかという手紙を書いたところ、
「そんなことできる訳無いじゃありませんの!」
と、直接ヴィクトリカさんが家に怒鳴り込みに来た。
 狩りや決闘以外で女が拳を上げるなんてはしたない、と言いながら握るその拳を魔王に向ければきっと幸せになれると思う。

 そんな日々を繰り返すうちにどういう訳か僕は定期的に魔王の相談というか、一方的な独り言に相槌を打たされる係にされていた。

「魔王様は僕以外に話を聞いてくれる相手がいないんですか?」
「いや、皆話せばどんな話しでも聞いてくれるが私の話を肯定しかしないのでつまらん。ヴィクトリカ嬢はそんなこともなかったが、流石に本人にこのことを話す訳にも行かないだろう」
 一回気になって尋ねてみれば、彼は肩をすくめてそう答えた。

「皆、意味がなくとも私が死ねといえば死ぬし、妻をよこせと言えば喜んで寄越して来る。そんなのはつまらん」
「そんなことさせたんですか」
 気だるそうな様子で言う魔王に僕は眉をひそめた。

「いや、死ぬのは私が例え話で言ったら本当に死のうとしただけだから途中で止めた。ある臣下の妻が、強すぎてわざと負けてもらうまで決闘で倒せなかった程強いと聞いて、それなら一度手合わせしたい物だと言ったら、何を勘違いしたのかその日の夜にその話に出てきた臣下の妻が私の寝台の上で頭を下げていたよ。だがそんな従順過ぎる女性はどんなに強くても全くタイプではないのでそのままお帰り頂いたがな」
 そのまま机に魔王は頬杖を付きながら、どいつもこいつもそこで切りかかってくるなり私の胸倉を掴むなりすればいいのだとため息を付いた。

 魔王の権力というのは絶大で、その気になればわざわざ罪に問わなくても家の取り潰しやその場での処刑も許される。
 ただし、魔族にとっては力こそが正義なので、その決定が不服な場合は徹底抗戦することも公に認められており、その場合最悪魔王が変わる事もある。
 だからこそ貴族達にとって力とは自分達の財産と権利を守る命綱であり、家を繁栄させる宝なのだ。

「すべての言動を無条件で肯定されているというのは、酷く孤独な気分になる。私は切り刻まれたり磨り潰されるのは一向にかまわないが、一人閉じ込められるのだけは嫌なのだ。世界に自分しかいないような感覚になるからな」
 ぼんやりと天井を眺めながら魔王は言葉を続ける。

「だからこそ私は君の暴言や暴力をそれなりに気に入っている」
 僕の方を真っ直ぐ見つめてニヤリと彼は笑う。
 酷く歪んでいると思う。
 だが、もしかしたらこの人はこの人なりに人との繋がりを求めているが、接し方が解らないのかもしれない。

 一応、魔王から見れば僕が恋敵なのだが、今まで散々失礼な態度を取っているにもかかわらず、僕やリタの立場が不利になるようなことも今のところ起こっていない。
 リタへのアプローチも、以前と同じようにプレゼントしょっちゅう贈ってきたり、たまにお茶会に呼ぶ程度であり、しかもそこに僕の同席も許している。

「だからといってリタは渡しませんよ」
 しかし、それとコレとは別である。

「ああ、それでいい。かといって私も諦める気は無いがな。ところで君のその反抗的な性格はやはりリタさんの教育の賜物なのだろうか……リタさんを諦める代わりに、将来娘を私の嫁にくれるというなら、それで手を打っても良い」
 楽しそうに魔王は頷くと、途中で良い事を考えたとばかりにまだできてもいない娘を嫁によこせと言ってきた。

「張り倒しますよ」
「張り倒せばいいだろう。なんなら、また頭を潰してもいいぞ」
 まあそれで諦めるかは別だがと上機嫌に魔王はぶどう酒をあおった。
 諦めなくてもリタも娘も渡さないので関係ありませんよと僕が返すと、魔王は楽しそうに笑った。

 僕はやっぱりこの人が嫌いだ。



 最近、アベルもやっと声変わりが始まって背もどんどん伸びてきた。
 やっと成長期が来たらしい。
 しかし、そのせいもあり事あるごとに僕に冒険者の仕事を一緒にやらないかと誘ってくるようになった。

「でもお前、今の生活ってリタさんに頼りっきりだろ? 夫婦は助け合うものなんだぜ。冒険者になって金もいっぱい稼ぐようになったら、リタさんにもっと良い生活させてあげられるんじゃないか? 生活には全く不自由して無いみたいだけど、それでもいつまでもリタさんに頼りっぱなしなんて男としてどうなんだ?」

 だけど僕はそんな明らかに魂胆が見えているアベルの誘い文句に少し考えてしまった。
 確かに僕の生活はリタに頼りっぱなしだ。しかも結婚してからは毎月結構な額のお小遣いまで渡される始末だ。
 そんなことをしばらく考えていたある日、とうとう僕はリタに冒険者になろうと思うと相談してみた。

 リタは何か欲しい物があるのかとかお小遣いが足りないのかとか聞いてきたが、僕は横に首を振った。
 コレでは結婚したのに未だに親子のようだ。

「僕はいつまでもリタに経済的に依存したくないんです。ちゃんと自分で稼いで、そのお金でもっとリタに楽な生活をして欲しいんです。結婚したからってわざわざ僕に毎月多めにお小遣いを渡すために生活を切り詰めないで欲しいんです」
「ヨミはもう稼いでるし、そのおかげで私達の生活レベルも少し上がってるよ?」
 しかし、リタは僕が言い終わると不思議そうな顔で首を傾げた。

 一体どういうことなのかと尋ねてみると、リタは普段自由に生活しているが、一応魔王軍の兵士であり、普段は自宅待機のような状態らしい。たまに近況報告をするために王都に呼ばれたりもするが、基本的に何も無ければ大体お茶を飲んで雑談して終わるらしい。
 しかし、それでも一応仕事をこなしていることになるらしく、毎月決まった日に一ヶ月分の給与が与えられる。

 何もなかった年の給与自体はそんなに高く無いらしいのだが、以前のように魔王城に人間が転移門を開いて攻めて来るような事は滅多になくとも、年に一、二回は国境付近で小競り合いが起こって危険な状態に陥ったり、やたら強い勇者達がこの国に入ってきて打倒魔王を宣言しながら王都へ向かっている場合等に狩り出されて事態の解決に当たったりもする。

 その場合の成功報酬は、随時普段の給与とは別に報奨金として与えられる。
 そしてコレが結構美味しい額をもらえるらしい。
 加えて、実家が侯爵家で領地を所有していることもあり、多少使いすぎたところで言えばいつでも実家からお小遣いがもらえる。
 そうやって今までの僕達の生活は成り立っていたらしい。

 更に僕はリタと魔王に結婚の報告をしに行った時に、リタの口約束とはいえ魔王に忠誠を誓ったことになっており、結婚した月から給料は二人分になり、加えて魔王から結構な額の祝い金が渡されていたらしい。
 なのでリタは二人分の給料から一月分の生活費を抜いた額の半分を僕にお小遣いとして渡してくれていたらしい。

 急に僕に定期的にそれなりの額をくれるようになったので、てっきり僕は密かにリタが別の支出を切り詰めてそのお金を捻出しているのではないかと思っていたのだが、別にそうでもないらしい。

 以前貰った報奨金も結構残っているし、魔王からの祝い金も手は付けてないので何か欲しい物があるなら言って欲しいと言われ、僕はなんとも言えない気分になった。
「その代わり何かあったらヨミにも召集がかかるようになるけど、ヨミなら大丈夫だよ。呼び出されたときは私も付いていって色々教えるし」
 随分気楽そうにリタは言った。

「まあでも、お金とか関係なくヨミがやってみたいっていうならやってみたら良いんじゃないかな。その場合私も付いてくけど」
「なんでリタが付いてくるんですか」
 やたらと自分も付いて来ようとするリタに、まだリタは僕の事を頼りなく思っているのだろうかとも感じた。

「だってヨミが怪我した時、すぐ回復できる人がいた方が良いでしょ? それに、そうしたらヨミが冒険に出かけちゃう間も一緒にいられるもの」
 リタはニッコリ笑った。

 このリタの一言で、不満や悩みが全部吹き飛んでしまう僕は、多分一生この人には敵わないんだろうなと思う。

「なんだかどうでも良くなってきたので冒険はもういいです。でも、仕事じゃなくてもリタと一緒にどこか行くのは楽しそうですね」
「じゃあどこか行く? 新婚旅行」
 僕がなんとなく呟けば、リタは面白そうだとばかりに食いついてきた。

 棚から地図を引っ張り出してきて、どこに行こうかと楽しそうに話すリタを見て、僕は今まで自分の中で何度そう考えたかわからない思いを呟いた。

「僕はリタと一緒にいられるのならなんだって良い」

 直後、机に広げた地図に向かいながら話していたリタの耳がほんのり赤くなったのに気付き、僕は自分の口元が勝手に緩むのを感じた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 309 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジですか。  というかよくよく考えれば、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全184部分)
  • 299 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 21:15
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 373 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
ドラゴンさんは友達が欲しい

アース・スターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてⅣ巻まで発売中! ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全151部分)
  • 324 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 20:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 306 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 332 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 292 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 282 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 22:19
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 409 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部分)
  • 278 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
転生してヤンデレ攻略対象キャラと主従関係になった結果

七歳にして初めて魔法を使ったセシル・オールディントンはその日、前世での記憶を取り戻した。華の女子高生だったにも関わらず交通事故で亡くなった元日本人の彼女は、どう//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全43部分)
  • 396 user
  • 最終掲載日:2015/03/12 23:55
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 358 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
傍観者の恋

契約に基づいた婚姻を結び、私は目の眩むほどの幸福と不幸を同時に手に入れた。 夫が愛しているのは、私ではない。私が彼を愛していることにも、気づかれてはならない。 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部分)
  • 278 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 07:56
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 310 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 23:53
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 280 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 474 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 286 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 303 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
勘違いなさらないでっ!

 男女の仲を破滅させ浮名を流し、兄と妹の結婚話の障害物として立ちはだかる悪女、シャナリーゼ・ミラ・ジロンド伯爵令嬢。すっかり気に入った悪女の役を、本当の自分をさ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全116部分)
  • 277 user
  • 最終掲載日:2017/11/03 00:28
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 287 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全111部分)
  • 363 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 297 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 325 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 304 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 366 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 314 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 432 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全242部分)
  • 283 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 288 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 357 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 383 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
↑ページトップへ