挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
初恋の人に告白しようとしたら決闘することになりました 作者:和久井 透夏

思春期編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/34

15. おかえりなさい

 リタが招集されて、一週間が経った。
 連絡は未だに無い。

「ローザさん、魔王城とか王都ってどこにあるんですか?」
「ユダル地方の、もっと北西の方ですわね」
 静まり返ったリビングで、テーブルを挟みながらローザさんと向かい合いながら僕は座っている。

「グレイシー家からなら、転移門ですぐなんじゃないですか?」
「行かせませんわよ?」
 今までこんな事はなかったのに、一週間も連絡がないなんて、リタに何かあったのではないだろうかという焦燥感が僕を支配する。

 もしこのままリタが帰ってこなかったら……。

「なら他の交通機関を乗り継いででも行きます」
「ダメに決まってるでしょう。そもそも私はお姉さまの帰りが遅くなった時にヨミ君がそんなことをしないように見張りを頼まれてるんです!」
 僕が立ち上がって部屋を出て行こうとすれば、一瞬で出口に結界が張られ、僕をリビングに閉じ込めた。

「こんなことしたって、ローザさんが帰った後に僕は出かけるので何の解決にもなりませんよ?」
「そうですね、今日から泊り込みになりそうですわ」
 ローザさんがため息をつきながら言った。
 暗に今すぐ結界を解くか王都に転移門で連れて行けと言ったのだが、それはあっさりと却下されてしまった。

 目の前に広がる結界の壁を見ながら、いつかのヴィクトリカさんのように無理矢理結界を壊すにはどれだけの力が必要なのだろうかと考えていると、玄関から聞き覚えのある声が聞こえた。

「ただいま~」

 リタだ。
 ローザさんのほうを振り向けば、ローザさんもすぐに笑顔になって結界を解除してくれた。
「リタ!」
 玄関へ駆けつければ、そこには多少服がボロボロになっているものの、元気そうないつものリタの姿があった。

 感極まって抱きつけば、リタは優しく僕の頭を撫でてくれた。
「ヨミに早く会いたくて、急いで仕事終わらせてきたよ~」
 そう言いながら今度はぐりぐりと僕の胸に頭を押し付けるリタがたまらなく愛おしかった。
「おかえりなさい、リタ」

「お姉さま!」
 ローザさんもリタのもとへ駆け寄ってくる。
「ローザもありがとう」
 リタが嬉しそうにローザさんに抱きつき、ローザさんもリタを嬉しそうに抱きしめ返した。

「それにしてもこの一週間、まともにお風呂に入れなくて私泣きそうだったの。早速お風呂入りたいんだけど、一緒に入る?」
 リタが僕とローザさんを見て笑う。
 もちろん僕は断り、ローザさんも遠慮しておくと笑った。

「お姉さまのお話もお聞ききしたいところですが、今日は疲れていらっしゃるようなので、明日また出直そうかと思いますわ」
 ローザさんはそう言って帰ってしまった。

 リタに昼食はもう食べたかと聞けば、まだだと言うので、僕はリタが入浴している間に昼食を作ることにした。
 今日はリタの好きな料理を作ろう。
 そんなことを考えながら台所の食材を漁った。


 テーブルの上にこれでもかと皿が並び、少し作りすぎてしまったかもしれないと僕が時計を見れば、リタが帰ってきてから既に二時間以上が経過していた。
 リタはいつも風呂は長い方だが、今日はいつも以上に長い気がする。
 まさか、疲れていたようだし、まさか風呂場で眠って溺れているのではと思った瞬間、一気に血の気が引いた。

「リタ! 大丈夫ですか!?」
 慌てて風呂場の戸を開ければ、そこには溺れてはいないものの、湯船でぐったりとしているリタの姿があった。
 急いでリタを抱えて湯船から出す。

 何度か肩を叩きながら呼びかければ、リタはぼんやりと気だるそうに目を開けた。
「ん……あれ、お風呂?」
 とりあえず意識が戻ったことに安堵しつつ、僕は依然ぼんやりした様子のリタの髪と身体を軽く拭いた後、リタの体にバスタオルを巻いた。
 数枚のバスタオルを持たせるとそのままリタを抱えてリタの部屋のベッドまで連れて行き、タオルを下に敷いてからリタを横にさせる。

 多分、リタはちょっとのぼせただけなのだろう。
 台所から水を汲んできてリタに手渡せば、ごくごくとその水を飲みながら
「あ~生き返った~」
と言ってまたベッドに横になってしまった。

 空になったグラスを受け取りながら、僕は今の状況にはっとする。
 体にタオル一枚しか身につけていないリタが、気だるげに上気した顔でうとうととしている。
 タオルは胸から股の辺りまでの長さしかなく、露になった白い手足が眩しかった。
 まずい。これはもしかしたら普通に裸を見るよりもドキドキするかもしれない。

「そ、それじゃあ僕はグラスを片付けてきますね。リタはそのままゆっくり休んでてください」
 できるだけ今のリタの格好を見ないようにしながら踵を返す。
 しかしそれは何かに服の裾を引っ張られる気配によって阻止された。
 振り返れば申し訳無さそうな顔のリタが僕の服の裾をつかんでいた。

「ごめんね、ヨミ、帰ってきていきなり迷惑ばかりかけちゃって」
 片手で胸元のタオルを抑えながら体を起こして上目遣いで話すリタに、目が釘付けになってしまう。
「め、迷惑なんて、思うわけないじゃないですか。……家族なんですから」
 こんな様子のリタの手を振り払って部屋を出て行く訳にも行かず、何とか平静を装いながら言葉を返す。

「ふふっ、ありがとうヨミ。さっきもヨミがいてくれなかったら私あのままだったら溺れるか脱水症状起こして大変なことになってたかも」
 リタが困ったように笑った。

「疲れてたんだから、しょうがないです。それに、リタの事は僕がずっと見てます。だから、大丈夫です」
「そっかあ、じゃあ安心だね」
 目のやり場に困りながらも答えれば、リタは嬉しそうに目を細める。
 正直、僕がリタを見ていることが大丈夫で安心かどうかは解らないが。

「……リタ、好きです」
「うん、私もヨミのこと大好き」
 それはほぼ無意識に呟いていた。
 リタはその呟きに間髪いれずに自分もだと答えてくれる。

 でもリタのこの好きは僕の思う好きではないこと位は僕にも解っていた。
 その場にしゃがみこんでベッドに腰掛けるリタの顔を見上げれば、窓から差し込むの日の光が背後からリタを照らして、まるで後光のようだった。
「リタ……」
「なあに?」
 僕が名前を呼べば、リタがその先を促すように返事をしてくれる。

 このまま、リタに僕のこの気持ちを伝えたらどうなるだろうか。
 僕にとってはもはや神聖な存在でもあるこの人に、どうやったら嫌われないで思いを伝えられるだろうか。
 タオルを抑えていないリタの右手に僕の左手を絡める。

「………………僕の方が、リタの事好きです」

 結局、僕が搾り出した言葉は、子供が母親に甘えているだけとも取れるような物だった。
 きっとリタはこれが僕の精一杯の愛の告白だなんて気付きもしないだろう。

「私も負けてないと思うけどな~」
 案の定いつもと変わらない調子で、僕の絡めた左手を握り返しながらリタが笑う。
「そんなこと無いです。僕の勝ちです」

 なんだか悔しくてベッドに腰掛けるリタの腰に抱きつけば、
「そっかあ、私は幸せ者だね」
という言葉が聞こえてきて、頭を撫でられた。

 今、この場でリタを押し倒したらどんな反応をするだろうか、なんて考える一方で、この人をそんな風に汚すなんて絶対に許さないと叫ぶ僕がいた。
 そんなグルグルとした葛藤を抱えながら、しばらくリタに頭を撫でられていると、僕を撫でるリタの手が止まった。
 恐る恐るリタの顔を覗き込めば、うとうとと眠たげな様子だった。
 考えてみれば一週間ろくに風呂にも入れ無い程緊迫した状態に置かれていたのだ。
 家に帰って緊張の糸が切れた今、リタはやっと安心して休めるのに。

 そんなリタに何を考えているんだと僕は自分が恥ずかしくなった。
 リタをそのままベッドに寝かせて風邪をひかないように上から布団をかける。
「食事は後でも出来ますから、今はゆっくり寝てください」
 小さな声で囁くように言えば、リタはもう寝付いてしまったらしく、特に反応はなかった。

「…………」
 リタの寝顔を見つめれば、陶器のように白い肌と瑞々しい唇に目を奪われた。
 収穫祭が終わった夜の頬の感触が蘇る。
 リタの唇が今にも僕の唇に触れそうな所まで近づいて、僕は動きを止めた。

 きっと今なら、リタにキス出来る。
 リタは僕が寝ている間にキスした事も気付かず、目が覚めたらまたいつものように笑ってくれるのだろう。

 だけど、そんなことしたって今までと何も変わらない。
 きっと後で余計に後ろめたくなるだけだ。
 僕は、リタの心が欲しい。もちろんリタの身体も非常に魅力的ではあるが、やっぱり起きている時のリタが僕の本当の気持ちを知った上で僕をを受け入れてくれることに意味があるのだと思う。
 そしてそれは眠っているリタに何かしたところで成し遂げられることではない。

 リタが目を覚ましたら、また薔薇を送ろう。
 そして今度こそ思いを伝えようと僕は心に誓って部屋を後にした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ