挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
初恋の人に告白しようとしたら決闘することになりました 作者:和久井 透夏

少年編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/34

10. 初めての贈り物

 僕達は魔法石を求めて山に入ったのだが、この山の魔物の強さに戸惑っていた。
 山に入ってすぐに狼の魔物に襲われたアベルは、何とか狼からの逃げようとして木の根につまずいて転び、それに気付いたアベルを起こそうとしたロニーが後から来た狼に左腕を噛み付かれた。
 ロニーに噛み付いた狼は、頭を殴ればすぐに口を離してその場へ倒れたものの、遠吠えで次々に呼び寄せられてくる狼達にすっかり囲まれてしまった時だった。

 その男の人は突然現れた。

「お節介だったら失礼。危なそうだったので、つい手を出してしまった」
 狼達を蹴散らしながら、さらりと言う。
 僕達は、しばしその男の人の無駄の無い動きに呆然としていた。



「ありがとうございます、助かりました」
 僕達は頭を下げて感謝の言葉を述べる。
 男の人は瞬く間に僕らを囲んでいた狼達を倒し、それを見た残った狼達はすぐに逃げて行った。

 一応、その場に倒れている狼達の体を調べてはみたが、魔法石らしき物は見つからなかった。
「魔法石というのはそう簡単に見つかる物では無いよ。でなければ特殊な力が備わっているとはいえ、小さな魔法石一つにあれほどの法外な値段はつかないよ。それより、怪我もしている子もいるようだし、私は先に進むが、君達はもう帰ったほうがいい」
 彼は僕達にそう忠告すると、そのまま山道を登ろうとした。

 しかし次の瞬間、彼は僕達の元へ駆け寄ってくる。
 それは、ロニーの次の言葉を聞いた直後だ。

「もうリタさんに迎えに来てもらうしかないのかなぁ……」

「つかぬ事を尋ねるが、君達はどこから来たんだい?」
「プーリャの、ノフツィという町からですけど……」
 急に戻ってきた男の人の行動を不思議に思ったが、ロニーが質問に答えれば、更に質問が帰ってきた。
「そのリタさんという人は、桃色の髪に赤い目の、魔法に秀でた美しい女性じゃないだろうか」
 ……どうやら、この人はリタさんのことを知っているらしかった。



 現在、僕達三人はカミルと名乗る先程の男の人と、高そうな店の個室で昼食を取っている。

「君達は、リタさんの知り合いだったんだね」
 ニコニコ笑いながら、男の人は僕達に話しかける。
 ちなみにロニーの怪我は、あの後すぐに山の出口付近にいた回復魔法が使える魔術師の人に直してもらった。
 治療費は全額カミルさんが出してくれた。

「あの……助けてくださってありがとうございました。僕はノフツィの肉屋のブラスの息子のアベルといいます。ところで、カミルさんって何者なんですか?」
 一番年長のアベルが口を開く。

「通りすがりのリタさんをお慕いしている者さ」
 カミルさんは、胸を張って自己紹介になっていない自己紹介をする。
「他の二人はなんという名前なんだい?ああ、食べたい物は何でも注文するといい。ここは私がご馳走しよう」
「ありがとうございます。いただきます、ノフツィの定食屋のメアリーの息子のロニーです」
 嬉しそうにロニーも自己紹介をする。
「僕は『糧無(かてなし)山』のリタの家族のヨミです」

 男の人の目がギラリと光った。

 僕は、何かドジを踏んだのかと少しあせる。
「そうか。君がヨミ君なんだね。ヴィクトリカから話は聞いているよ」
 カミルさんは爽やかな笑顔を浮かべて、僕に話しかける。

 ヴィクトリカさんから僕のことを聞いている?

 つまり、リタさんだけでなく、ヴィクトリカさんとも交友ある人物?
 ……ここで浮かんだ推測に、僕はまさかと思った。
 しかしよく見れば、靴も服も動きやすそうなものではあるが山に入る格好とは思えない程上等な手入れの行き届いた物を身につけている。
 強いし、お金も持っているようなので貴族ではあるのだろうが……。

 この人、魔王様じゃないのか。

 いや流石に一国の王がこんな所にいるものかとも思いつつ、遠まわしに探りを入れてみることにした。
「先日は、僕の為にお守り用の石をありがとうございました」
 これならアベルやロニーには解らなくても、もしこの人が魔王様なら何のことか解るはずだ。

「ほう、ヨミ君は私が誰なのかすぐにわかったのか」
 カミルさんが少し驚いた様子で言う。
 本当に魔王様だった。そう思った瞬間、僕は一気に緊張してきた。

「は、はい」
「そうかそうか、でも誰にも言っちゃいけないよ」
 唇に人差し指を立てて、魔王様は何故か上機嫌になった。

 いろいろな食べ物や飲み物を、これでもかというくらい僕達に勧めてくる。
「子供はもっとたくさん食べないとだめだ」
と、言いながら。
 アベルとロニーはおいしそうにテーブルに並べられた料理に舌鼓を打っている。
 魔王様は、ぶどう酒を飲みながらチーズをつまんでいた。

「時にヨミ君。最近のリタさんはどんな様子だい?」
 突然、魔王様はリタさんのことを訊いてきた。

「実は以前、私もリタさんに結婚を申し込んでボロボロに負けたことがあるのだ」
 すると聞いてもいないのに過去にリタさんにボロ負けした事を話し出した。
 一応ローザさんからそんな話は聞いてはいるが、これは一国の主たる魔王様がそんな簡単に話していいものなのだろうか。

「何、おじさんもリタさんに結婚を申し込んだことがあるの?」
 アベルが楽しそうに尋ねる。
「何年前になるかな……。私は自分の強さに酔っていた時期があったのだよ」
 魔王様が静かに話し出す。

 これは、全部話させて大丈夫な話なのか?細かい事は伏せたとしても話の内容からリタさんや魔王様の素性が特定されたりしないだろうか。
 かといって僕が話を遮るのも不自然だ。
 僕は魔王様のグラスにぶどう酒を注ごうとする。
 こうなったらお酒を沢山飲ませて、こないだのリタさんみたいに眠ってもらった方が間違いない。
 万が一にもこの国で一番強いはずの魔王様が勝負に負けた話は、公にはされていないようだし、リタさんと魔王様の身内以外に聞かれるのはまずいはずだ。

「お、お代わりはいかがですか」
「ヨミ君は気が利くなぁ」
 魔王様は嬉しそうに僕が注いだぶどう酒を口にする。

「昔の私は、自分の言うことを聞かない者は、誰かれ構わず力ずくでねじ伏せて、最終的には自ら進んで言うことを聞きにくるようになるよう仕向けていたものだ」
 どこか遠い目をしながら魔王様が語りだす。
 今、さらっと恐ろしい事を聞いた気がする。

「しかし、彼女と出会って私は新しい価値観を知ったのだよ」
 少なくなったぶどう酒を一気にあおると、魔王様の瞳が輝いた。
 すかさずお変わりを注ぎつつ、ぶどう酒をもう一本注文する。

「リタさんに敗北した時、私は生まれて初めて胸がときめいた。更にその後、それまでの私のプライドを土足で踏みにじるが如く手酷くふられ、えもいわれぬ快感を憶えたのだ」
 え……今この人なんて言ったの。
 言葉の意味が解らない。でも魔王様は恍惚とした表情で語っているので、少なくともリタさんに対して恨みを持っている訳では無さそうだが。

「自分の思い通りになることが全てじゃない」
 静かに首を振りながら魔王様は言う。
 なんだかよく解らないが、顔が引きつっているアベルとロニーを見て、僕はこれ以上魔王様に話させてはいけないと直感的に思った。
 しかし、魔王様は雄弁だった。

「リタさんが手酷く私をふってくれたおかげで私は真の喜びを知り、同時に初めて私は家のためでも家族のためでもない私自身のための夢を持った」
 尚も嬉しそうに魔王様は続ける。

「誰よりも無垢で純粋で残酷なリタさんを私の理想の飼い主に調教したい」
 うっとりとした様子で魔王様が囁くように言う。

 調教ってなんだ?
 僕は首をかしげたが、アベルとロニーが固まっている。
「まあ君達はまだ子供だから、この崇高な喜びは解らないだろうな」


 す う こ う な よ ろ こ び


 意味は解らないが、なんか危険な雰囲気がする言葉だ。
 その後も魔王様の理解不能な言動は続いた。

「私の思いは伝わらないが、むしろ伝わらない方が喜びがふつふつと沸きあがってくるのだ」
 緩みきった顔で魔王様は言う。

「リタさんに勝てないといつまで経っても結婚できないが、この際事実婚でも良いと思っている」
 突然、真面目なキリッとした顔になったかと思うとそんなことを言い出す。

「だがそうは言っても、勝てる見込みが無い訳じゃない。死闘に持ち込んで、負け判定の基準を下げればまだ勝機はある」
 そして不敵な笑みを浮かべる。

「一度倒した相手に負けて屈辱に歪む彼女の顔はきっと扇情的なのだろうな。そしてその後、怒りを浮かべた彼女の数十倍返しの報復を、この全身全霊をもって受け止めるのだ……!!」
 自分の体を抱きしめながら嬉しそうに震えていた。

「なんならヨミ君は私のことを『お父さん』と呼んでくれてもいいんだよ。リタさんの連れ子なら、私も自分の子供として迎える用意はある」
 かと思えば、ニッコリと人のいい笑顔を向けてそんなことを言ってくる。

 さっきから十本近くぶどう酒を飲んでいるのに顔色は全く変わらないし滑舌もはっきりしている。
 しかし目は据わってどこを見ているのか解らない。
 もしかして、顔に出ないだけで、この人は今、物凄く酔っ払っているのかもしれない。
 潰れる気配は全く無いが。

「しかしもし彼女と結婚した場合、私は彼女を何と呼んだらいいだろう。リタか、それともエッタか……」
「エッタ?」
 魔王様がうっかりリタさんの本名の愛称をこぼしてアベルがそれを聞き返した時、僕は静かに席を立つと魔王様の後ろに回りこみ、そのまま腕で首を締め上げた。

 もう、この人は一旦強制的に黙らせた方がいいと思う。

 このままではリタさんや魔王様の知られてはいけないような情報が駄々漏れになりそうだ。
 それになにより、なんか腹が立った。
 何に対してなのかは解らないが。

 当の魔王様もお酒も入り、子供相手だったせいか、すっかり油断していたようだ。
 リックさん直伝の絞め技は案外あっさりと入り、魔王様は最初何が起こったのか解らない様子でもがいていたが、最終的には僕の腕に魔王様の手形がくっきり付くまで掴まれた程度で済んだ。
「ヨミ!お前いきなり何やってんだよ!?」
 慌てた様子のアベルの声で我に帰る。

 そういえばこの人がいないと昼食代が払えない。お金は持っているだろうからこのまま魔王様をここに置いていけば問題は無いだろうが、問題は帰りの足だ。
 さっき上機嫌な様子でノフツィまで送ってもらえると言ってくれていたのに惜しい事をした。
 うろたえるアベルとロニーををよそに、どうした物かと思っていると、ふと今朝リタさんから渡された布袋のことを思い出した。

 いざという時がどういう時なのかは解らないが、もしかしたら何か役に立つ物が入っているかもしれない。
 そんな期待を胸に鞄から布袋を取り出して中身を見てみる。
 折り畳まれた紙と袋一杯の金貨が入っていた。
 紙には『一杯楽しんでおいで。ただし、ちゃんと帰りの交通費は残しておくこと』と書かれていた。

 金貨一枚で銀貨十枚分。銀貨一枚で銅貨二十枚分。
 ドラゴンの定期便の運賃が一人銀貨一枚。一番高かった常夜山への入山料が銅貨十五枚だ。
 子供へのお小遣いの額としては少し多すぎるのではないだろうか。

 ちなみに伝票で確認してみたところ、ここでの食事代は金貨六枚相当だった。流石高級店、値段も違う。
 しかしリタさんからのお小遣いのおかげでそれを払っても全然余裕がある。
 秘密を漏らさないためとはいえ、危ない所を救ってくれた恩人を絞め落としてしまったことも申し訳なく思うので、僕はテーブルの上に金貨を六枚置いてから店を出た。

「あんな強い人を酒飲んで油断してたとはいえ、絞め落とすってすごいなお前」
 店を出た時、アベルが呆れ気味に言った。

 ドラゴンの定期便に乗って帰る前に僕はロニーを治療してくれた魔術師のところ行き、腕の魔王様の手形を消してもらった。
 今は服で隠れているからいいが、どうせ風呂に入ればリタさんにバレてしまうので、家に帰る前には消しておきたかった。
 怪我と言う程の物ではないが、下手な言い訳をしてリタさんを心配させるのは嫌だった。



「まあヨミの気持ちも解らないでもない。自分の親をそういう目で見てる男が擦り寄ってくるとなんか腹立たつし」
 アベルとロニーは僕が魔王様を絞め落とした直後はうろたえてはいたが、その後は割と僕に対して同情的だった。

「ロニーのところは母ちゃん一人だけだもんな。まあ、それを抜いても普段世話になってる知り合いの女の人があんな風に思われてるのかと思うとあんまりいい気分はしないよな」
 帰りのドラゴンの籠の中で、アベルとロニーが不満気に話す。
 二人共僕に同調してくれているような感じだが、僕は二人の言わんとしていることが今一解らなかった。

「あんな風って、何?」
 僕が尋ねればアベルが呆れたように
「なんだよ、解らないで怒ってたのかよ」
と言い、ロニーがそれをそれをフォローするように僕の肩に手を置いた。
「まあでも、なんとなくは解ったから絞め落としたんでしょ。」

 その後、僕はアベルとロニーに魔王様との会話で解らなかった箇所を説明してもらった。
 魔王様の特殊性癖について。
 被虐趣味というらしい。
 簡単に言うと他者から受ける肉体的・精神的屈辱を不本意ながら楽しんでしまうというものだそうで、特に魔王様のリタさんに対するそれは性的な色をより強く感じられたとも言っていた。

「そんな変態的な趣味の奴が身内にご執心とか嫌過ぎるだろ」
「でも、一応窮地を救ってくれた恩人でもあるし、お陰で美味しい料理も食べられたからあんまり悪くは言えないけどさ」
 アベルとロニーが口々に言う。確かに、それは嫌かもしれない。

 でもそれ以上に僕が嫌だったのは、あの人がまるでもうリタさんは自分の物であるかのような物言いをしだしたからだ。
 まあ一応魔王様なら、現状この国の誰よりもリタさんを倒して結婚できる可能性は高いのだろうし、最初僕達を助けてくれた時は僕がリタさんの身内だとは知らない状態だったのに助けてくれたわけで、悪い人では無いのかもしれないが………………リタさんがあの人に取られるかもしれないと思うとなんかむかつく。

 とりあえずリタさんが変な趣味を押し付けられるのは阻止したい。



 町に戻って、メアリーさんの店に行けば、いつもと変わらぬ様子でリタさんがメアリーさんや店の常連の人達と和気藹々と楽しそうに話していた。
 僕に気付いてお帰りと微笑んでくれるリタさんに、自然と口元が緩んだ。

 その後リタさんと家に帰った僕は、今日あった出来事を沢山話した。
 生まれて初めてドラゴンに運ばれて空を飛んだこと、ビウラの町はどこを見ても人で溢れかえっていたこと、料理はとても美味しかったが、ノフツィの料理も負けていないと思ったこと、洞窟で宝石を取ったこと。
 そして洞窟の話をした所で、鞄にしまっていた、リタさんの瞳とそっくりの赤い石を出す。

「リタに似合いそうだなって思ったから、これ、お土産です」
 内心かなり緊張しながらリタに差し出すが、反応が恐くて顔が上げられない。
 考えてみたら、リタさんは貴族のご令嬢で小さい頃から宝石も魔法石も見慣れているはずだ。
 こんな三人で取った分全部合わせて銅貨五枚にも満たない買い取り価格しかつかなかった原石など、リタさんからしたらただの石ころかもしれない。
 今更になってそのことに思い至り、僕は後悔した。

 しかもいつまで待ってもリタさんからの反応がない。
 もしかして僕のお土産があんまりにもお粗末すぎて呆れて言葉も出ないのかも知れない。
 恐る恐る顔を上げてみれば、そこには両手で口元を押さえながら目にうっすら涙をためているリタさんがいた。
 まさか、泣く程嫌だったのかと一気に血の気が引いた。

「これ、私に?貰っていいの?嬉しい」
 だけど、僕の予想に反してリタさんからの言葉は好意的なだった。
「ふふっ、すごくきれいな色。似合う?」
 僕から石を受け取った後、それを胸元に持ってきてリタさんが笑う。

「はい、とっても!」
 どうやら喜んでくれたらしいとやっと僕も解り、なんともいえない嬉しさと達成感が胸の奥から湧き上がった。
「何にしようかな、ネックレスも良いけど、ブローチも良いかな」
 子供のようにはしゃぐリタさんに僕まで楽しくなった。



 結局、ブローチにされたその石は、ここの所毎日リタさんの胸元に光っている。

 そしてリタさんがすっかり気に入ったらしいそれを見るたびに僕は嬉しくなる。
 だけど、ローザさんやヴィクトリカさんが遊びに来た時やメアリーさんのお店に行った時等、知り合いに会うたびに自慢するようにブローチの事を話すのは、恥ずかしいのでやめて欲しい。
少年編は今日で終わりです。
週末から、青年編を更新する予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ