挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

光彩

作者:八重乃 葎
 大手呉服店の図案家の辰巳は、店の主人の娘である我儘少女、彩花の晴着製作に携わることになった。
 が、彼は昔の別れに縛られ、絵が描けなくなっていた。

 絵を描けなくなった図案家の青年が、過去と向き合う話。

*web百人一首アンソロジー企画「さくやこのはな」の参加作品です。
 http://sakuyakonohana.nomaki.jp
 【担当歌】
 69番
 嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり
1 ー図案ー 
2017/04/02 00:18
2 ー辰巳ー
2017/04/02 00:49
3 ー傷跡ー
2017/04/02 18:33
4 -花澄-
2017/04/02 18:52
5 -彩花-
2017/04/02 19:00
6 -光彩-
2017/04/02 22:16
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ