挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
聖愛と俗愛について 作者:庚 真守

ヴァチカンの獅子

7/7

狡猾なケーキ。

おめでとう(フロニャ・ポラ)!」
 突然、わたしたちの周囲から拍手と歓声が上がる。
 さすがにレオーネも、唇をはなす。
 二人の間に銀色の糸がつながり、わたしは恥ずかしさで頭が爆発しそうになった。
 長い髪を派手な色に染めた青年もいれば、くたびれたスーツにきちんとネクタイを締めたおじさん(ミサの帰りなのだろうか?)までが、わたしたちの周りに集まってどよめいている。

「な、何ごと……」
 ギリシャ語が分からないわたしは、レオーネに聞くより仕方がないのだが、そのレオーネは人々の激励をうけているらしい。
 片言の日本語も聞こえる。バンバンと肩を叩かれたり、握手をされたり。
 わたしといえば、見知らぬ若い女性からの熱い抱擁に息がつまりそうになる。
 何が起こっているの?
 店のウエイターがばちんと音のしそうなウインクをして、テーブルの上にケーキを置いていく。
 ケーキと言ってもギリシャでは、デニッシュなど甘いパンもケーキと呼ばれるので、これはトゥルタというのだろうか。
 ご丁寧に生クリームとアイスクリームまで添えられている。
 頼んだ覚えはないのだが……

 ひとしきり人々の祝い(?)の言葉をかけられたレオーネは、うんざりしたように席に座る。
「誕生日おめでとうと言ってる。……日本語学校の生徒らしい」
「は?」
「日本人の彼女とうまくやれだと」
「あの人たち、レオーネのお知り合い……」
 レオーネは黙って首を振った。
 そうだろう……とは思うが、わたしは釈然としないまま正面の席に戻ろうとするのを、腕を引っ張られる。
 何?
 びっくりしたけど、レオーネはそのままわたしを自分の横に座らせる。
「ギリシャ人はこうやって、隣あって座るのが常識なんだよ」
「ええっ!」
「そうやって、サクラは恥ずかしがるから今までは、きみに合わせていたんだけど、郷に入っては郷に従えだろ?」
 そう言いながら、レオーネはわたしが逃げられないようにしっかりと、腰を抱いている。
「や……です」
 恥ずかしくって、もう顔から火が噴いているみたい。頭に血が昇って、くらくらしてしまう。
 ああ、神さま。

「嘘だと思うなら、回りを見てごらん。皆、隣り合って座るだろう」
 そう言われてみれば、男女の関係なく4人掛けのテーブルに座る二人組みは隣同士に座っていた。
 肩が触れそうな距離感がギリシャでは、当たり前なのだろう。
 この近辺は外国人が少ないから、わたしたちのような二人連れは珍しかったのだろう。妙に注目されていると思ったら、そういうことか。別にわたしたちがつり合いの取れない二人づれだとそんなふうに思われていたわけじゃないみたい……。
「きみは一人でタクシーに乗ることはないだろうから知らないと思うけど、こちらでは助手席に乗るのが普通だしね」
「でも、でも……」
 何を言っていいのか判らないまま、あせって無意味に両手を動かしているうちに、テーブルにぶつけた。
 どんと鎮座していた甘そうなケーキに、指先が触れてしまう。
 我ながら、なんてドジなの……。

「ご、ごめんなさい……わたし。せっかくレオーネさんが、いただいたものを」
「これは俺じゃなくて、サクラにもらったものだよ」
「え……どうして」
 ケーキには、蜂蜜がかけてあったらしく、てらてらと光っている。指にも蜂蜜がべったりとついてしまった。
 いくら甘党のわたしでもギリシャ人の味覚の凄まじさにはついていけないものがあるのだ。
「ヨルティは祝ってもらう方がふるまうんだ」
「でも、ヨルティ……って、ギリシャ人特有の……」
「“どのヨルティにも属さない名前を持つ人のヨルティ”という日もあるのさ」
 それじゃ、外国人はみんなそうなるんじゃないの? 納得できない……。

「本当に一人で食べるの?」
「当然だろう。言っておくが持って帰るっていう選択はないからな」
「なんで?」
「当たり前だろう。皆、きみのことを気にしてくれているんだから」
 気にしてるって……。どういうこと?
 周囲を見渡すと、さっきわたしたちの周囲に集まって拍手をしていた人たちが、こっちを見ている。眼が合うと皆にっこり笑ってくれるけど……。
「そんなの無理です」
 情けないほど、わたしは泣き声になっていた。
 この咽喉を焼くほど、甘いケーキを一人で完食できる自信はない。
「俺が甘いものが苦手なのは知っているだろう」
「お願い!!!」
 救いを求めるような気持ちで、レオーネの顔を覗き込む。
 二つの眸は胸に沁みるほど綺麗だった。
 こんな無精ひげなのに、見惚れてしまう。
 野生のライオンみたい。



「サクラがそう言うなら」
 いきなりレオーネは、わたしの手を取った。さっきケーキに触ってしまった指先を捕まえると、そのまま口に含む。
 彼が何をしているのが、すぐには判らなかった。
 生温かい感触。
 湿った舌が指の腹を撫でてゆく。
 手をひっこめれば、それで済むことなのに動けない。
 後ろの席で、長髪の青年が口笛を吹く。

 ――嘘。嘘。嘘。嘘……!!!

 頭の中はぐるぐると同じ言葉が回っている。
 いっそのこと昔のギャグ漫画みたいに、泡を吹いて倒れてしまったほうがまだマシだ。
 どうすることもできなくて、わたしは身体をこわばらせる。
 ちゅっと音をたてて、彼の唇から指が離れた。
 全身の血の流れが頭のてっぺんまで昇ってしまう。
 それでも彼は、わたしの手を離さない。

「どうせ、甘いなら俺はきみのほうがいい」
 そう言いながら、レオーネは抱き寄せた手にいっそう力を込める。
 慌ててわたしは、その手を払いのけ、レオーネから顔を背けた。心臓が口から出そうなほど、バクバクと音を立てている。
 また、そうやって、からかっているのだ。
 優しい人なのに、とても大人なのに、たまにとんでもない悪ふざけをすることがある。
 だからといってわたしは、彼を本気で拒絶したりはできないし受け入れることもできない。
 それなら、どうしたらいいの。
 もう、わたしには判らない。判らなかった。
 だって、こんな短い間に、わたしに色んなことを教えてくれたのは、レオーネだったのに。
 誰も、そう……父も教区の司祭さまや、尼僧院の院長先生でさえも教えてくれなかったことを、レオーネは教えてくれたけど。
 こんなときどうしたらいいのかなんて。
 もしかしたら、神さまだってご存じないのかもしれない。

 わたしは深く息を吸い込んだ。
 とりあえずは、目の前の現実に挑むしかない。
 孤立無援の状況は、どうしようもないことだ。今に始まったことじゃない。
 どんな困難だって人は乗り越えることができるはず。
 たとえば、このケーキのことだって。

「いいです。別に無理して、全部食べなくてもいいんだから」
 そう言いながら、わたしはケーキにフォークを突き立てた。心の中で冷静になれと自分を叱咤する。
「おひとよしのサクラが、それを途中で残して席を立てるものならばな」
 レオーネの言葉に振り返ると、周囲の客たちはみな、こちらをニコニコしながら見ている。
 なんてフレンドリーな国民性なんだろうか。
 陽気で人懐つこくて……他人のことが気になってしょうがない。世話好きで……ちょっぴり、おせっかいだったりして。
 議論が大好きで、古い文化を大切にする人々。
 そんな彼らの優しさを無碍にできるわけない。
 まして食べ物を粗末に扱うなんてこと、絶対にしちゃいけないんだけど。

 まるでこちらの考えを見透かすように、レオーネは艶やかに微笑んだ。
 確かにその顔は、獣に似ている。
 若く、精力的で逞しい。敏捷でしなやかな美しさを持ち、そして狡猾だ。
 爪と牙が、ちらりと見えたような気がした。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
破壊の王子と平凡な私

異世界トリップした私と親友のレイちゃん。ヘボン村で仲良くスローライフを楽しんで三年。この生活もそう悪くないと思っていたある日突然、この国の王子の婚約者を探してい//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/03/20 23:08
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全108部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 00:00
異世界で地味な女が見合いした

『お見合いをすることになった、競争率激高な騎士様と』 異世界生活8年目、薔薇の品種改良にいそしみ地味に地道に生きてきた主人公リッカ。そんな渋めの女と、クールに見//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全28部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2013/03/10 22:49
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全60部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/15 07:00
白と黒の

長い間争ってきた二つの国が終戦協定を結ぶことになった。条件は、白の国の姫を黒の国へ嫁がせること。しかし、黒の王は白の姫など敵としか思えない。姫を粗末に扱う王は、//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全41部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/08/20 23:58
目指す地位は縁の下。

異世界に飛ばされた女子高生、相馬沙羅は、彼女そっくりな貴族の令嬢の身代わりとして後宮入りする事に。 彼女の目下の悩み事は、後宮から逃げる事でも、後宮の一番になる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全119部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/03/22 00:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全24部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/10 08:11
書物に嫁入り

妃を次々追い出した皇帝陛下の5人目の妃は妃の座に全く興味なし。 書庫を目当てに嫁に来た姫と生真面目皇帝のなんちゃって中華風後宮恋愛物語。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全8部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/08/01 00:27
Lord of My Heart

オリヴィア・リッチモンドは都会育ちのお嬢さま。二人の出来すぎた兄と、絶世の美女の姉のすみっこで何不自由なく生きてきた19歳。しかし20歳を目前にして、いまだ夢見//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2013/09/02 21:18
かつての令嬢は嘘をつく。

かつて五大貴族の長女として王族家と交流があった令嬢ユリアは、ある事件をきっかけに平民へと成り下がり、本屋で働く娘ミアとして新たな人生を歩んでいた。しかしある日、//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全5部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/06/11 00:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
性分ではありません

華やかな舞踏会で婚約者に別れを切り出された侯爵令嬢のルディアは小さく身体を震わせていた。 その姿は周囲からは気丈に振舞っているようにようにも見えるだが、彼女は必//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全53部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/09/19 22:15
男爵令嬢と王子の奮闘記

前世で身分違いの結婚をした記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。あんな苦労はごめんだと思っていたのに、ある日、女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだす。「お前と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 05:38
無職独身アラフォー女子の異世界奮闘記

 35歳アラフォーになりました。気が付いたら異世界でした。独身無職負け犬アラフォー女を召喚して、何の得がありますか?え?召喚じゃない?単に紛れ込んじゃっただけ?//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全291部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 13:40
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
セティス家にようこそ

初めて招かれた高位貴族のパーティーで壁の花になっていると、頭上からワインが降ってきた。しかも、意図的にやったと言う。相手は侯爵様。話を聞けば、本当はドレスの裾に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全31部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/09/24 01:17
木陰のメリー

剣と魔法の世界、エルファーレン。そんなファンタジー世界に転生したメリアナ・ラニード、通称メリー。言語習得にやたらと時間を掛け、転生チートなんてものも無い彼女は現//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全20部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2014/12/31 23:10
公爵令嬢リズベット

 リズベット公爵令嬢は婚約者である第三王子から婚約破棄を告げられ、その心を奪い去ったファティアナ伯爵令嬢に護身用に持っていた小剣で襲いかかった……はずが転んで目//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/03/21 07:00
量産型聖女

ナツが知らない世界へ聖女として呼ばれてから、一年が過ぎた。しかしある日、新しい聖女が召喚されて見事お役御免に。ならば元の世界に戻ろうと奮闘するが、ナツの護衛であ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全59部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/10/14 19:52
捨てられた側妃

後宮に迎えられたはずが、国王に会わぬまま追い払われた姫。年月を経て孤独に暮らす彼女を偶然見つけたのは、その国王だった。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全22部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/11/07 16:21
撃ち抜いたのは

蜂蜜色の髪とミントみたいな翠の瞳の軍人と、平凡なちまい娘の物語。 悪い大人の男のイケメン無自覚らぶアタックに翻弄される初心な純朴乙女のときめき無意識らぶアタック//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全23部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2012/12/04 22:06
騎士はワルツを踊らない

どうして私じゃダメなの? 妹に心奪われた婚約者はまたアリシアに背を向けてしまった。悲嘆に暮れる彼女に次期聖騎士との結婚話が舞い込んでくる。王族を守る雲の上の存在//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全21部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/10/17 20:00
王宮の至宝と人質な私

持ち家すら無い超貧乏貴族の娘、セーラはツイていなかった。一家が都落ちの最中に拾って弟にした美少年は只の捨て子ではなかった。ある日突然王宮からやってきた騎士団に弟//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全72部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2013/04/07 10:49
騎士団長と拾われ姫の攻防

日本に住む、大学に入学してまもない19歳のミカは、ある日突然、地面に吸いこまれるようにして、見知らぬ異世界フレア王国に来てしまう。 空から落下してきたミカを受け//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全62部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/09 01:05
外柔内剛正妃の華麗なる勘違いな日常

今の今まで国交皆無と言っていいほどの大国からまさかの正妃求婚!…でも待ってこの縁談なんかおかしくない?ま、いいわ。民族も慣習も全然違うけど持ち前のガッツで頑張っ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全8部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/02 01:25
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
公爵と王女

「褒美を取らせる―――王女を妻に迎えよ」  王のその一言で滅んだ国の王女を妻に迎えることになった公爵の話。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全12部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/06/30 00:07
婚約破棄からはじまる恋

16歳を迎えた侯爵令嬢シェイラは、ある夜、父親が国王暗殺計画に関わっていることを知ってしまう。一ヶ月後、恋焦がれていた公爵家嫡男レオンハルトとの婚姻を控えている//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全37部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 09:00
私は敵になりません!

※主婦と生活社PASH!ブックス様より書籍化!5巻目発売中です! キアラは伯爵家の養女。王妃の女官にされる予定で引き取られたが、そのために二回り年上の人と結婚す//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全268部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/04/19 22:00
観賞対象から告白されました。

貴族の令嬢に転生した面食いの主人公。今後の生活のために結婚相手を探しつつも、日々イケメン観賞にいそしんでいた。当然、ベスト・オブ・ザ平凡な自分が彼らとどうこうな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全148部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 00:00
萌え絵師への道

 売れない少女漫画家のあたしが、なぜか萌え絵師を目指すことになりました。それもこれも、本業は格調高い純文学の大作家先生が気まぐれにライトノベルをお書きあそばされ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全59部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2011/06/10 16:10
魔術学院の恋愛事情

とある魔術学院に通う平凡な私に、突然ふってわいた非凡な彼との関係。「俺の子供を産んでくれ」って何ですか!? 名門の家柄にも無駄に美形な顔にも興味ありません。頼む//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全74部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 00:47
虫かぶり姫

 麗しの王子、クリストファー殿下の婚約者として過ごしてきた侯爵令嬢、エリアーナ・ベルンシュタイン。本好きが高じて彼女につけられたあだ名は、本の虫ならぬ「虫かぶり//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全36部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 04:39
ご主人様のお目覚め係

バゼーヌ公爵邸にある離れには、公爵家の三男で魔法技師のシリル=ラムゼン=バゼーヌが住んでいる。 侍女ジゼルの仕事は、この寝ぼけ癖のあるご主人様の、目覚めの見張り//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全112部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/03/04 17:00
↑ページトップへ