挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

寿司屋デート

作者:青葉台旭
 次のデートは寿司屋で、という事になってしまった。まさか、こんなに悩むとは思わなかった。
 彼女と付き合って半年になるが、最初のデートの時よりも、二回目のデートよりも……とにかく今回の寿司デートで一番悩んだ。
 で、会社の先輩に相談した。実家が金持ちで女遊びもそこそこやるという噂の人だった。
「寿司屋デートって、どんなもんですかね」
 ある昼休み、会社近くのハンバーガーチェーンでコーラを飲みながら先輩に聞いた。
「寿司屋って、ひょっとして〇〇寿司?」
「ええ。まあ、そうなんですけど」
 〇〇寿司というのは、小学校高学年で初めて親に連れて行ってもらって以来、年に何回か食べに行っている寿司屋だ。
 別に僕は金持ちの家に生まれた訳でもないし、今の仕事が高給という訳でもない。
 中ぐらいの家に生まれて、中ぐらいの給料の会社に勤める僕が、なんで時々〇〇寿司屋に行くかというと、僕の家と親戚だからだ。
 ボーナスが出た時とか、仕事がうまく行った(と、自分で思った)時とか、一人で喜びを()みしめたい時に行く。
 いつだったか、一人で〇〇寿司に行ったら、そこで一人で寿司を食っている先輩と偶然会った。先輩の隣の席に座ったが、話が(はず)むことも無く、二人で黙々と自分の寿司を食べ、酒を少し飲み、先輩は「じゃあ、俺、行くわ」と先に席を立って店を出た。
 翌日、会社で聞いたら、東京に何軒かある好きな店のうちの一軒だという事だった。
「うーん……なんで、寿司屋なんかデートすることになったの?」
「前回のデートで話の流れから……ちょっと酔っていたんで、詳しくは覚えていません」
「俺、寿司屋では寿司を食う事に集中したいタイプなんだよね……お前も、そういうタイプなんじゃね?」
「ええ。まあ。そうかもしれません」
「それなのに、デート?」
「なりゆきです」
「しかも、親戚がやってる店なのに?」
「はあ」
「じゃあ、もう結婚しちゃうしかない、な。その彼女と」
「え?」
「冗談だよ」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ