挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

【競演】冬の京都

作者:横江秋月
【第7回真冬の競演】参加作品です。お題は「冬の京都」。
 冬の京都へ行きたい、と彼女が言いだしたのは、蝉の声もかまびすしい夏の盛りだった。
「京都へ、何をしに?」
「観光に決まってるじゃない」
「何か見たいものでも?」
「よくわからないけど、春日大社とか興福寺とか?」
「……それはどっちも奈良だと思うけど」
「じゃあ、京都には何があるの?」
「うーん……清水寺とか、二条城とか……」
 じつのところ私もよく知らなかったので、いっしょにネットで検索してみた。
「えっ、京都タワーなんてあるの? 映画村もいいなあ。へえ、国際マンガミュージアム? 赤れんが博物館って、何があるの?」
 どちらかといえば、桂離宮や仁和寺といった由緒あるところのほうが好みだが、彼女と行けるのならどこだってかまわない。わがままでミーハーなところも含め、私は彼女にベタ惚れなのだ。
 旅行の計画に目を輝かせる彼女を見ていると、こちらまで自然に気分が浮き立った。
 デートのたびに、あれがいいこれがいいと意見を言いあい(おもに彼女が)、観光のルートを考え(おもに彼女が)、連休に合わせて予定を立て、切符やホテルの手配もした(これは私が)。
 いつもだらだら過ごすばかりだった二人の関係に、小さな目標ができて、毎日に張りが生まれた。彼女の魅力はいやましに膨れあがり、私は指輪を買おうとひそかに思いはじめた。

 秋の終わり、彼女から突然別れを告げられた。

 目の前が真っ暗になるという心地を、生まれて初めて味わった。
 すべて捨てて、何もかもなかったことにしたいと思った。
 とはいえ、急に予定のなくなった休日をどう過ごせばいいのか。切符やホテルもキャンセルしなくてはならない。旅行のためにあれこれ準備した労力も無駄になる。
 そうだ。どうせなら、一人で傷心旅行としゃれこもう。
 そこまで考えて、ふと、飲み屋のママの顔が思い浮かび、私は電話機に手を伸ばした。

 この冬、私は、予定どおり二人で京都へ行く。


【終】

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ