挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

小さな小さな大エース

作者:ほむねこ
 高校2年の秋、肩を壊して野球を諦めた元ピッチャーの翠川楓は、未練を捨てきれずに立ち寄った野球と自分の縁の場所で1人の少女と出会う。
 性別を理由にプレイヤーとしての道を奪われても、練習を続ける少女・星野舞に楓はある提案をして――

 純情少年の楓と危機意識皆無の快活少女舞の白球と青春のストーリー
 (なおこの作品には濃密な親父臭の漂うシーンがあります。ご注意ください)
*草野球小説です。決して必殺技は飛び出しません(かなり地味になります)
*ルールは全日本野球連盟のルールに準じますが、1部例外があります(泣きの1回とか)
*野球用語は補足するつもりですが、私自身現役プレイヤーなのでサラリと入れる可能性があります。分からないものがあればコメントで一報ください。
野球部を辞めた日
2017/04/22 02:53
橘BG始動①
2017/04/23 23:14
橘BG始動②
2017/04/24 22:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ