挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
お前のパンツは俺のもの 作者:真木あーと

第四章 お前は、俺のもの

12/12

第二節 再戦の結果

 その後も俺は必死に勉強した。
 中間で祐奈(ゆうな)に負けた科目を中心に勉強し、自分の得意科目もやっぱり頑張った。
 中間の時は勝てる気がしなかった。
 必死に頑張って、自分を鼓舞させていたが、勝てるとは思ってなかった。
 だが、今回は勝つつもりだ。
 絶対に、勝つ。
 深い理由なんてもうない。
 ただ、あいつと付き合いたいと思うだけだ。
 こんな複雑なことをしなくても、告白したらそれでいいのかも知れない。
 だが、俺にはそれだけの事が出来なかった。
 臆病者(チキン野郎)と言われれば返す言葉はない。
 その通り、俺は断られるのが怖くて、わざわざこういうやり方をした。
 更に、俺が権力者になった状態で、あいつが承諾しなければならない状況に追い込むのが嫌だった。
 結局勝ったらあいつを承諾せざるを得ない状況に追い込むんだがな。
 こういうのは勢いだからさ、俺も何か景気が欲しいだけなんだよな。
 あいつに勝って告白するって、格好いいし、それだけで惚れるかもしれない。
 まあ、悔しがって憎い相手に告白されるという屈辱を感じるだけかも知れないがな。
 まあ、とにかくそれを目標に必死に頑張った。
 中間の時はただただ闇雲に必死だったが、今は自分の作ってきた足がかりがある。
 何度も言うが、中間が終わって以来、俺は初めて「勉強」ってものをしたのかも知れない。
 慎治や美琴に教わったのは、暗記項目じゃない、勉強の仕方だ。
 今は勉強が楽しいとすら思える。
 俺がこの一月で変わったのはそこだ。
 だから、負けないと思った。

 テスト当日まで祐奈(ゆうな)の態度は変わらなかった。
 どちらかというと優しく従順な祐奈(ゆうな)のままだった。
 気づいたんだが、祐奈(ゆうな)は俺以外の相手への態度は前のままだった。
 つまり俺への態度だけ変わっている。
 前に俺に負けたのが原因に違いないんだろうが、それ以上のことは俺には分からない。
 油断すると俺は、俺に惚れ直したから、なんて妄想を考えてしまうからあまり考えないようにもしていた。
 まあ、とにかく、そんなことを考える余裕があるほど試験は順調だった。
「なあ、テストどうだったんだ?」
 最終日前の帰り道、俺は祐奈(ゆうな)に聞いてみた。
 明日は最終日で、祐奈(ゆうな)はそのまま部活があるらしいので、一緒に帰るのも今日が最後だ。
「ん、それなりに出来てる、と思う」
 祐奈(ゆうな)はどっちかと言えば自信があるように言う。
「じゃ、今度は俺も勝てないのかもな」
 負ける気は全くないが、おそらく俺の本心が口から漏れた。
 こいつが油断してなければ、俺なんかが勝てるわけがない、なんていう弱気が俺の心のどこかにあるんだろう。
 必死に努力して勝てなかった過去は、たった一度の勝利では塗り替えられない。
「そんなことは、ないと思う。私も、負けたくはないけど……康太が相手だと、油断が出来ないのよ」
 祐奈(ゆうな)は自信なげに言うが、こいつは俺を過大評価するところがあるな。
 この前までずっと過小評価しかして来なかったくせに。
 ん?
 過小評価だったっけ?
 よく考えると、過小評価はしてなかったかもしれない。
 俺が努力しないから当然だ、という言い方をしてた。
 言い換えれば「あんたはやれば出来る」と言ってたような気がする。
 ……あんまり今と変わらないな。
 今は「やって出来た。もう勝てない!」って感じだからな。
「俺も頑張ってるし、負けるとは思ってないけどさ」
 だから俺は、そこだけは否定しておきたかった。
「俺は、お前の思うような人間じゃない。努力しても駄目なもんは駄目だ」
「でも、駄目じゃなかったわよね? この前勝てなかった」
 祐奈(ゆうな)が言い返す。
「あれは必死に頑張った上に、美琴とか慎治に協力してもらったからだ。あそこまで努力してやっとあれだけだったんだよ」
 そして、今回もそれ以上の努力をしている。
「あたしだって必死に頑張ってるよ。それを何年も何年も続けてる。なのに、康太は何週間くらいで追いついた」
「…………」
 祐奈(ゆうな)が少しだけ悔しそうにそう言ったが、俺はそれには何も答えられなかった。
 ただの偶然だとかまぐれだとか言ってもこいつは納得しないし、別にこいつの評価で俺が変わるわけでもない。
 まあ、こいつには俺にがっかりして欲しくないので出来れば余計な期待をして欲しくないんだが。
「まあ、いいさ。勝負は忘れてないだろうな?」
「うん。覚えてるし、そのために頑張ったから」
 祐奈(ゆうな)は顔を上げる。
 どうやら負ける気はないようだ。
「お前、俺に何を命令するつもりなんだよ」
「え? それは、秘密……」
 少し赤い顔をして微笑む祐奈(ゆうな)は可愛いが、勝つ気でいるのがちょっとムカつくな。
「俺ももう決まってるけどな」
 だから俺も張り合うようにそう言った。
「……何を、言うつもりなの……?」
 祐奈(ゆうな)が不安そうに聞く。
 こいつにとってみればパンツの件があるから少しは恐ろしいんだろう。
 お前のパンツなんてもういい。
 いや、よくないけど、そんな話じゃない。
 俺が欲しいのはお前のパンツじゃなく、お前自身だ。
 なんて今言えばそれがそのまま告白になってしまう。
「秘密、だ」
 だから、俺も祐奈(ゆうな)と同じことを言い返すことにした。
「……でも、康太は優しいから、無茶なことは言わない……よね……?」
 少し不安そうに、祐奈(ゆうな)が言う。
 パンツの所有権奪われといてまだそんなことを言うのかよ。
 まあ、これは多分牽制なんだよな、勝ってもひどいこと言わないでっていうさ。
「お前こそ優しいから、無茶は言わないよな」
 だから、俺もけん制しておいた。
「あたしは優しくなんか、ない……」
 祐奈(ゆうな)が答える。
 謙遜というよりも、確信的な言い方で。
 何だ? 俺が優しいとか言ってから、妙に表情が曇ってきた。
「お前は優しいだろ? 少なくとも俺はそう思って──」
「嘘っ!」
 俺の言葉を遮って、祐奈(ゆうな)が叫ぶように言う。
「康太はあたしのこと、優しいなんて思ってない」
 震えるような声で、祐奈(ゆうな)が言う。
 なんでこんなことを言い出すのか、さっぱり分からない。
「いや、思ってるけどさ……」
「でも、中間の時、康太はあたしの事、人の心が分からないって言った! あたしはそれを、否定出来なかった……!」
 ああ、確かに言った。
 あれは、売り言葉に買い言葉で、あの頃の生意気な祐奈(ゆうな)に腹が立って言った言葉だ。
 こいつが傷つくのを分かった上で。
「……ごめん」
 俺は今更だとも思うが、謝った。
 それで祐奈(ゆうな)の顔が晴れるわけもない。
 まさか、まさかだとは思うが、祐奈(ゆうな)がおとなしくなったのって、パンツじゃなくて、あれが原因なのか?
 いや、その後、こいつの態度に腹が立ったからパンツの所有権って話になったと思ったんだけど、違ったのか?
 さすがに祐奈(ゆうな)の心の中までは分からない。
 だけど、俺の言葉を気にしていて、パンツという拘束がなくなった今もおとなしい祐奈(ゆうな)は、パンツ以外の原因があったと考えてもいい。
 俺の何かが、祐奈(ゆうな)を変えてしまったんだろうか。

          ▼

 テストが終わり、次の週から徐々にテストが返ってきた。
 数学、生物、現代文、日本史、古典、政治経済。
 続々とテストが返ってきて、そのたびに祐奈(ゆうな)と勝負をした。
 ここまでの得点差は俺が五点のリード。
 こう言うと、ほぼ勝ちが決まってるように思えるがそうでもない。
 最後の科目は、俺にとっては鬼門である英語だ。
 前回祐奈(ゆうな)に十七点差を付けられて惨敗してる英語は、誰からも教わっていない、完全独学の科目だ。
 もちろん必死に勉強したが、どうなるかはさっぱり分からない。
「今から、テストを返す」
 英語の後藤先生が答案を持って教壇に立つ。
 ひとりひとり、名前が呼ばれる。
 俺は、ドキドキしながら、自分の順番を待った。
「東雲、お前かなり点を上げたな」
 俺は答案を取りに行く。
 そこに書かれていた数字は、八十二点だった。
 勝った。
 これは間違いなしだろう。
 八十二点と言えば、中間の祐奈(ゆうな)と同じ点だ。
 もしあいつが今回頑張っていい点を取ったとしても、英語って教科は、ここから五点の上乗せは難しい。
 よし、点数を見せあって、そのまま告白する!
 俺は誰よりもあいつが好きで、あいつも多分、やれば出来る俺が好きでいてくれる。
 だからきっと上手くいく。
 俺は答え合わせをする授業を、ほとんど聞いていなかった。
祐奈(ゆうな)、何点だった? 俺は八十二点だ」
 テストが終わったあと、トイレにでも行こうと思ったのか教室の外に出た祐奈(ゆうな)を追いかけてそう言った。
 常識的に一人で外に出る女子を追いかけるなんてことは普段しないんだが、俺はちょっと興奮していたのかもしれない。
 祐奈(ゆうな)もやっぱり、なんで追いかけて来るのよ、なんて表情をしてる。
「……あたしは、八十八点だけど」
 少し不機嫌な祐奈(ゆうな)が、そんなことを言った。
 そっか、八十八点か、それはそうと、告白を──。
 え? 何だって?
 今こいつ、なんて言った?
 八十八点?
 ってことは六点差だから……俺の負け……かよ。
 呆然と立ち尽くす俺。
 祐奈(ゆうな)は俺の脇をすり抜けて廊下を歩いていった。
 俺はそれを追うことも出来ず、ただ、そこに立っていた。
 負けた……。
 これでもう告白はなくなった。
 それどころか、祐奈(ゆうな)の命令を何か一つきかなければならない立場になってしまった。
 俺のショックは大きい。
 一月前、祐奈(ゆうな)はこんなショックを受けたのかよ。
 くそっ! もう少しだったのに。
 もう少しで俺は祐奈(ゆうな)と……!
 いや、今からでも間に合うかもしれない。
 むしろ祐奈(ゆうな)への権力が何もなくなった今だからこそ、祐奈(ゆうな)の本当の気持ちが聞けるかもしれない。
 それは俺が傷つくかもしれない。
 それを怖がってきた結果が今の状態だ。
 こういうのは勢いだ。
 勢いづいた今だからこそ、言えることがある。
 いや、今だからこそ、その前に言わなきゃならないことが──。
「康太、まだいたの?」
 俺の背後からの声。
 ちょうど祐奈(ゆうな)が戻って来たのだ。
「何でも一つ、あたしの言うこと聞いてくれるんだよね?」
 少し弾んだ声。
 今の祐奈(ゆうな)はどっちなのか分からない。
 だけど、そんなもんはもう関係ない。
「なあ祐奈(ゆうな)、お前が中間から俺に対する態度が変わったのってさ、あの賭けのせいじゃなくって、俺が言ったあの言葉が原因なのか?」
 俺はあの時、祐奈(ゆうな)の事を、人の気持ちが分からない奴、と言った。
 その言葉が祐奈(ゆうな)を傷つけることは分かっていた。だけど、俺は怒りに任せてその言葉を言った。
 その言葉に、どれだけの重みがあったのかは分からない。
 あらゆる関係が清算された今だからこそ、聞けることがある。
 俺は単刀直入に聞いてみた。
「……何言ってんのよ、そんなわけないじゃないの」
 祐奈(ゆうな)の言葉と表情、ああ、それでだいたい分かった。
 気にしてないなら、そもそも覚えてもいないはずだ。
 「あの言葉」だけで通じたってことは、つまりあの言葉を意識してるってことだ。
 俺は、祐奈(ゆうな)の深く傷つけた。
 俺は、俺が好きな祐奈(ゆうな)を傷つけてしまった。
 俺は、俺は……。
 俺は祐奈(ゆうな)が好きだ。
 俺は、祐奈(ゆうな)が好きだ!
「俺は祐奈(ゆうな)が好きだ!」
 俺の言葉に、祐奈(ゆうな)が一瞬目を開き、そして、顔を赤くする。
 それは、祐奈(ゆうな)を傷つけたというショックを払拭したいだけの告白だったかも知れない。
 だけど、その言葉に偽りはない。
「な、な、なななっ!」
 真っ赤な顔になって俺から一歩後ずさる祐奈(ゆうな)
「前みたいなわがままな祐奈(ゆうな)も、昔みたいな、最近みたいな祐奈(ゆうな)も、みんな好きだ。祐奈(ゆうな)が人の心が分からないなんて思わない。俺はそんな奴を好きにはならない」
 俺の心には、何の偽りもない。
 そうだ、俺はどんな祐奈(ゆうな)でも構わない、とにかく祐奈(ゆうな)が好きだったんだよ。
 祐奈(ゆうな)は俺のために何かを変える必要なんてないし、変わることを恐れる必要もない。
「俺と、付き合ってくれ!」
 だから、賭けも何も必要はない。
 授業が終わって、ぞろぞろと廊下に出てくる同学年の奴らが、何事かと俺の叫びを聞いている。
「なんて事言うのよ! ひ、卑怯よ、こんなタイミングなんてっ!」
 顔どころか目まで真っ赤な祐奈(ゆうな)は、驚きの表情のまま照れ隠しに怒る。
「俺は卑怯な奴だよ。お前に勝てないから仕方がない。本当は勝って付き合う予定だったが、負けてもお前と付き合いたい!」
 俺の顔も祐奈(ゆうな)に負けないくらい赤かったことだろう。
 二人して顔を真っ赤にして、恥ずかしいからおたがいの視線を外して、黙り込んでしまった。
 周りに集まってきた奴らも、固唾を呑んで見守っている。
 俺は、それ以上のことはもう言わなかった。
 恥は、十分かいた。
 俺の思ってることは全て伝えた。
 これ以上の上塗りはしたくはない。
 後は祐奈(ゆうな)の言葉を待つだけだ。
「……いいわよ」
 祐奈(ゆうな)は小さな声で、つぶやくように、そう言った。
 え? 今なんて言った?
 いいわよってどっちの意味だ?
 OKって事でいいのか?
「そ、その代わり、もう自分に自信がないとか言わないで。あたしは……その、あんたに引っ張られてついて行きたいって思ってるから……」
 うつむいて、小さな声のまま、そう言う祐奈(ゆうな)は、どっちの祐奈(ゆうな)とも違ったが、これまでのどの祐奈(ゆうな)よりも可愛かった。
「分かった。俺はもっと自分に自信を持つ。お前が俺を嫌いになっても、何度でも惚れさせてみせる」
 祐奈(ゆうな)は、変わりたいと願った。
 だから、俺もそれに合わせて変わろう。
 祐奈(ゆうな)の望みが変わりたいってことなら、俺が変わることで、祐奈(ゆうな)が変わることが出来るなら、俺はいくらでも変わってやる。
「あ、あ、あ、あとっ! あたしの命令も聞いてよっ! これは約束だからねっ!」
 そんな噛むくらい急いで言わなくても聞いてやるから。
「分かった、で、何なんだ?」
 俺が聞くと、祐奈(ゆうな)は大きく深呼吸をした。
 顔は赤いままだが、少し落ち着いたようだ。
「あたしの命令は──」
 さっきまでとは違い、大きめの声で、はっきりと、祐奈(ゆうな)が言う。
「あたしを、幸せにすること!」
 祐奈(ゆうな)の命令は、俺も望むところだった。
 周囲からは冷やかしと拍手が響きわたる中、俺は祐奈(ゆうな)を抱きしめることで、返事をした。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

すごい生徒会長さんとやればできる副会長さん

才色兼備、容姿端麗、文武両道、聖人君子と言った褒め言葉をすべて兼ね備えている四條学園の生徒会長“藤堂綾乃”と、その生徒会長に振りまわされちゃう残念な、でもやれば//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全71部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2013/08/08 23:08
I'll have Sherbet!

【2017年2月28日、ファミ通文庫様より刊行予定です。】 【タイトルは『佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet!1』となります。】  //

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全99部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/12/25 00:10
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全215部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 07:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 08:31
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全131部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/04 23:21
捨てられた勇者の英雄譚

ある日、桂木大地を含むクラスメイトたちは気がつけば異世界にいた。異世界転移させた神は自分の力を分け与えて、勇者である大地たちに魔王を倒してほしいと言う。 しか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/12/07 00:00
回復魔法を得た童貞のチーレム異世界転移記

情けは人の為ならず。 その言葉を信じ、人に尽くし利用され続けた30代の男。 人生が終わるその時、彼は異世界に転移する事となった。 彼の希望は、無論女性にモテ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全129部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/31 19:03
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 19:03
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

いじめられっ子だった無力な少年が、落とし穴を掘っていた。 いじめの主犯を穴に落とすために。 殺すための武器も用意していた。 だが、落とし穴に落ちたのは、醜悪な豚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全250部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/07/11 19:00
リアルでレベル上げしたらほぼチートな人生になった

 それが「レベル上げ」であれば、どんな単調作業でも延々と繰り返せる漢――夏野太陽。  ゲームの中でしか役に立たないはずの「才能」が、なんと現実でも役立つことに!//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全465部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 18:27
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全283部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/21 11:07
勇者の活躍(?)の裏側で生活してます

白鷺 紅は訳有りの学園三年生。ある日生徒会に呼び出され、そこで光の渦に飲み込まれる。 生徒会メンバーと一緒に召喚された先は「エレンシア王国」と呼ばれる異世界でし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全206部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2014/01/13 07:00
眼鏡とあまのじゃく ~真逆の君に恋するなんて、絶対あり得ない(はずだった。)〜

宝島社文庫より加筆修正版が「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」というタイトルで書籍化されました。 主人公・飯島靖貴。地方の県立高校に通う三年の受験生。//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全109部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/04/07 01:31
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全808部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 00:00
ドラグーン

これは、一人の脇役が自分の役割を放り出し竜騎兵(ドラグーン)を目指す物語。 剣と魔法のファンタジー世界で脇役ルーデルに与えられた役割は、悪徳貴族の馬鹿息子、主//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全167部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/06/04 00:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全100部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/04 06:38
異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます

現代日本の大学生である佐藤四季(サトウシキ)はある日突然通り魔に襲われ、目が覚めると異世界の迷宮都市に飛ばされていた。そこで治癒魔法に目覚めた彼は、怪我を治癒魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全83部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 19:07
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全230部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/16 12:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム

トラックに跳ねられ、異世界に転生してみると、数十年前にパーティを組んでいた仲間の美女が、俺のことを待ち受けていた。「お久しぶりです。マスター」 かつて自分が救//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全80部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 06:42
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全270部)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 18:00
勇者イサギの魔王譚

「これからも、俺についてきてくれないか」  ――共に歩んだ愛する少女へと告白した瞬間、少年は未来へと飛ばされた。彼を喚んだのは魔族の姫。彼が討ち取った魔王の末裔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全176部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/10/09 23:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全367部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 22:11
バイト先によく来るうざい客が、実は大好きな女性歌手だった件

スーパーで週五バイトしている矢山には大嫌いな客がいた。 いつもサングラスをかけている怪しげなその女性客は口を開けば店員である矢山の愚痴を言い、矢山が嫌いな行動を//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 05:21
僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。

 僕のクラスには学年どころか、校内一の有名人がいる。  艶やかな長い黒髪に整った目鼻立ちで、モデルさんのようなプロポーション。  先生の意地悪な問題さえも解い//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全48部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:15
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全215部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 12:22
コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果

 MMORPG「エターナル・マギア」のトッププレイヤーだった森岡弘人は、リアルでは引きこもり歴三年の高校一年生だった。人生の大半を注ぎ込んだゲームで全てを失い、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全103部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/04/27 19:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

本条楓は、友人である白峯理沙に誘われてVRMMOをプレイすることになる。 ゲームは嫌いでは無いけれど痛いのはちょっと…いや、かなり、かなーり大嫌い。 えっ…防御//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全160部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 23:43
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
↑ページトップへ