挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
にっこり笑う君は「死んじゃえば?」と僕に言った。 作者:RN

第一章:遭遇

5/7

05:あなたさまは、もしかしてコミュニケーション障害者ですか?

 とても嫌なことを思い出してしまった。
 焦った。
 辛かった。
 苦しかった。
 痛かった。
 悲しかった。
 泣きたかった。
 心に大きな穴が空いた。
 僕は生まれてきた意味。
 生きている理由が分からなかった。
 いや。
 意味と理由は今でも分からない。
 分かりたくない。
 汚い世の中、酷い世界で「生」について何かを考えることは無意味。
 強い者が弱い者を食らう。
 ただそれだけ。
 僕は弱者。
 何もできない。
 ただ強者の踏み台になるためだけに生まれてきたのかもしれない。
 思い出すだけでも背筋が凍る。
 身体中が熱くて痛い。
 周りは真っ暗。
 周りからは白い目でみられた。
 思い出しただけで吐き気がする。
「やぁ」
 今日も来た。
 自称悪女。
 自称異常者。
 自称変態。
 意味不明な女の子。
 黙っていればそれなりに可愛く見えるかもしれない容姿を持つ神出鬼没なコイツ。
 会いたくないときにまで、やってくる。
「悪魔か。またきたん……いや、何でもない」
 やはり今日は気分がすぐれない。
 話気にもなれない。
「いつも思うんだけど第一声にそればかりだとさすがに飽きる。てかそれしか言えないの?」
「うっさい」
「もう、それもやめなよ。あなたさまは、もしかしてコミュニケーション障害者ですか?」
「……っ!」
 なぜコイツは。コイツは。コイツは。コイツは――!
「あれれぇ~。だんまりしちゃって。的中かい。これって笑ってもいいですか?」
 相手を傷つけることを。
 怒らせる台詞をピンポイントで言うんだよ。
 付き合いきれない。
「帰る」
「あ、宿題……」
「宿題? んなもんしるか!」と吐き捨てて僕は、その場を去った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ