挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
にっこり笑う君は「死んじゃえば?」と僕に言った。 作者:RN

第一章:遭遇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/7

01:もうすぐココが自殺現場になると聞いて、やってきました

 疲れた。
 生きることに疲れた。
 何で僕は、この世に零れ落ちてしまったんだろう。
 どうして父さんと母さんは、この醜い世界の中で僕を望んだのだろうか。
 もういいや。
 いくら考えても答えを見つけ出すことはできない。
 ならどうすればいいのか?
 生きることが苦痛に感じ、世界を愛せない僕はどうすればいいのか?
 答えはとても簡単だ。
 楽になればいい。
 そうすれば辛いこと、悲しいこと、苦しいこと、焦ったこと、傷ついたこと、不幸なこと、世界から逃れられる。
 二十五階建てのマンション。僕は何かに導かれるかのように屋上にいた。
 僕はフェンスに手をかけてのぼり始めた。
 するすると高さ二メートルはある転落防止用のフェンスをのぼっていく。
 白いフェンスのてっぺんから周りを見渡す。高い……。
 そのままフェンスのうえから、したに飛びおりた。
 といっても間違えないでほしい。ビルの端まではフェンスのうえから、さらに一メートル半ほどある。
「おぉ……」
 フェンスを一つ超えるだけで、世界はここまで変わるのか。
 あの世へ向かう直前なのに感動を覚えてしまった。
 不覚……いや、いい記念品だ。
 この景色は、向こうに持って行こう。
 両手を広げて歩き出す。
 数センチ歩いて立ち止まる。
「ここから飛び降りたら楽になれる。世界という法則、拘束、呪縛、戒めから解き放たれる……もう考える必要もない。苦しむ必要もない」
 一歩。
 たったそれだけで僕の全ては変わる。
 否。終わる。
 そう、たったそれだけで。
――さようなら、みんな。
「さっさと死んじゃえば?」
 え、と間抜けな声を漏らしながら声をした方に振り向く。
 隣に女の子が立っていた。
 ニコニコと笑いながら僕を見上げている。
 誰だ、こいつ?
 目の前で自殺しようと人を目撃しておいて、ニコニコ笑顔で本人に向かって「死んじゃえ」とか普通言うか。
「普通、止めようとするだろ」
「アハハハ。もしかして『やめろ、自殺なんかするな』みたいなセリフが、わたしの口から出るのを期待してたわけ?」
「……」
「だんまり!図星なんだ。マジウケるんですけど」
 女の子は腹を抱えて笑い転ける。
 ホンットになんなんだ、この子は……。
「残念無念また来週。わたしの辞書に普通という辞書はあるけど読めないんだ。だってわたしは異常者だから。変態ともいう」
 いきなり現れて自殺志願者に「死んじゃえ」の一言をハッキリと放ち、一人で大笑いしたと思えば、自分は変態だとカミングアウト。
 僕は何を思ったか聞いてみたくなった。
「なあ」
「ん?」
「死んでほしい?」
「もうすぐココが自殺現場になると聞いて、やってきました」
「泣いていいか?」
 こんな女に聞いた僕がバカだった。
「君が生きていることに感謝しているのなら泣け」
「ぐぬぬ……」
 泣きたいけど、それじゃ泣けないじゃないか。
 こいつ本当になんなんだよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ