挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

紺碧の解放者ー擬似魔術師達の存在定義ー

作者:朝霧楓葉
 国防軍の任官したての新人将校の伊崎芳一(イザキ ホウイチ)は、新設された二〇五特殊水上機動小隊に配属される。
 そこで彼が見たものは、おとぎ話の世界の物語に登場するような魔法と科学の力を融合させた魔導強化外骨格を纏い異型の魔物たちと戦う少女達。
 消耗品のように使い捨てられる少女達……というわけではなく、戦闘以外は彼女達の所属する海軍の上層部は激アマでーーーー
「わーい、あなたがたいちょーさん?みんなと一緒にあそぼーー!」
「はい?」
(消耗品のように使い捨てられるのはまさか……俺!?)
プロローグ
2017/04/22 01:39
新任将校の受難
2017/04/23 02:25
変態の名はディートヘルム
2017/04/23 17:52
その少女、兵器である
2017/04/24 00:42
擬似魔術師
2017/04/24 03:17
副官は経産婦!?
2017/04/26 02:25
指揮官は変態でした。
2017/04/27 02:46
ツンデレは突然に
2017/04/28 00:38
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ