挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

ささくれ黙示録 ~ショートショート集・ソノ1~

ショートショート010 願い

作者:笹石穂西
 そいつは突然現れた。

「な、なんだ、お前は。人の家に勝手に現れやがって。何の権利があって、いや、そもそもお前はいったい誰なんだ」

「それにお答えすればよろしいんで?」

「ああそうだ。とっとと答えろ」

 するとそいつは、「あいよ」と言って答えた。

「わたしは悪魔でさぁ」

「なに、悪魔だと。この世に、そんなものが存在するわけがない」

「そう言われても、実際にここにいるんだから、仕方ねぇでしょう」

「うるさい。ふざけるのもいいかげんにしろ」

「別にふざけているつもりは、ねぇんですがね」

「とにかく、その、人をばかにしたような口調をやめろ。どんどんいらいらしてくる」

「口調を変えればよろしいんですね。あいよ」

 少しの間をおいて、そいつは再び口を開いた。

「では、他に何かご用はありますでしょうか」

「なんだ、てめぇ。口調はまともになったようだが、態度はふざけたままじゃねえか」

「私は、はじめからふざけた態度なんてとっておりませんが」

「もういい、たくさんだ。頼むから消えてくれ」

「消えればよろしいんですね」

「ああそうだ。消え失せろ」

「あいよ」

 三つの願いを叶え終えた悪魔は、その言葉とともに姿を消した。
023『すれちがい』に続きます。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ