挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

聖夜のスプリンター Reasons to run on the Holy Night

作者:RAY
 吉野 陽太(よしの ようた)が「彼女」と初めて会ったのは小学6年生のクリスマスイブ。
 粉雪が舞う校庭でトレーニングをしていたときのこと。
 
 彼女の名前は 夏目 奈々子(なつめ ななこ)。陽太と同じ6年生。
 転校の手続きをするため小学校を訪れていた。

 陽太は100m走で全国大会5位のスプリンター。そんな彼に奈々子は競争を申し出る。
 躊躇いながらも申し出を受ける陽太――その瞬間、運命の歯車が動き出す。

 小さい頃からサンタに憧れ、いつかサンタになりたいと願う陽太。
 悲しい過去を背負い、他人に対して心を閉ざす奈々子。

 二人はともに走り続ける。それぞれの「走る理由」を胸に。
 そして、あるとき――互いを異性として意識するようになる。
 
 RAYがお送りする、陽太と奈々子のピュアなラブストーリー。
 SFやファンタジーがお好きな方、ぜひ目を通してみてください。

 ※この作品は「カクヨム」にも掲載しています。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ