挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

アルケミー∞ウェイスト ~落ちてきた歌姫~

作者:埴輪
教会を破壊した犯人を追う、正義の使者ポリシア。
相棒のホームズとワトソンを従え、彼女は高らかに叫ぶ。

「ジャスティスっ!」

それいけポリシア! 冤罪だって何のその! 多少の犠牲は仕方がないぞ!
……果たして、ポリシアは犯人を捕まえることができるのだろうか?

アデル
「……おい、何だコレは?」

ポリシア
「何って、『アルむげ』のあらすじなのだ!」

ローザ
「……コウさん、出てきてませんね」

ポリシア
「そんなことないぞ? ほら、ちゃんと仲間『達』って書いたのだ!」

アデル
「……まさかと思ったが、そこに俺達が入ってるのか」

ポリシア
「君は犯人だから入ってないぞ?」

アデル
「バラすなっ! ……っていうか、俺は犯人じゃないっ!」

キミア
「やれやれ、今日も賑やかなことだな」

ディジー
「お腹、空いた」

※以下、本当のあらすじ※

どこか懐かしい、新感覚のスラップスティックが登場っ!

「廃棄処分だな」そう告げられ、アンドロイドの少女ローザは瞳を見開く。それならいっそ……飛空挺から雲海を見下ろすローザの背中を押したのは、妹のディジーだった。教会に落ちたローザは、ゴミ収集作業員のコトノハに拾われる。コトノハはローザと同じ顔をした歌姫マリアのファンで、ローザに自分の名を記し、その所有者となるのだった。新たな主人と居場所を得たローザ。その前に現れたのは、言葉を話す白猫だった――。

まずはフォロー頂き、お気軽にお楽しみ頂ければ幸いです!
第1話「晴れ、時々、歌姫」
-1-
2016/12/03 12:39
-2-
2016/12/03 12:55
-3-
2016/12/03 12:58
-4-
2016/12/03 12:59
-5-
2016/12/03 13:00
第2話「魔導廃棄物」
-1-
2016/12/03 13:03
-2-
2016/12/03 13:05
-3-
2016/12/03 13:06
-4-
2016/12/03 13:07
-5-
2016/12/03 13:08
-6-
2016/12/03 13:10
-7-
2016/12/03 13:10
-8-
2016/12/03 13:11
-9-
2016/12/03 13:12
-10-
2016/12/03 13:13
第3話「ハッピーバースデー」
-1-
2016/12/03 13:15
-2-
2016/12/03 13:18
-3-
2016/12/03 13:19
-4-
2016/12/03 13:20
-5-
2016/12/03 13:21
-6-
2016/12/03 13:21
-7-
2016/12/03 13:22
-8-
2016/12/03 13:23
-9-
2016/12/03 13:24
-10-
2016/12/03 13:25
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ