挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ボイスメモ 作者:ふしの
6/6

新規録音 6

(何か硬いものがぶつかる大きな音。次いで押し殺した様なうめき声が聞こえ出し、衣擦れの音、身の詰まった果物を続け様に落として行く様な音が重なる。それらは暫く鳴り続いたが、やがて各々が静まり、代わりに乾いた細い木の枝を少しずつ折って行く様な音が鳴り出した。随分永い事そうした次第であったが、とうとうその音も鳴り止むと、もう何も聞こえなくなった。何も聞こえない儘再生時間は流れて行き、遂に仕舞いまで物音のする事はなかった。)(了)
2014
http://ncode.syosetu.com/N2890CF/

2015
http://ncode.syosetu.com/N6313CU/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

モノクローム・サガ~彩色の御子~

泥、泥、その先も泥―― 見渡す限りの褐色の泥の原、土色の草、空を覆う暗雲。 そこに暮らす生き物や人もまた、色味を欠いた姿をしていた。 おそろしく色彩に乏しい世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 20:38
ぼくらのオルタナティヴ ~ 屋上より愛をこめて ~

 自殺未遂を繰り返していた女生徒が、屋上から飛び降りて死んだ。  ある日、彼はその女生徒の幽霊と出会う。彼女は自分にまつわる記憶のほとんどを喪失していた。 「//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/03 01:18
↑ページトップへ