挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ボイスメモ 作者:ふしの
2/6

新規録音 2

 1Lで五万もしないのは少しばかり安いなとは思っていたんだ。立地は良いし、風呂トイレ別だし、洗面所まである。しかし築三十年なら、そんなものかとも思えて来る。自分よりも歳上の建物だからね。ただRCじゃないだろう、S造にしろ木造にしろ、やっぱり音が筒抜けでね。いや、お隣さんは静かなもんだよ。時々壁を引掻く様な音がするけれど、今は放って置いている。聞く所によると、お隣さんも空き部屋ではないと云う事だから、今度不動産屋に行って名前ぐらい教えて貰おうと考えている。それよりも下がうるさくってね。ご挨拶に伺った訳じゃないから、あの晩の事がトラウマになっていてね、ちいさい子供の居る家族連れだと思う。子供の泣声が聞こえる事もあるけれど、夜は静かなもので、うるさくて寝られやしないと云った事にはならないが、問題は午間なんだ。鳥の声にも似ているから、最初はそう考えていたけれど、あれは人の笑い声だと思う。大体いつも、正午前から午過ぎにかけて、いきなり「ひひひ」と云った風な大笑いが響くんだ。男か女か、若いのか年寄りか解らないが、とにかく甲高い声で、長さはその日の気まぐれだけれど、人が折角午下がりの静けさを楽しんでいるのにそんな調子だから参るよ。さっき大笑いと云いはしたが、単に「ひひひ」と云った声を無闇に叫んでいるだけな気もする。で、こないだ出先から帰って来た時に、そこのお宅の息子さんが表に出ていたから訊いて見たんだ。――パパとママは? ――パパはお仕事、ママはお買い物。――三人で住んでるの? ――ううん。――後は誰が居るの? ――もる。――もる? もるは今何してるの? ――くっついてる。――もるって何だい? ――髪が長くって、黒い身体で、パパとママが居ると、こわい顔になるの。いっつもくっついてるよ。天井に。見に来る? ……勿論丁重に固辞して来たが、仮に笑い声の主がそのもるとやらだったとすると、天井に居るのだからうるさいのも当たり前だろう。イマジナリーフレンドと云った言葉もあるけれど、そうすると余計に解らなくなるからね。おかしいのはこちら側と云う事になってしまう。一度ご主人と奥さんもお見掛けしたよ。日曜日に三人で出掛けて行く所をベランダから眺めていた。変な事を云って人様の家庭をギクシャクさせてしまうのも嫌だから、今は我慢してやろう。感謝し給えよと思った途端に、足の下から「ひひひ」と笑い出したから急いで部屋に引込んだよ。あそこで聞こえたと云う事は、下の部屋の天井ではなく、ベランダの裏にくっついていたと云う事になる。仮に家族を見送っていたと云うのならば微笑ましいが、こちらにまでちょっかいを出されたら堪らないからね。
2014
http://ncode.syosetu.com/N2890CF/

2015
http://ncode.syosetu.com/N6313CU/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ