挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

ボイスメモ

作者:ふしの
 この春から社会人になり、生まれて初めて実家を離れて一人暮らしをする事になりました。
 職場から近く、駅近、コンビニ近、家賃は五万円以内で探していたのですが、幸い素敵な物件が見つかり、少し古いけれど、何となく惹かれる所があったので、私はこの裏野ハイツに入居する事に決めました。
 最初は心細かったですが、それよりも仕事が忙しかったのと、同じハイツの人達も皆さん良くして下さり、今はもう寂しくありません。

 そうして新生活にも徐々に慣れて来たある日、仕事から帰ると玄関のポストに知らないスマートフォンが入っていました。
 傷だらけでしたが、ボタンを押すと電源が入ったので、よくない事だと思いながらも中身を覗いて見ました。
 パスワードがかかっている訳でもなく、すんなりとホーム画面が出て来ましたが、そこにはボイスメモのアプリがぽつんと入っているばっかりで、開いて見た所、五つの音声ファイルが保存されていたので、私は順番に聞いて行く事にしました。
新規録音 1
2016/07/21 22:00
新規録音 2
2016/07/23 22:00
新規録音 3
2016/07/25 22:00
新規録音 4
2016/07/27 22:00
新規録音 5
2016/07/29 22:00
新規録音 6
2016/07/31 22:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

モノクローム・サガ~彩色の御子~

泥、泥、その先も泥―― 見渡す限りの褐色の泥の原、土色の草、空を覆う暗雲。 そこに暮らす生き物や人もまた、色味を欠いた姿をしていた。 おそろしく色彩に乏しい世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 20:38
ぼくらのオルタナティヴ ~ 屋上より愛をこめて ~

 自殺未遂を繰り返していた女生徒が、屋上から飛び降りて死んだ。  ある日、彼はその女生徒の幽霊と出会う。彼女は自分にまつわる記憶のほとんどを喪失していた。 「//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/03 01:18
↑ページトップへ