挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~土の勇者の後始末をする駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

98/250

98話


 湖までは休憩無しで一気に走った。
 セスとメルモも、なんとかついてこれるくらいにまでなっている。
 アデル湖の近くにあるニュート族の村で、セーラの母親であるセリーヌに小舟を一艘借り、対岸のセスの実家のある猫族の村に行く。
 船は魔法陣で改造し、水流で進むようにした。いつものことなので、誰も驚かなくなった。船で昨日のバーベキューの余りを食べる。
 猫族の村に着いた時には、昼を少し過ぎていた。今日はこの村で一泊することにした。
 山と砂漠を越え、フロウラに行くと、どうしても一日は掛かりそうなので、無理しないことにしたのだ。
 セスは実家に帰り、俺たちは宿で一泊することに。
 荒れ地にいた魔物を渡す代わりに、セリーヌに借りた船を返してくれる人を探す。
 セリーヌは「返さなくて良い」と言っていたが、湖周辺に生きる者同士、もう少し交流があったほうが良いんじゃないかと思う。いいきっかけにしてくれそうな人はいないか、セスの母親に聞くと、「村長に言ってみてくれ」と言われた。
 村で一番大きな船を持っている村長に、事情を説明すると、
「あんな小舟で対岸までは行けないにゃ~。でも、わかった。もし、会うことがあれば、聞いてみるにゃ~」
と、猫族らしい話し方で言った。
 確かに、魔法陣を使ったから、あまり時間はかからなかったが、普通の小舟でオールのみで対岸まで行くと数日掛かりそうだ。
 村長は、「もし、何か交渉事があるときに、使わせてもらうにゃ~」と言ってくれた。
「ありがとうございますにゃ~」
と、俺が言うと、
「最近は、村の者より、外から来たもののほうが『にゃ~』と言ってくれる。嘆かわしいことだにゃ~。『にゃ~にゃ~』言ったほうが、観光客が来ると思わんかにゃ~」
と、村長は愚痴をこぼしていた。
 その後、砂漠越えの用意を少しして、セスの実家に戻った。

 夕飯はセスの実家でご馳走になった。
「兄ちゃんが会社で働くようになったら、ご飯が豪華になったんだよ!」
 セスの妹のニケが嬉しそうに言っていた。
 セスは困ったような顔で苦笑いをして、ニケの口をふさいでいた。
「いや、本当ですよ。泥棒にでもなっているんじゃないかと心配していたんですが、いい人たちと巡りあえて、本当に良かった。ありがとうございます。末永く、セスをこき使ってください」
 セスの母親は、俺たちに頭を下げた。
 そういえば、セスと初めて会った時は船荒らしだったな。母親っていうのはなんでも見通せるらしい。
「いえいえ、こちらこそ大事な息子さんをお預かりしているので、社員を大切に見守り、可能性のある分野で、どんどん成長していってもらいたいと考えております」
「おおぅ!社長っぽい!」
 俺の言葉に、アイルとベルサが驚いていた。
 前の世界にいた時、テレビで見たようなことを丸パクリしただけだ。
 夕食には途中から、村長とその親戚たちも混ざり始め、結局宴会になってしまった。

 翌朝、セスの家族に見送られながら、山の抜け道へと向かった。
 魔物も多かったが、アイルとセスが率先して、倒していた。
「あんまり倒しすぎると…なんでしたっけ?社長」
 メルモが抗議しようとして、失敗していた。生態系という言葉を忘れたらしい。
「生態系だろ?まぁ、この抜け道はちょっと魔物が多いからな。狩りすぎるくらいのほうが良いかもしれない」
 探知スキルで、周辺を探ると真っ赤だった。それだけ魔物が多い。
 商人は、よくこんな道を通るものだ。
「前に来た時より、多くなっているかもしれないな」
 アイルが言った。気配でわかるのだろう。
 解体は後にして、どんどん死体をアイテム袋の中に入れていく。
 今回は混乱の鈴は使わなかった。混乱した魔物が、猫族の村に向かうとも限らないからだ。
 その代わり、フロウラに着いたら、魔物除けの薬を撒いておくよう、リドルさんに言って、冒険者ギルドに依頼を出しておこう。
 山の抜け道を通り、砂漠に出ると、俺たちは白い麻のローブを頭から被り、駆け抜ける。
 柔らかい砂が、体力を奪うが、なるべく早く走って風呂にはいることを目標に、力を振り絞る。
 ローカストホッパー駆除の際に、草原のキャンプ地に作った風呂に入る予定である。
 元気もあり、食事もしっかりとったので、昼前には砂漠を抜けた。
 全身砂まみれだ。ローブを着ても砂は風に舞い、身体のいたるところに入り込んでくる。
 体力はそんなに減ってないつもりだが、疲労感が出てきてしまう。
 草原の風呂はまだちゃんと残っていて、水にクリーナップをかけ、お湯にすれば、すぐに使えた。
 大きな魔物の骨と、ローブで衝立を作って、一斉に入る。
 魔物の気配はないし、誰かが来れば、裸で対応しよう。そのくらい汗と砂を洗い流したかったのだ。
前に作っておいた柑橘系の香りがする石鹸を使ったので、かなりサッパリした。
風呂あがりに軽く食事をして、一気にフロウラまで走る。
汗をかいたため、全員会社のユニフォームである青いツナギ姿だ。一応、俺がクリーナップをかけているものの、臭いはなかなか取れないし、石鹸で洗って乾かすのが面倒だったようだ。俺は一人、その面倒なことをしてから、後を追った。
板に風魔法の魔法陣を描いて、ツナギを乾かせばいいだけだったからだ。替えの服、あんま持ってないし。
それに本気で走れば、すぐ皆に追いついた。
何人もの商人や冒険者を通り過ぎたが、青いツナギの集団にあまり驚いているものは少なく、手を振ってくるくらいだ。どういう集団だと思われてんだろ。
草原と森の魔物は完全にスルー。
夕方にはフロウラに着いていた。

久しぶりに泊まっていた宿に帰ってきたが、俺たちの部屋はそのままにしていてくれたらしい。
「ブラックス家の方々に言われておりますから」
 お金を払おうとしたら、宿の主人に断られた。
 夕飯を食べに食堂に行こうとした俺たちを、宿の主人が止めた。
「ナオキ様、リドル・ブラックス様が『戻ったら役所に来るように』とのことです。それから、マーガレット・フロウラ様も『戻ったら、屋敷に顔を出すように』とのことです」
 リドルさんは、ローカストホッパーの報酬かな?マーガレットさんは有料道路の価格とか報酬についてだろうか?
「それから、コムロカンパニー様、商会ギルドからも『社員の誰かが帰ってきたら、ギルドに来るように』とのことです」
 商人ギルド?なにかな?
「あとは、ナオキ様、アイル様、ベルサ様、セス様、メルモ様が冒険者ギルドからそれぞれ呼ばれています」
 結局全員じゃないか。なんで個別に呼ばれてるんだ。
「よし!めんどくさいから、今日は飯食って寝ちゃおう!用事は明日に回そう!」
 そうは、いかなかった。

 夕飯を食っている最中に、ダークエルフが宿に入ってきた。
 確か、リドルさんの腹違いの弟さんでジェリとかいう名前だった人だ。
「おおっ!帰られたか!そなたたちを何日も待っていたぞ!さあ、とりあえず役所に参りましょう!」
 強引な人だ。
 アイルが、俺の皿にあった、ナイフでパンを半分に切り、夕飯の肉野菜炒めや煮込み料理を全てパンで、はさんだ。
「はい、特製サンドイッチ。いってらっしゃい!」
「あ!ずるい!俺だけ仕事させようとしているな!アイルとベルサはマーガレットさんの屋敷に、セスは商人ギルド、メルモは冒険者ギルドに行ってくれ!あとで、通信袋で報告な!」
 俺はそう言いながら、特製サンドイッチ片手にジェリさんに連行された。
 サンドイッチを食べながら、日が暮れかけたフロウラの町をジェリさんと、お供の人たちと歩く。最近、走ってばかりだったので、なるべくのんびり歩いて、フロウラの町並みを記憶することにした。ブラックス家の人たちは俺の歩調に合わせてくれた。
海が見える方まで来た時、通信袋に連絡があった。
『くそっ!やられた!酔っ払ったレッドドラゴンが、呼びにきたんだ!』
『わかったわかった!マーガレットさんの屋敷に行くから、ここで魔法を使うな!』
 アイルとベルサの悲鳴に近い声が聞こえた。
 数分後。再び通信袋に連絡があった。
『社長。商人ギルドから迎えの馬車が来てるんですけど、乗って良いんですかね。こんな立派な馬車、見たことないんですけど』
 セスの震える声が聞こえた。
 数分後。再び通信袋に連絡があった。
『社長。冒険者ギルドのギルドマスターがいらっしゃってますけど!』
 メルモの緊張した声が聞こえた。
 俺はその全てに「うむ。健闘を祈る」とだけ返しておいた。
「お忙しいようですな」
 ジェリさんが通信袋を持った俺に言う。
「いえ、いつものことですから」
 俺はそう言いながら、役所に入った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ