挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~土の勇者と戯れる駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

84/250

84話

 少年は渡り廊下から、外に出ようとしていた。
「おーい!ちょっと手伝ってくれぇ!」
 俺は、少年の背中に向かって声をかける。
「え!?」
 少年は目を見開き、俺の方を振り向き、農園の方から上っている煙を指差した。
「大丈夫!勇者様がなんとかしてくれるよ!それより、住民たちの命も大事だ。きっと勇者様なら、村の人達を助けろっておっしゃるだろ?」
 少年はうつむいて、手で服の裾をギュッと掴んだ。
「ロメオ牧師が何か掴んでいたらしいんだ。一緒にグール病に関する資料を探してくれないか?まだ、皆が安全だとは限らないからな」
 俺は少年の手を取り、そのまま渡り廊下を通って、別館の方へと向かう。
 少年は戸惑いながらも、俺についてきた。
 危ない。少年がガルシアさんのところに行って、魔力でも回復されたら溜まったもんじゃない。
 慌ただしく動くシスター達を他所に、ロメオ牧師の部屋へと向かう。
 部屋のドアには鍵がかかっておらず、すんなりと入ることが出来た。
 以前お邪魔した時と変わらず、お世辞にもキレイとは言い難い部屋だった。
 机やベッドの上にはメモ代わりの質の悪い紙が積み重なり、魔石が床に散らばっていた。
「文字は読めるかい?」
 俺が少年に聞くと、少年はコクリと頷いた。
「ここ最近に書かれたメモを探してくれ。どうやら死ぬ前にグール病の原因を発見していたらしいんだ」
 俺の言葉に少年は息を呑み、散らばるメモを見回した。

 俺は机を中心に漁り、少年はベッドや床に落ちているメモを必死に探した。
 俺が探しているのはメモではなくノートだ。
 机のメモを漁るうちに、紐で縛ってあるノートが出てきた。
 紐を解きパラパラとめくっていくと、目当ての文章が出てきた。
「『シスタークラレンスの頭痛は治まったようだが、病気は治ったのだろうか』あった!これだ!」
 俺はノートを音読した。
 少年は顔中に汗をにじませて、俺を見上げた。
「『昼、ナオキという人物がシンシアの手紙を持って来訪。自分の仮説を語るうちに、解剖の必要性を感じてしまった。人に会ったためか頭痛が消える。…シスタークラレンスのグール化。非常に残念だ。そして、ついに禁忌を犯してしまった。ナオキ氏はすでに真相を知っているようだ。いったい彼は何者なのか?』ただの駆除業者なんだけどな」
 俺は少年に笑ってみせた。
 少年は服の裾を手が白くなるほど強く握っている。
「それよりもロメオ牧師は自分がグール病に罹っていることを知っていたのかな?『ナオキ氏はすでに対応策としてマスクを広めようとしていた。仮説通りなら有効だ。さらに薬まで開発するという。薬を作るまで村を任された。村の人達に説明しないと。ガルシアさんに言って、すぐに魔石の粉の使用を止めないと。時間がないが、あまり眠くない』」
 この時に、吸魔剤を使っていたら、救えたかもしれない。
 悔やまれる。
「『ガルシアさんに説明しに行くも、魔石の粉の使用を止めてはくれないようだ。魔法陣を描いて、風による被害を止めないといけないのだという。グール病の原因だ、と言っても取り合ってくれなかった。子どもたちの頭痛も治ったなどと言っていた。ナオキ氏の部下という人たちが協力してくれるも、なかなか村人が治療を受け入れてくれない。……資料を整理していくうちにあることに気づく。グール病に罹った人は、グール化する前に魔力切れによる頭痛を発症するが、グール化する直前の数日は頭痛が治り、記憶も鮮明になり、食事を取らない安定期に入るようだ……僕は…昨日から眠ってもいないし、何も食べていない……子どもたちは?……』ここで、ノートは途切れている。君は見ていたのだろう?子どもたちは食事をしていたかい?」
 少年は虚空を見つめたまま、首を横に振った。

 窓の外を見ると、南の空が赤く燃えていた。
 いつの間にか、外から勇者と竜たちの戦闘の音が消えている。
『ナオキ!勇者の治療は完了した!』
 アイルの声が胸ポケットの通信袋から聞こえた。
「了解。竜たちに引き続き頼むと言ってくれ」
『OK!』
 通信袋から魔力を切る。

「竜たち!?お前!何者だ!?」
 少年が叫ぶ。
「その質問はそっくりそのまま、お返しするよ。お前はアイルとベルサの治療を受けてないだろ?頭痛がないようだね。安定期に入っているなら急がなくちゃ、今すぐ治療をしよう」
 そう言って、俺はベルサから受け取った吸魔剤を取り出し、少年に近づけた。
「やめろ!」
 少年が吸魔剤を払いのけ、中身が飛び散る。
 赤い吸魔剤が数滴、少年の腕にかかった。

 ジュワッ

 少年の腕から白い煙が立ち上り、肌が溶け、その下から透明な膜が現れた。
「おかしいね。この吸魔剤は魔力を奪うだけだ。肌が溶けるような効果はない。身体が魔力で出来ているようなモノでないかぎりね。そうだろ?土の精霊?」
 少年こと土の精霊は、後ろに飛びのき、ドアごと部屋の外に飛び出した。
 廊下に出た土の精霊は白い煙を撒き散らしながら、渡り廊下へ向かって走りだす。
「え!?なんで!?なんで逃げるんだ?意味ないだろ!?」
 一瞬、戸惑いながらも俺は土の精霊を全速力で追いかけた。
 逃げたところで、罪がなくなるわけではないし、神に見つかるんじゃないのか?
「逃げても無駄だ!」
逃げるだけ無駄だと思う反面、ただ、あの神だからなぁ、という思いは拭えない。
「止まれ!止まらんと…」
ん~撃つものはないけど!
 なんだ、俺はいつから警官に!?くそっ!精霊はアホみたいに速い!
 俺はレッドドラゴンの背に乗った時に使った、突風が出る木の板を取り出し魔力を込める。
「うぉらぁ!」
 身体が吹き飛ばされ、渡り廊下から外に出た土の精霊に、なんとか追いつく。
 そこは墓地だ。
「見ろ!いったい何人が農園の犠牲になった!?」
 俺は墓地に向かって手を広げ、土の精霊に聞こえるように言う。
「お前に何がわかる!?」
 俺の言葉にようやく立ち止まった土の精霊が振り向いた。
顔は年老いた小人族のように丸くシワだらけで、少年だった面影はない。
「わからねぇな!湖から水を奪い、村人をグールに変えてるのに、平気で綿畑を作る輩のことなんかわからねぇよ!加護を与えた奴だけが幸せなら、それでいいか?加護を与えた勇者の子どもたちがグールになっても知らないってのか?」
 土の精霊は、怒りの形相でこちらを見ると、白い煙を吐きながら飛び上がった。
 煙は農園の上空へと伸びていく。
「くそっ!なんだっつーんだよ!」
 俺は別館の屋根に飛び上がり、煙が行く方へと跳んだ。

 農園では今も二頭の竜たちが綿畑の端の方を焼いている。
 焼かれた農園の真ん中にある丘の上ではガルシアさんが寝かされ、アイルがこちらを向いて、手を振っていた。
 白い煙は天高く飛んでいる。
「アイルー!!逃ーげろーーー!!!!」
 俺は通信袋に魔力を込めて、叫ぶ。
 白い煙が丘の上へと墜落していった。
 アイルは目を見開き、丘を転がるように逃げ出した。
 俺は通信袋に込めている魔力をさらに上げ、違う相手を呼び出す。

 土の精霊はガルシアさんの側に立ち、優しく頭をなでていた。
「はぁはぁ、勇者は死んでねぇだろ?満足か?」
 最後にガルシアさんに会いたかっただけか?
そうだと良いんだけど。
「努力は必ず報われねばならん」
精霊が口を開く。
 なんだ?そのアイドルみたいな論法は?
 ああ、そうか。精霊にとって勇者はアイドルか。
「知らねぇよ。報われない努力なんかいくらでもあるだろ?」
「ガルシアがこの20年努力してきた姿を我は見てきた」
「見てもらいたくてやってるわけじゃないことだってあるだろ?」
 害虫駆除も清掃も、別に誰かに褒められたくてやってるわけではない。
 マイナスをゼロに戻しているだけだ。生み出すようなものもない。
 努力してるなんか思ったこともない。仕事だからだ。
「5年前ようやく努力が実を結んだんだ。お前にそれを奪う権利があるというのか?」
「だから、努力の方向が間違ってたんだろ?その方向を正してやるのが精霊の役割なんじゃないのかよ。このままアデル湖の水位が下がっていったら、どうなる?このまま農園を続けていたら、ノームフィールドの村人はどうなる?努力を認めろというのなら、このロメオ牧師の努力も認めてくれよ」
 そう言って持ってきてしまったロメオ牧師のノートを見せる。
「そんな者の努力など、ガルシアに比べれば」
「努力に大きいとか、小さいとかあるのか?」
「何を言っても無駄らしいな。仕方がない」
 土の精霊はそう言うと地面に身を沈めていった。

 丘全体が揺れ始めた。
「なんだ?おいおいおい!」
 ガルシアの服を掴んで、丘の麓まで転がり落ちた。

「ぐぅううあああああ!!!!」
 見上げれば、巨大な人型のゴーレムが大きな口を開けて威嚇していた。
「反則だろ、そりゃあ!」
 竜たちがゴーレムの頭の周りを飛び回っているが、やけに小さく見える。
 俺は防御結界の魔法陣を張った。
 振り下ろされるゴーレムの拳はいとも容易く、俺の魔法陣を破壊する。
 意識を失ったガルシアさんを俺は防風林の森へとぶん投げた。
 ぶん投げた先にはアイルが待ち構えていた。
 アイルが受け取ったのを見た瞬間、俺の上に大きな土の拳が振り下ろされた。
腕でガードはしたものの、両腕ともポッキリ折れた。
 次に空を見上げた時、なんで死んでいないかわからないくらいだ。
 きっと、レベルとツナギの耐性のおかげだろう。
 足は太ももまで、地面に埋まっている。
 もう一度食らったら、確実に死ぬ。
 思いっきり空気を肺に入れる。
「土の精霊よ!お前は周辺地域の環境を破壊し、村人を魔物化させたことを無視し、それよりも勇者の努力を優先させるんだな!?」
「善き人間の努力こそ認められなければならん!それが世界の法則よ!!」
 土の精霊は大きな口を開け言い放った。
 飛び回る竜たちを払いのけ、拳を振りかぶる。
「神よ。聞こえた?」
 胸ポケットに入っている通信袋に言った。
『ああ、コムロ氏。バッチリ自供したな。大丈夫だ、そんな世界の法則は、ない!土の精霊はクビだ!』
 突如、巨大なゴーレムが力を失い、崩壊するようにボロボロと地面に土を落としていく。

「貴様ぁ!神の小間使いかぁ!己ぇ神めぇ!!許さん!許さんぞぉおおおおお!!」
 落ちていった土が逆再生するようにゴーレムへと返っていき、黒く変色した。
「貴様を殺し、村を破壊すれば、また元通りだぁ!何度でも農園を復活させればいい!今度は我も協力する!さぁ、死の恐怖に震えろぉ!神の小間使いよぉおおお!!」
 巨大なゴーレムの顔が俺の鼻先まで近づく。
 真っ黒なゴーレムの両腕が広げられる。そのまま手を打たれでもしたら、俺は両側からペチャンコに潰されてしまう。
 両腕は折れて使えない。
 防御結界も張れない。
 足は埋まって抜けない。
「神様、ちょっと俺ピンチなんだけど」
『あら?もう、悪魔化しちゃった?ちょっと早かったな!』
「いや、早かったな、じゃなくて!」

「死ぃねぇ!」
 黒い巨大な手の平が、左右両側から迫ってくる。
「待って待って待って!ウソでしょウソでしょ!ああああああっ!………あ?」
 来ると思っていた衝撃がない。

ボフッ

 代わりに、正面から突風がやってきた。
 片目を開けて見ると、邪神が黒いゴーレムの頭を地面に叩きつけていた。
「ニャハハハハハー!呼ばれて飛び出て邪神登場!」
「邪神?」
 俺は折れた腕を下げ、両足を地面に埋もれさせたまま、邪神に話しかけた。
「コムロ氏、何だその格好は?相変わらずアバンギャルドすぎるなぁ。時代はコムロ氏についていけてないぞ!」
「とにかく助かった。ありがとうございます。邪神様」
「いやぁ、これが新しい悪魔かぁ…デカいな。まぁいいか。こいつ前は何をやってたんだ?」
 話も聞かずに邪神は来たのか。
「土の精霊だった奴です」
「そうかぁ。なら、世界樹でも育てさせるかな。よし、そうしよう!ところで、コムロ氏、この通信袋とかいう魔道具、超便利なんだけど!マジで空間の精霊とかザマァ!これなら南半球でも連絡取り合える」
 邪神は俺に近づきながら、通信袋を見せた。
 俺が作ったやつではなく、神のお手製らしい。
「それは神の作った通信袋みたいですね」
「え?なに?コムロ氏の作った魔道具じゃないの?」
「なんだったら、俺が作りましょうか?ただ、今俺、両腕折れちゃってて、何も出来ないんですが……」
「え?コムロ氏、両腕折れてるの!?ギャハハハハ!なにそれー!ちょーウケる!どうやってケツ拭くんだよ!どういうギャグなんだよ!アホだ、アホすぎる~~~」
 邪神は何が面白いのか、のたうち回って笑い始めた。
「ちなみに、両足も地面に埋まってて動けないんですが……」
「ヒ~ヒヒヒ~!!やめろ~これ以上やめてくれ~~~笑い殺す気か~~~!!!」
 邪神はゴロゴロと転がり始めた。

「うぐ、ぐぐぐ」
 地面に叩きつけられたゴーレムが意識を取り戻したように頭を持ち上げた。
「貴様、何者だ。神ばかりでなく、邪神とも………まさか魔王か?」
「俺は、勇者でもなく魔王でもない。ましてや、善人でもなければ、悪人でもない。駆除会社の業者だ。依頼はこなす。アフターサービスは充実している。勇者じゃなくなったガルシアさんのことは心配するな。すでに仕事も取ってきてある」
「何だと!?」

『社長、こちら教会!とりあえず、ここにいる人たちの治療は済みました!』
 通信袋からセスの声がする。
「了解。そしたら、水路の上流に行って水を塞き止めてくれ。湖に水が流れるように。メルモ!井戸掘りのための人員を確保してくれ!土魔法が使える人がいい。勇者の子どもたちにも聞いてみてくれ」
『『OKっす!』』

「いったい、お前は、いや、お前らはなんだというのだ!?業者って何だ?駆除会社?」
 ゴーレムの大きな口から低音の声が悔しそうに響く。
「会社ってのは集団だ。人の群れだ。群れの怖さを痛いほど知っているのは俺たち駆除業者だ。業者を、舐めるなよ!お前が破壊したものなんか、すぐに元に戻してやるよ!」
 人の命以外はな!
「くっくっく、恐ろしい奴らがいたもんだ」


「あー笑った!あぶねー笑死するところだったー!じゃあ、コムロ氏、またな。次のギャグも期待してる。よっ!」
 そう言うと邪神は、黒いゴーレムをヒョイっと持ち上げ南の空に向かって、ぶん投げた。
 ゴーレムは信じられないスピードで南の空にすっ飛んでいった。
「なんか困ったことが出てきたら、連絡するわ」
「え?そっちが連絡するんですか?」
「うん、もうぬるぬる相撲は勘弁だからな。じゃ」
 邪神は、「やぁ!」という掛け声とともに、ゴーレムと同じくらいのスピードで南の空へと飛んでいってしまった。


「はぁ、終わったぁ」
 俺は魔力を操作して、通信袋に魔力を込めた。
「アイル、すまん。ちょっと助けて」
『お、おう。わかった。大丈夫か?』
「大丈夫か、どうかは俺の肛門に聞いてくれ。ちょっとこのままじゃ、ケツも拭けない」
『わ、わかった』
「急いでね。急いで」
『う、うん』
「ヤバイ!どうしよう!今さらになって、いろんなところがすげー痛い!どうしよう漏れる!」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ