挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~土の勇者と戯れる駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

78/249

78話

 フロウラの町は相変わらず、平和だった。
 冒険者たちは金が入ったのか、昼間から居酒屋で飲んでいる。
 教会へのデモもしばし休憩といったところだろうか。
 ローカストホッパー駆除の際、顔を知られたのか、それとも泥酔した時に何かあったのか、「おう!社長じゃねぇか!飲んでいけよ!」と、居酒屋の店主も客も声をかけてくれる。
 適当に、酔っぱらいたちをあしらって、町外れに向かう。
 奴隷商の一軒家。
馬小屋では、相変わらず、フィーホースが飼葉を食べていた。
 ターバンが馬小屋で、フィーホースにブラッシングしている。意外にちゃんと世話をしている。
「ようっ!」
「あれ?社長さんじゃないっすか?今日は奴隷でも買いにきましたか?」
 冗談めかしてターバンが聞いた。
「ああ、ちょっと奴隷を買いに来た」
「え!?本当に買ってくれるんですか?」
「うん、金も貰ってきたから、急いで用意してもらえるか?」
「わ、わかりました!」
 ターバンはそう言うと、ブラシを投げ捨て、家に入っていった。
 俺も続いて入ると、奴隷商の親方らしき太った男がリストを持ってやってきた。
「どもども。いつもうちのバカがお世話になっているようで」
「いえいえ」
「どのような奴隷をお探しですか?こちらに簡単なプロフィールなどを用意しておりますが」
「いやいや、あのー、シンシアって娘をお願いします」
「シンシア?」
「ええ、ノームフィールドという村の出身だと思うのですが」
「は、はぁ…何か、その娘と関わりが…」
「別に、買い戻しに来たいとかそういうんじゃないんですよ。ただ、ちょっとね」
 説明すると長くなるし、もしかしたら金額を釣り上げてくるかもしれないので、あまり情報は出さないようにする。
「社長、こちらです」
と、ターバンが奴隷商の間に割って入り、一室に通してくれる。
 ターバンと奴隷商は何か話し、「任せてください」などとターバンが言っている。
「それでは、ごゆっくり」
 それだけ言って、奴隷商は奥へと下がっていった。
「シンシアということですけど、あの娘、今はちょっと病を患っていまして」
「そうか。まだ死んだり、腐った肉食べたりしてないか?」
「へ?まぁ、そうですね」
「なら買い取る。今すぐ連れて来てくれ」
「いやしかし、後から品質に文句を言ったりとか…」
「しないよ。大丈夫だ。早くしてくれ。いくらだ?」
 できるだけ、早めに治療をしたほうがいいし、奴隷商人相手だと、ぼったくられるんじゃないかと思って商談は急いでしまう。
「いくらと言われましても…こちらとしても買い手がつかないと思っていたものですから」
「あ、だったら金貨1枚で良いか?」
「金貨!?いや、さすがに金貨1枚というのは…」
 ターバンの目が泳ぎ始めた。金貨1枚でも出し過ぎだったか?
「じゃ、金貨1枚に銀貨3枚。これ以上は出せない!」
「社長もう一声!」
「なら金貨1枚に銀貨5枚。これ以上出すとうちの社員に怒られる!」
「ん~まぁ、良いでしょう!その代わり、後からクレーム来ても受け付けませんからね!」
 ターバンはそう言うと、部屋を出て行った。
 しばらく待ったが、なかなか帰ってこないので、部屋を出て見ると、シンシアがターバンに肩を支えられ、歩いてくるところだった。
 アイテム袋から、回復薬を取り出し、俺がシンシアを受け取る。
「契約書とかを用意してくれ」
「はい!わかりました!」
 ターバンが奥に駆けて行った。
「大丈夫か?」
「旦那が、私を買ってくれるんだね」
「ああ、その病気も治してやる。俺が渡したシロップは飲まなかったのか?」
「なんだか、勿体無くて。同じ部屋の子にあげちゃった」
「そうか。あれを飲んでいたら危なかったかもしれない。とりあえず、これを飲め」
 そう言って、シンシアに回復薬を飲ませた。
「あー、少し楽になった」
「頭が痛いのはしょうがない。魔力切れを起こしているからな」

「契約書です!」
 ターバンが持ってきたので、サインをして金を渡す。
「じゃ、連れて帰るから」
 俺はシンシアをお姫様抱っこで抱えて、奴隷商の家を出る。
「毎度ありがとうございます!」
ターバンの声を聞きながら、宿へと向かう。
「旦那?名前は?」
「ああ、言ってなかったか。ナオキだ。ナオキ・コムロ」
「シンシアです」
「ああ、知ってる。とりあえず宿で、病気を治そう」
「ナオキ様に救われた身ですから、何でも致します」
 なんだろうか、このシンシアの幸薄感は。
ボロボロではないがシンプルな白い服のせいで、妙にいけないことをしている気分になる。
「敬語じゃなくていいぞ。なんか俺がいたいけな少女を拐かして、変な気分になっちゃうから」
「え?でも、目的はそっちじゃないんですか?」
「違うよ。ちょっと手伝ってもらいたいだけだ」
「夜の方を?」
「いや、だから違うってば」
 シンシアは俺の腕の中でクスクス笑っている。
 これだけ軽口が叩けるのだ。大丈夫だろう。
「ちょっとスピード出すぞ」
「え?わっ!ちょっと、旦那ごめんってば!ちょっとー!」


 宿に着くと、店番をしていた従業員に「ブラックス家の執事さんがお見えになりましたよ」と言われ、手紙を渡された。
 ローカストホッパー駆除の報酬の用意が出来たようだ。

 一先ず、宿にもう一人泊まることを伝え、代金を払おうとすると、
「いえいえ、部屋は好きに使ってくださって結構です。こちらとしましても、コムロカンパニーさんに泊まっていただけるのは利益につながりますから」
と、断られた。
 いったい、俺たちが何をしたというのだろうか。
 まぁ、でも代金いらないっていうんだから、いいか。
「助かります」
「ごゆっくり~」
 部屋に行く俺たちを、店員がニヤニヤしながら、声をかける。
 そ、そういうんじゃないんだからねっ!

「ちょっと寝ててくれ。すぐに薬作るから」
 部屋に入り、シンシアをベッドで寝かす。
 アイテム袋から、石ころのような吸魔草を取り出し、鍋に入れる。
机にIHの魔法陣を描き、水を入れて鍋で煮ること10分。
部屋に赤い湯気が充満してきた。
俺はなんともないが、シンシアはちょっと辛そうだ。
慢性的な魔力切れに加え、さらに吸魔剤によって魔力を吸われるのだから、ある程度身体に負担はかかる。
お年寄りや、子供に使うときは段階的に治療していったほうが良いのかもしれない。
少しだけ、窓を開け空気を入れ替える。
煮立った真っ赤な吸魔剤を瓶に入れる。

酸素マスクのようなものはなかったので、小さな壺の底を割って代用する。
 ベッドの脇に回復薬を置き、準備する。
「よし!じゃあ、ちょっと辛いかもしれないけど、治療を開始する」
 窓を閉め、シンシアに告げる。
「お願いします!」
 シンシアは特に怖がらなかった。
「怖くないのか?」
「ええ、たぶんうまくいくような気がして。でしょ?」
「うん」
 意外に肚が据わってる。

 机をベッドの脇に持って行き、瓶を温める。
 瓶の中の吸魔剤が沸騰し、フォラビットの腸で代用した管を通り、底の割れた小壺から赤い湯気が出る。
 シンシアはその湯気を思いっきり吸う。
 幾度か咽たが、次第に慣れていき、しばらく吸い続けた。
 シンシアの胸から、パリンッと魔石が割れる音がしたかと思うと、何度も割れる音がした。
 シンシアの口から小壺を外すと、口からエクトプラズムのような煙を吐き出した。
 窓を開けると、外に煙が拡散し、消えた。
 一度、吸魔剤を魔法陣から外し、今度は回復薬を温める。
咳き込むシンシアの口からは、多少血が出たが、回復薬の湯気を吸わせると、落ち着いたようだった。
3回ほど繰り返すと、シンシアの胸から魔石が割れる音がしなくなった。
「どうだ?」
「うん、胸にあったしこりみたいなものが取れた気がする」
 シンシアの額の汗を拭いてやる。
「ちょっと休め」
「うん、ちょっと疲れた」
 そう言うとシンシアは目をつぶって大きく息をし始めた。
水と回復薬を机において、俺は部屋を出る。

宿の店員に声をかけ、何かあったらシンシアに回復薬を飲ませるよう言い、外に出る。
 通信袋で、ベルサたちに連絡し、吸魔剤での治療がうまくいったことを伝える。
「何か副作用がなければ、大丈夫そうだ」
『了解。こちらも吸魔剤を作り次第、ノームフィールドに行って治療を始める』
「頼みます~」
 通信袋を切り、高台の教会跡地に向かおうとしたところで、レッドドラゴンたちから連絡が来た。
 どうやら竜の姿で町には入れないので、小舟で迎えに来てほしいとのこと。
 港の方まで行くと、船の修繕を頼んでいる船大工たちにあった。
 ローカストホッパーを駆除するときに、一緒にポンプを作ってくれた人たちだ。
 ちょっと小舟を貸してほしいと言うと、快くボートサイズの小舟を貸してくれた。

「ちょっと魔法陣描いていいかな?」
と、聞くと、
「ええ、どうぞ。それ、もう殆ど使ってないんで」
と答えてくれた。
 水魔法の魔法陣を船尾に描き、そのまま海に出る。
 船大工たちは半笑いで、呆然とこちらを見ていた。
 やはりどこに行っても同じようなリアクションをされるらしい。

 海に出てすぐ探知スキルに反応があった。
 大きな赤い竜と更に大きな黒の竜が空高く旋回している。
 手を振ると竜たちはこちらを見つけたようだ。
小舟に近づいてくると、風圧で波が起こり、小舟は大きく揺れた。
二頭とも空中で人化の魔法を使い、二人になって小舟に飛び乗った。
「いやぁ、そんなに経ってないはずだけど、なんだか久しぶりな気がするなぁ」
「ハハ、俺もだ。すみませんね。黒竜さんまで」
「いやいや、ナオキ殿の頼みだ。どこへなりとも行くさ」
「しっかし、二人ともすごい格好をしてますね」
 レッドドラゴンは赤い鎧の騎士の格好をしており、黒竜さんは真っ黒なスーツで決めている。シャツもネクタイも全て黒だ。
「どういう格好をすれば良いのか、わからなくてね。お主に教えてもらえばよかった」
「我輩も久しぶりでな。町で揃えようかと思う」
 シンシアを買うために、アイルが持たせてくれたお金がまだ余っているので、服くらい買ってあげようかと思う。
 船を反転させ、港に戻る。
「あ、そうだ。これから神に報告に行くんですけど、一緒に行きます?」
「神?神ってあの神様か?」
「そう。あったことある?」
「あるわけなかろう!」
「我輩もない。というか、いるのか?」
「精霊もいるんだし、いるんじゃない。だいたい、転移者の俺がいるんだし。まぁ、普通の兄ちゃんだよ。ちょっと精霊に舐められてるけど。行く?」
「「行く」」
 そういうことになった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ