挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/249

71話

 セスは寝ているので、セスの実家に行くのは明日にして、村で魔石灯の明かりが点いている家を訪ねることにした。
 はじめに訪ねたところが村で唯一の宿だったらしく、大部屋を借りる。
 何しにと聞かれたので、社員旅行と調査を兼ねた旅行だと答えた。
「他に誰も泊まってないからゆっくりしてってくれ」
と、猫耳のおじさんは顔を手の甲でこすりながら言った。
 眠いのかな?
 料金は5人で銀貨2枚。
 朝食も夕食もつくという。
 そんなんでやっていけるのか、心配になってくる。
 部屋は、クリーナップをしなくても十分に綺麗だったし、シーツも汚れていない。
「聞いていた通りだった」
 ベルサが言う。
「この宿のこと聞いてたのか?」
「ああ、冒険者の間では、安いことで有名らしい。ほとんど釣りのための宿なんだって」
「俺ら以外客がいないってことは、時期じゃないのかな?」
「湖に時期とかあるのか?」
「あるだろう。水温だって変わるんだから」
「そうだな」
 セスとメルモを寝かせ、俺たちもベッドに潜り込む。
 旅の疲れが出たのか、ものの数秒でアイルが鼾を立て始めた。
 その鼾を聞きながら、俺も意識を手放した。


 翌朝、何か小さい者が近づいてくる音で目が覚めた。
 探知スキルで見るとはっきりと小型の人であることがわかる。
 隣のベッドで寝ているアイルも気づいたのか、剣を引き寄せていた。
 ただ、宿の階段を駆け上がる音はどう考えても子どもだ。

バンッ!

 部屋のドアが開き、子どもが走ってセスのベッドの上に飛び乗った。
「兄ちゃん!」
「ん?ああ、ニケ…え!?ニケ?お前何やってんだ!?」
 セスは子どもをニケと呼び、持ち上げた。
 全員が起き上がり、伸びをしたりしている。
「あ、すいません!起こしちゃいましたね。うちの妹です。ニケ、挨拶しろ」
「おはようございます!ニケです!」
 ニケは床に降り立ち、挨拶をした。
「はよー」
「おはよごじゃいます」
「うおっ!可愛いな!」
「おざーっす!」
 それぞれがニケに反応する。
 セスは周囲を見回し、窓の外を見て、自分が故郷に帰ってきたことを知ったようだった。
「いつ着いたんですか?」
「深夜かな」
 セスの問に俺は答えながら、あくびをした。
「ニケ、お前はなんで、兄ちゃんが来たことがわかったんだ?」
「え?匂い?」
「黒猫族は鼻がいいんだな。おれ、ちょっと顔洗ってくる」
 俺がそう言って、タオル代わりの布を持って部屋を出ようとすると、
「井戸はこちらでございまする」
と、ニケが俺の前に出て、案内してくれた。
「ニケ!失礼のないように!その人、偉い人だからな!」
 後ろからセスが、慌てて追いかけてくる。
 その後ろから、女性陣もぞろぞろとついてきた。

 井戸で顔を洗い、宿で朝食を食べることに。
 井戸まで案内したニケは「母ちゃんに兄ちゃんが帰ってきたこと言ってくる!」と、すっ飛んでいってしまった。
 兄と同じように足は速いようだ。

 朝食は小魚を焼いたものとサラダ、いつもの固いパンだった。
 セスは微妙な顔をしていたが、俺たちは十分美味しかった。
 食後にボーナスをセスとメルモに渡し、セスの家に挨拶しに行く。
 メルモは「いいんですか?」などと言いながら、しっかり自分の荷物の奥深くに入れていた。フロウラに戻った時に実家に送るそうだ。
アイルとベルサは必要な時に、財布袋から抜く、と言っていた。
 村でムッキムキになってしまったセスを先頭に歩いたら、村人たちがキレイな二度見をして驚いていた。
「なんか、お土産買った?」
 俺は社長なのに、何も買ってなかったので、ベルサにこっそり聞いた。
「アイルが何か買ってたような…」
「団子?まんじゅう?」
 アイルに聞く。
「ん?いや、パンを焼いたのに、ハチミツをかけたお菓子だ。いいだろ?」
 ハチミツラスクか。意外にしっかりしている。
「さすが教育係は違うな!」
と、褒めるとアイルは胸を張った。今はツナギではなく、ビキニアーマーなので、目のやり場に困る。
 アイルの胸に村の男達の視線が集まっているなか、セスの実家に到着。
 土壁で丸っこい屋根の家だった。
「ただいまー!」
 セスが入り口を開けて、声をかける。
「あらあら、おかえり!ちょっと見ない間にたくましくなっちゃって、まぁまぁまぁ、ようこそおいでくださいました」
 黒猫の獣人がエプロンで手を拭きながら、出てきた。
「こちら、会社の人たち。皆さん、うちの母親です」
「どうも、お世話になっております!」
「「「「どうも、お世話しております」」」」
と、互いに挨拶をしていると、先ほどのニケと小さくなったセスのような男の子が現れた。
 男の子は母親の足から、顔だけ出して、こちらに「こんちゃ」と挨拶していた。
「これ、美味しいやつです」
と、アイルがセスの母親にお菓子を渡した。
 セスはセスで、団子のようなものを買っていたらしく、妹たちに渡していた。
「とりあえず、中に入ってお茶でもいかがですか?」
 俺たちは居間に通されて、テーブルを囲むように絨毯の上に座った。

 お茶を用意している間に、セスが母親にボーナスを渡したらしく、台所から悲鳴が聞こえた。
「社長様!この度は、うちの息子を雇っていただき、本当にありがとうございます!末永く、よろしくお願い致します!」
と、台所からジャンピング土下座をして出てきた。
「いえいえ、こちらこそ、今後ともよろしくお願いします」
「追い出してから、すぐに帰ってきたものですから、追い返そうかと思ったのですが…それで、うちの息子は何をやっているんですかね?」
 少し前に追い出した息子が大金を持って帰ってきて、心配になっているのかもしれない。
「うちは駆除会社でして、家の中の害虫や、砂漠で大量発生した虫なんかを駆除しています。息子さんにはいずれ船長をやってもらうつもりです」
「く、駆除?こう言っちゃなんですけど、そんなに儲かるんですか?」
「あー…っとそうですねぇ、儲かるときは儲かります」
「ライバル業社もいませんから」
 ベルサが説明してくれる。
「あとは、冒険者としても稼げますしね」
 アイルが言う。
「すでに息子さんはDランクの冒険者ですよ」
「ええっ!?」
 母親は目を丸くして、頭を掻いている息子を見て、バシバシと背中や腕を叩いていた。
「アイルさんに鍛えてもらったんだ」
 セスは恥ずかしそうに母親に説明した。
「本当にありがとうございます!」
 母親は何度も頭を床につけ、お礼を言った。

 お茶をいただいているうちに、アイルがニケとセスの弟を可愛がり始めた。
 そこにベルサとメルモも加わり、手遊びを教えたりしている。
 母親は、セスが昔どれだけバカだったかを語りたがった。
 セスは「やめろよ」と言いながら、顔を赤くしている。
「本当バカでねぇ。それでも、漁師として生きていければいいと思ったんですけど」
「なんかあったんですか?」
「湖の水が減っちゃって、魚も減ってねぇ。ちょっと厳しくなったもんですから、外の世界見てこいって追いだしたんです。海の方で仕事が見つかれば、いいなぁって。うちの小舟じゃ、どっちにしろ稼ぎはたかが知れてますから」
 セスはそうだったのか!という顔をしている。
「そんなに水が減ったんですか?」
「ええ、見ます?」
 そう言って、セスとセスの母親は俺を外へ案内してくれた。

確かに、砂浜や、桟橋の柱には水面の位置が下がった跡がついていた。
女性陣と子どもたちも外に出てきて、湖に入りキャッキャキャッキャ遊んでいる。
「うわぁ、この水ベトベトするぅ。ナオキ、クリーナップかけて~」
 ベルサが湖から上がってきた。
 俺はクリーナップをかける前に、ベルサの身体についた水を触って確かめた。
「もともと、塩気があった湖なんだけど、塩気が多くなっちゃってね。前までいた魚も、今はいなくなってるヤツも多いんですよ」
 塩害か。水不足なのかな?
 山の反対側では、砂漠に雨が降って大変だったけど、こちらでは雨が降っていないのだろうか。
「それでも、こんど勇者様が運河を作ってくれるらしくてね。海の魚を養殖するって漁師ギルドが言ってるんです」
 母親は遊んでいる子どもたちを見ながら、言った。
 湖の漁師もいろいろ大変だなぁ。
「勇者って最近現れたんですか?」
 一応、社員旅行とはいえ、土の勇者の調査も兼ねているので、聞いておく。
「ええ。この前来て、魔物を退治していってくれました。私も知らなかったんですけど、東の荒れ地に住んでるんですってね。5、6年前から、ようやく農園が軌道に乗り始めたんですって。同じ湖の側に住んでいても、対岸のことはさっぱり知らなかったから」
 見えない対岸を見ながら母親は感心していた。
「荒れ地まで、遠いですか?」
「対岸から1日か2日ですかね。何か気になることでも?」
「ああ、いえ」
 「駆除しに行こうかと思って」とは言えない。
 俺が走れば、夕飯までに行って帰ってこれるかな。
「アイルたちは遊んでる?」
「ん?どっか行くのか?」
「ちょっと勇者に会ってこようかな、と思って」
「ああ、そういえばそういう予定だったな」
 社員旅行しか頭になかったようだ。
「俺1人でもいいよ」
 駆除しなくても済みそうだし。
「そうか。ちょっと村も見て回りたいんだ。なんかあったら連絡してくれ」
「了解。セス、悪いんだけど、船出してくれる?対岸まででいいから送ってくれない?」
「ああ、はい、わかりました」

 俺はセスの家の舟を借り、セスと一緒に対岸に向かった。
 帆掛け舟だったが帆は張らず、船体に水流の魔法陣を描いて進む。
 舵はセスに任せる。
村人たちはどうやって動いているのかわからないようで、湖の浜辺に集まり、こちらを見ていた。

「普通、対岸にはあんまり行かないのか?」
 セスに声をかける。
「ほとんど行かないですね。ニュート族ってトカゲの獣人の村があって、縄張り意識が強いんですよね。僕らが行くと、攻撃されることもあります」
「今、行って大丈夫か?」
「社長なら大丈夫ですよ。蹴散らしてください」
 あんまり、無用な争いは避けたいんだけどな。
「近くになったら言ってくれ。なるべく争いたくないし、船を傷つけたくないだろ?」
「それはそうですね」
 アイルの影響なのか、やたらと好戦的になられても困る。
 話題を変えよう。
「湖の水が減ったのって、最近か」
「ええっと、5年前くらいから徐々にって感じですかね」
 ん?勇者の農園が軌道に乗り始めたのも同じくらいじゃなかった?
 いや、まぁ、勝手に因果関係を考えて、思い込むのは危険だ。
 とはいえ、すごく嫌な予感がする。
 前の世界にいた時に、よく似たような事例を聞いたことがある気がする。
 もし、農園で育てている植物が…、いや、良くない考えは止めておこう。
 自然と船のスピードが上がる。
「しゃ、社長?」

 誰もいない対岸に着くと、セスに湖に流れ込んでくる川の中で急に水量が減った川がないか、探るように伝えた。
「重要な事なんですね?」
「そうだ。とても重要だ。ただ、無理はするな。ヤバそうだったら、アイルやベルサを呼べ」
「はい、わかりました」
 船に乗っている途中から、妙に真面目になってしまった俺を見て、セスは空気を察してくれたようだ。

 俺は、背の低い植物しか生えてない荒れ地を走った。
 割りと本気で。
 鳥の魔物や、トカゲの魔物の側を通りぬけていった。
 石ころだらけで、まさに荒れ地だった。
 しばらく走っていると、前方に森が見えた。
 森の木々を躱しながら、走った。
 森はすぐに終わった。

 眼前に勇者の農園が広がっていた。
 それは丘の向こうまで続いているようだ。

「コットンか……」
 一面の綿畑。
 悪い予感が的中してしまった。
 通信袋に魔力を込める。
「悪い、皆、旅行は終わりだ。勇者を駆除する」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ