挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

69/250

69話


 奴隷商の家はキレイに清掃されていた。
「意外だと思いました?」
 ターバンが俺に聞く。
「いや、やることがないから、奴隷に掃除でもさせてるんだろ?」
「その通り。自分の居場所をキレイにすることで、自然と自分もキレイになろうと思うんです。身だしなみや、品はなかなか身につきませんからね。ちょっとでも高く売るためのコツです」
「へぇ~、それ、お前が考えたの?」
「……いえ、うちの旦那の受け売りです」
 だと思ったよ。
 ターバンは奥の扉を開けて、俺を部屋の中に入れた。
 部屋は大きく、床には絨毯が敷かれ、奴隷たちはそこで雑魚寝するようだ。
 今は座っておしゃべりでもしていたらしい。
 奴隷が10人いることは部屋に入る前に、探知スキルで確認した。
 全員、女性である。
「社長が、奴隷たちを傷つけたり、逃したりすることはないと思いますが、そうなった場合、弁償はしてもらいますからね」
「ああ、わかった」
「あ、それから、回復薬とかを勝手に使っても、金は払いませんよ」
「わかってるよ!」
「それじゃ」
 そう言って、ターバンは扉を閉めた。

「こんちは。覚えてるかな?草原であった人もいると思うけど」
 俺が言うと、何人かは頷いていた。
「実は聞きたいことがあってきたんだ。土の勇者について知ってる人はいるかな?」
 女奴隷たちは、お互いを見合わせて、困ったような顔をした。
 確かに、唐突すぎたかな。
「ああ、すまん。ちょっと今は酒臭いかもしれないけど、酔っ払って意味のわからないことを聞いてるんじゃなくて、真面目な仕事の話なんだ」
 女奴隷たちは、振り返り、寝転がっている1人の女奴隷を見た。
 彼女がなにか知っているらしい。
 近づいていくと、馬車の中で頭痛がすると言っていた女奴隷だった。
 目を覚まし、こちらを向いた。
「やあ、まだ頭痛は治らない?」
「え?ああ、あんた、どうしたんだ?」
 頭を押さえながら、起き上がる女奴隷の背中を支えてやった。
「そうだ、いいものがある。ちょっとこれを舐めてみてくれないか?」
 そう言って、俺は魔力が回復するシロップを取り出して、女奴隷の手の甲に一滴垂らした。
「大丈夫だ。少し苦いけど毒じゃない」
 そう言って、俺はシロップを飲んだ。苦味が口いっぱいに広がって、渋い顔になる。
 恐る恐る女奴隷はシロップを舐めた。
 渋い顔を一瞬して、しばらくすると目を見開いて俺の顔を見た。
「治った」
「なら良かった。原因はこれか?」
 俺は女奴隷の首輪を見た。
 特に魔力を吸収するような仕様にはなっていなかった。
 服も普通の服だ。アクセサリーの類もしていない。
「魔力切れを起こしていたみたいだ。何か心当たりはあるか?」
 女奴隷は首を振って、
「わからない。でも、私が住んでいたところでは時々、私みたいになる人がいた」
 そういう体質なのか?その土地特有の病なのかもしれない。
「どこに住んでたんだ?」
「土の勇者様の農園」
 敵の本陣かよ。
「そこから逃げ出したのか?」
 女奴隷は首を振って否定し、
「逃げ出したんじゃない。自分で、奴隷商に買ってもらったんだ。病気になったら働けないからね。それに…」
と、下を向いて、どんどん声が小さくなっていった。
「それに?」
「私の病気が進むと、グールになるって…」
「なんだそりゃ?そういう噂があったって話か?」
 女奴隷はコクンと頷いた。
「まぁ、噂はいいや。どんなところなんだ?勇者の農園って、場所はわかるか?」
 俺は、地図を取り出して広げた。
「砂漠の山の向こうに湖があって、更にその向こうに川があって、川を越えたら、大きな農園がある。たぶん、ここらへんだと思うけど…」
 女奴隷は地図に指差して、教えてくれた。
 セスの実家のある湖から、結構離れているらしい。
「子どもたちが多くて、勇者様の家の近くには新しい村もあるんだ。勇者様は土の精霊の加護があるから、キレイな道もすぐに作ってしまうんだ」
 キレイな道があるのだから、流通も整っているのだろう。行くのに、苦労はしなさそうだ。
「子どもたちってのは?」
「農園で働いている奴隷の子たち。仕事が終われば、勇者様の奥さんが勉強も教えてくれるんだ。私もその1人で、その中でも年が上だった」
 奴隷の子どもに勉強を教えるのか。
「勇者は優しいんだな」
「うん、とても優しい。私も病気がなければ…」
 いよいよ、勇者駆除が難しくなった。
 その後、いろいろと聞いてみたが、勇者は子どもたちに暴力を振るうようなことはなく、新しい村の発展にも協力的で、教会からも旅の冒険者からも信頼されているようだ。
 農園もうまくいっているらしい。
 転生者とか転移者じゃないか、と疑ってしまう。
「勇者がどこの生まれか、知ってるか?」
「いや、知らない。けど、王国の中だと思う。あ、この国の隣の国ね」
「そうか。ありがとう。これ、頭痛くなったら、使ってくれ」
 聞きたいことは聞けたので、魔力回復のシロップを渡して帰ることにする。
「いいの!?」
「うん、話をしてくれたお礼だ」
「ありがと。お兄さんは勇者様の農園に行くの?」
 立ち上がった俺に、女奴隷が聞いてきた。
「そうだな。一応、一回は行ってみないとな」
「だったら、これ、子どもたちに届けてくれない?」
 女奴隷は渡したばかりのシロップを俺に差し出した。
 自分が治るよりも勇者の農園にいる子どもたちを優先するか。
 いい娘に育ちすぎてないか。
「ああ、いいけど。また作ればいいから、それは持っておいていいぞ。何か手紙か何かあれば、届けようか?」
「え?いいの?でも…」
 ああ、そうだった。奴隷だから、何も持ってないのか。
 アイテム袋から羊皮紙とペンを取り出して、女奴隷に渡す。
「字は書けるのか?」
「うん、習ったから」
 優秀だな。セスやメルモは字を書けるだろうか。

 羊皮紙には自分の名前も、届け先の名前もしっかりと書けている。
「シンシアというのか?」
「そう。シンシアです。買っていただけますか?」
 シンシアは微笑んで首を傾げながら、俺に聞いた。
 カワイ子ぶっているようだ。
「金があればな」
 俺は手紙を受け取って、そのままアイテム袋に入れた。
「帰ってくる?」
 シンシアが俺に聞いた。
「ああ、船がフロウラの町にあるんだ。帰ってくるよ。帰ってきたら、またここに寄る。どんな様子だったか、教えてやる。返事があれば返事も貰ってくる」
「ありがとうございます!」
 シンシアは頭を下げてお礼を言った。
 さっきまで、「あんた」とか言って、頭を押さえていたのに、すごい変わりようだ。

 扉を開けて、ターバンを呼び、帰ることにした。
 ちょうど奴隷商の旦那が帰ってくる頃だったらしく、「タイミングが良かったですね」とターバンは俺に言っていた。

 宿に帰って飯を食べようと、食堂に行くとアイルとベルサが『旅のしおり』を作っていた。
 セスとメルモは不満そうに、2人の前で豪華な料理を食べている。
「どうしたんだ?」
と、聞くと、
「ランクが上がったのでお祝いをしてくれてたんですが、飽きちゃったらしいんです」
と、メルモが悲しげに言う。
「へぇ、何ランクになったんだ?」
「Dランクですよ!冒険者ギルドで会ったじゃないですか!」
 セスが怒りだした。
「ああ、そうだったか。あ、そういや、お前、娼館には行ったのか?」
「行きませんよ!」
「なんでだよ!?バカか?俺にも酒頂戴」
 俺がアイルに酒を要求すると、今気づいたというように、顔を上げた。
「お、帰ってきたのか。いや、宿がさぁ…」
 アイルは俺に酒を渡して、すぐにベルサと一緒に旅について、話し合う。
「ずっとこの調子なんですよぉ!」
 メルモは不満爆発といった感じだ。
「ちょっと待て!セスよ、俺、金渡したのに、娼館行かずに何やってたんだよ?」
「いや、だから、ランク上げの試験を」
「バカ野郎!試験より娼館行けよ!何考えてんだ、お前は!?」
「え~!なんで怒られてるんですか?」
「試験なんて、なんの役にも立たないだろ!そんなことより女の尻を追いかけろ!」
 俺はアイルに渡された酒をがぶ飲みしながら言った。
「Dランクの冒険者になれたんですよ!」
「そうですよ!僕らはいっぱしの冒険者になりましたよ!」
 2人は俺に抗議した。
「よし!お前ら、今日はとことん説教してやる。いいか、この会社で、冒険者のランクなんてなぁ、クソの役にも立たねぇんだよ!そんなことより、自分の思ったこと、やりたいことができるかどうかだ!」

 俺の説教は、酒が回るほどに熱を帯び、酔いつぶれるまで続いたようだ。
 定かでないのは途中から記憶にないからだ。

 翌日、なぜか俺は浜辺で寝ていた。
 野良猫に耳を舐められながら起きると、すっかり日は上っていた。
宿に帰り、ほとんど記憶にないことを新人2人に伝えると、本気でムッとされた。
 あとで、甘いものでも奢ってやろう。
 日頃、酒など飲まないから、飲んだ時は盛大に迷惑をかけてしまう。
 飲み過ぎないように注意する、とアイルとベルサに言うと、アイルが部屋の窓を開け、
「まず、謝ってから、『もうお酒は飲みません!』と町中に向かって宣言するように」
と、言われた。
 俺は酔っ払って何をしたのだろう。
「すみませんでした!もうお酒は飲みません!」
 フロウラの町に俺の声が響いた。

 北に向けて旅に出る朝の出来事である。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ