挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

68/249

68話



「実は、また現れて…」
 ミリア嬢が言うには、再び、娼婦の顔を切り刻む冒険者が現れたらしい。
 冒険者のほとんどは、ローカストホッパー駆除のため、砂漠に行っていたはずだが、と俺が言うと、
「先に帰ってきた奴らの中に犯人がいます!」
 先程まで、目に涙を浮かべながらお礼を言っていたアマンダ嬢が言った。
 確かに先発隊は俺たちの2日前には町に戻ってきているはずだ。
 犯人の冒険者は戻ってきたその日に犯行に及んだらしい。
 被害者は隣の娼館の娼婦だそうで、すでに、俺があげた回復薬で顔の傷は治っているという。
「でも、また来るんじゃないかと思うと…」
 まぁ、怖いだろうなぁ。
「薬師さんも冒険者なんでしょ。さっき、馬車の後ろでみたよ」
「まぁ、俺も一応、冒険者だけど」
「捕まえておくれよ」
 ミリア嬢が手を握ってきた。
「冒険者ギルドには言った?」
「ええ、言いました!ただ、私たちの稼ぎじゃ、そんなに報酬は出せないし…」
 アマンダ嬢は下を向いた。
「お願いだよ。薬師さん!」
「お願いされちゃあ、しょうがないな」
「やってくれるのかい?」
「もちろんだ!」
 どうしても、俺は娼婦の前だとカッコつけてしまう節がある。
 とりあえず、冒険者の特徴と、どんな男なのかをアマンダ嬢から聞いた。
 男は行為に及んでいる最中に「結婚してくれ」とプロポーズをしてくるらしい。
 それを断ると、乱暴し始め、暴れた挙句、「誰も抱こうなんて思わない顔にしてやる」と、顔を切られるのだそうだ。よっぽど怖かったのだろう。アマンダ嬢は話をしている時も震えていた。
 冒険者としてはありきたりな格好をしているらしく、髭面で皮の鎧、頬からクビにかけて切り傷の痕があるのだという。
「わかった。まずは聞きこみからだな。冒険者ギルドのギルドマスターに詳しい話をして、そういう冒険者がいないか聞いてみるよ」
と言うと、2人も付いてくるという。


 冒険者ギルドに美女2人を連れて、入っていくと、視線がこちらに集中する。
 非常に気分がいい。
 ゆっくりと、羨望の眼差しを堪能しながら、奥のカウンターまで歩いて行く。
「あ、社長!」
「え?」
 掲示板を見ている冒険者をどっかで見たことあるなぁ、と思っていたらセスだった。
「何やってんだ?お前」
「いや、犯罪者捕まえたんで、ちょっとランク上げできるかなぁ、と思って。あ、これだこれだ。よかったEランクの依頼だったみたいです」
 そう言って、掲示板から『娼婦暴力事件の犯人逮捕の依頼』という紙を引き剥がして、俺に見せてきた。
「お兄さん!犯人捕まえたのかい?」
 ミリア嬢がセスに聞く。
「え?ああ、そうですよ。さっき飯処で町の人に昼飯ごちそうになってたら、暴れだしたヤツがいたんで、捕まえたんですよ。あ、ほら、うちのキャンプ地の吸魔剤に突っ込んだ兄弟いたでしょ?その弟の方です。依頼出ててラッキーでした。これでようやく俺もDランクになれます」
 セスは俺に向かって説明した。
「あ、社長!」
 カウンターにいたメルモが振り返って、こっちに来た。
「メルモもいたのか?」
「ええ」
「やっぱり依頼出てたよ」
 セスがメルモに言う。
「尋問しておいてよかったね。アイルさんが言ったとおり、『犯罪者は身体に聞くのが一番。余罪が出てくると二度美味しい』って本当だね」
 なんちゅう教えだ。
「で、社長はなにしてるんですか?」
「なにって、その依頼の依頼主たちをだなぁ…」

「お兄さん腕ムキムキね!」
「わぁ~すごーい!これでアイツを捕まえたのね!」
 ミリア嬢とアマンダ嬢はセスの腕に絡みついている。
「あ、いや、ちょっと、そんなところ…」
 セスは顔を真赤にして悶えている。
 美味しいところをセスに全部持っていかれてしまった。

「Dランクに上がるのか?」
「ええ、ようやくって感じです!でも、ギルドの人達からは異例の早さだって言われましたけど」
「そうかぁ」
「まだまだ、社長やアイルさんには追いつけません」
「俺はFランクだけどな」
「え!?」
「これから、試験か?がんばれよ」
「は、はい。え?あの…社長がFランクってどういう、え!?」
 混乱しているメルモを無視し、セスに昨日回復薬を売って稼いだお金を渡す。
「セス、これで少し、そのお姉さま方のところで遊んでこい!じゃあな」
 本当は腸煮えくり返っているが、娼婦の方々の前では粋な御仁に見られたい。
「しゃ、社長ーー!」
 セスの叫びを聞きながら、俺は冒険者ギルドを出て行く。
 絶対振り返らないんだからねっ!
目の前に昨日「一晩どうだ?」と言ってきた女冒険者がいたので思わず、「回復薬いらないか?」と聞いてみたが、「い、い、いりません!」と言って逃げ去っていった。

「くそっ!!ちくしょっ!!!!」
 冒険者ギルドの前の地面を蹴りながら、俺はプリプリしていた。
 その後、屋台でやけ食いして、
「俺は仕事に生きる!仕事に生きるぞー!」
と、叫んだら、屋台の親父に「うるせぇなっ!」と怒られた。
 それでも、屋台の親父は俺に酒を出してくれて、「仕事なんか、程々にしておけ。女の尻追いかけてるほうが楽しいぞ」と言われた。
 なんだか、泣けてきた。
「わかってるんですがね。女、部下にとられまして…」
「そりゃ悲惨だ。まぁ呑めよ」
 屋台の親父としばらく、酒を呑んで、結局、時には仕事に情熱を傾けてみるのも悪くないかもしれん、という結論に達した。
「じゃあ、親父ぃ、おらぁ、ちょっくら仕事に行くぜぃ!」
「おおい、お客さん、お勘定!」
「あ、お勘定?」
 そういや、さっきセスにお金全部あげちゃったなぁ。
 なんか、金になりそうなものは…と、アイテム袋のなかを探し、割りと上手く作れた回復薬を屋台の親父に渡した。
「悪いな。これしかねぇや。売ったら金貨1枚にはなると思う。薬払いってことでかんべんしてくれや!」
 そう言って、俺は屋台を出た。
 後ろから屋台の親父の声がする。
「こんなもの、どうせ偽物だろ?…あれ?ウソだろ?本物かよ!?おいおいこれ、金貨1枚じゃきかねぇぞ」
 あ~また、ベルサとアイルに怒られる~。


「よーし!勇者駆除してやんだからなぁ…依頼は完璧にこなしてやんだから…えーっと?うっぷ~、勇者がいるのは砂漠の山の向こうでぇ…、山の向うには湖がある。セスに聞けば…ダメだ!アイツは今パラダイスにいるんだったな。パラダイスってるんだったな、くそー…他に山の向こうに行ってたヤツと言えばぁあ?アイツだな!おーっし、こっちを曲がってみましょう!」
 酔っ払った俺は、独り言をしゃべり続けながら、町外れの方に向かった。


 俺は町外れの一軒家を訪ねていた。
 一軒家の脇には馬小屋があり、フィーホースが飼葉を食んでいた。
「ピンポーン!こんにちは~!おーい!開いてますかぁ?ドンドンドン、ドンドンドン、ドンドンドン、ドーンキー」

ガチャ

「あぶねっ!店名、言うところだったじゃないか!」
「なんですか?あ、社長さんじゃないですか?酔っ払ってるんですか?」
 ターバンを巻いた奴隷商は、俺を見ながら、鼻をつまんでいた。
「なんだよ。酔ってたらいけませんか?」
「たち悪いっすよ」
「それよりもぉ、山の向こう側に何があるのか教えて下さい。それから土の勇者についての情報を教えて下さいっ!」
 俺は頭を下げて、頼んだ。
 頭を下げた拍子に、胃の中が逆流して気持ち悪くなってしまった。
「わかりましたよ、わかりましたから、吐かないでくださいよ。どうぞ入ってください」
「はい。お水をください。私にお水をください」
「はいはい。ちょっとー誰かお水持ってきて~」
 ターバンを巻いた奴隷商が言うと、首輪を付けた奴隷がコップに水を入れて持ってきてくれた。

「ありがとうございまぁすっ!」
俺は頭を下げて、奴隷からコップを受け取った。
「奴隷に頭下げないでくださいよ!」
 奴隷商は手を振って、奴隷を下がらせた。
「少し、落ち着きました?」
「バカだなぁ。俺なんか、生まれてこの方、落ち着いた事なんかないよ。俺落ち着かせたら大したもんだよ。おで落てぃとぅかせただ、たぃひたもんだ」
「誰の真似ですか?それは」
 そうだった。この世界にはレスラーという職業自体ないんだった。
「いや、だから、土の勇者について、俺は知りたいわけですよ」
「そうですか。じゃあ、そっちの方面にいた奴隷に直接聞くのが一番でしょう。あ、社長。今はうちの旦那がいないのでいいですが、うちの旦那にはフィーホースの件は言わないでもらっていいですか?」
 ターバンは、奴隷商の下働きらしい。
 すでに俺の中で、ターバンという名になってしまった奴隷商が、奥の部屋に案内してくれた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ