挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

67/250

67話

4日目の夕方に、迎えの馬車が到着し、残っていた冒険者たちを乗せていく。
うちの会社の連中は馬車に乗らず、ダラダラと後ろからついていく事にした。
走って帰ろうかと思ったが、自分たちだけ早く帰ると、町の人から「何かあったのか?」「どうして、お前たちだけ早く帰ってきたんだ?」などと、問いただされそうで、冒険者たちと一緒に帰ることにしたのだ。
新人たちはアイルから言われて、馬車には乗せてもらえず、教官役のアイルも乗らなかった。ベルサも冒険者たちで混んでいる馬車に乗るよりは、歩いて行ったほうが、気が楽だと思ったらしい。そうなると俺だけ乗る、というわけにも行かなくなってしまった。

馬車のスピードは、我が社の基準では激遅なので、アイルは新人たちを連れて、何回も森のなかに入って、魔物を狩っていた。
ベルサは相変わらず、小さな魔物の観察。俺は木の実や薬草などの採取をしていた。
森のなかに入ってしまえば、気兼ねなくアイテム袋を使うことができるので、荷物の重量が増えるということもない。
日が暮れれば、馬車の方に皆戻ってくるということもなく、完全に自由行動だった。
「夜行性の虫の魔物がいるんだ!面白い~」
と、よだれを垂らさんばかりの勢いのベルサは、魔石灯のランプを持って森に行き、
「暗闇に紛れる練習にちょうどいい」
と、アイルは、新人たちを夜の森に置き去りにして、訓練をしていた。
 馬車は停車し、冒険者たち一行はキャンプをしている。
 度々、森から新人たちの悲鳴が聞こえる。
 俺だけはキャンプの近くにいたが、ほとんど回復薬作りや魔力を回復させる不味いシロップを作ったりしていた。
 うちの新人たちの真似をして、夜の森に入った冒険者の一部が、死にかけて戻ってきたので、作ったばかりの回復薬を売りつけた。
ベルサたちに、また何か言われそうなので、売値はかなり釣り上げてみたが、すぐに売れた。金がない冒険者たちは、今回の報酬で払うと言い、女冒険者の中には、「一晩どうだ?」と言う者までいた。
 そういえば色々あって忘れていたが、娼館では何もせず終いで、元教会でも神たちに邪魔をされていたので、「一晩どうって、どうしてやろうか?」などとウンウン唸っていたら、「いや、やっぱりちゃんと払います!」と金貨を置いて逃げ出してしまった。変態の名が広まっていたのが良くなかったのか。
 いいんだ!フロウラに帰ったら絶対娼館行くんだ!

 朝になると、アイルが新人2人を引きずって戻ってきた。
 どうしたのか聞くと、「ちょっとやり過ぎた」と言う。
 馬車は出発している。
 新人2人には回復薬を浴びせかけ、俺とアイルが背負うことになった。
 俺はメルモを背負うことを主張したが、認められなかった。
「あー面白かった!」
 ベルサは、森から全身泥だらけで出てきたと思ったら、ずーっと、虫の魔物について語り始めた。
 小さな蟻の魔物がいたらしく、その魔物が引っ越ししていて、その様子を見ていたらしい。蟻の魔物と言えば、シマントというのがいたが、それとは別種だという。
 蟻の魔物と一緒に、引っ越しについていく魔物もいるらしく、
「やっぱり小さい魔物のほうがしたたかで、面白いんだよぅ!」
と、感動していた。
 そのうち、ベルサが歩きながら眠り始めたので、その場で休むことにした。
 馬車から離れるが、「町に着くまでに追いつけばいいだろう」というアイルの言葉に、初めからそうすればよかった、と思った。

 昼ごろに起きだしたうちの社員で、1人だけおかしい奴がいた。
「社長!服が縮みました!」
 セスが叫んだ。
 服が縮んだわけではなく、セスの筋肉量が急激に増したため、ピッチピチになってしまっていた。
「たった、一晩でムッキムキになってしまうなんて、どういうことだ?」
 俺がアイルに聞くと、
「正しい肉体トレーニングと、豊富な食事。それから獣人特有の性質が合わさった結果だ。見た目から急激な変化のように見えるが、このぐらいの筋肉量はあっておかしくなかった。今のセスは正しい姿になったとも言える」
と、答えた。
 よくよくセスに聞いてみると、親戚の漁師たちは皆、今の姿のようにムッキムキなのだそうだ。
 それから、いくら回復薬を飲んでも膝が痛いという。
「成長痛だ」
 アイルが言う。
「成長痛って!」
 確か19歳だろ!?背は伸びるのか?
「セスはまだ10代だからな、伸びしろはある」
 アイルの言葉に、そうか、と納得してしまった。

「メルモ!メルモは大丈夫だろうな!?」
 メルモの肉体の変化は世界の損失なので、聞いてみた。
「そんな変わらないですね。ちょっと痩せたぐらいです」
 あまり変わっていないようだ。
「メルモはちょっと不思議だ。着ているものによって、気性に差が出る。アーマーを着た時は、魔物に突っ込んでいってしまい危なかしいが、ツナギの時は冷静だ。自分に合う服を探させようと思ってる」
 衣装によって性格が変わるなんて、役者みたいだ。
「ただ、血を見ると、いつも奇声を上げて戦う。羊族はあまり好戦的じゃないと思っていたが、メルモは違うらしい」
「血を見ると、どうしても興奮しちゃうんですよねぇ」
 メルモが言う。
 親戚に吸血鬼でも混じっているのではないだろうか。

 だいぶ馬車と離されてしまったので、走って追いつく。
 新人たちも、そんなに辛そうではなかった。
 アイルの訓練のおかげだ。

 

 フロウラの町に着いたのは翌朝だった。
 町人たちはローカストホッパーを駆除した者たちを歓迎してくれた。
 馬車の荷台で眠っていた冒険者たちも外に出て、手を振ったりしている。
 俺たちは、馬車の後ろにいて、町人たちの相手は新人たちに任せた。
 セスはムッキムキだし、メルモはナイスバディなので、すぐに人集りができた。
「宿に帰ってるぞー」
 アイルが新人たちに言って、俺たちは馬車の後についていく。
 役所までついていって、待っていたリドルに報告。
 リドルは今回の件を、報告書にまとめて、王都に持っていくと言っていた。
 その際は、俺たちを王都に呼ぶと言っていたので、断っておいた。
 報酬は後日、執事に宿へ持ってきてもらうことにした。
あんまり長く役所にいすぎると、なにか手伝わされそうな気配を感じたので、とっとと宿に帰ることにした。

 
 「今後は、報酬と船の修繕を待ちつつ、勇者の情報を集めることにしよう」などとアイルとベルサに話して、宿に帰った。
 セスとメルモはまだ、帰ってきてなかった。
 町人に飯でも食べさせてもらっているのかもしれない。

 部屋は男女で分かれているので、俺1人で部屋を開けると、何故かベッドに、娼館で出会ったミリア嬢とアマンダ嬢が座ってこちらを見ていた。

 とりあえず、開けたドアを閉めた。
「どした?」
 隣の部屋を開けようとしているアイルが様子のおかしい俺に聞いてきた。
「いや…なんでもない!」
「それならいいけど、飯食べるなら、一緒にいく?」
「いやぁ……俺、まだ腹減ってないから、後で1人で行くわ」
「あ、そう…なんか、おか」
「おかしくないよ!うん、おかしくない!ゆっくり休もうな!」
 俺は急いでドアを開け、すぐに閉めた。
 施錠の魔法陣をしっかりとドアに描き、ついでに消音の魔法陣も描く。
 ベッドに座っている2人の方を振り返り、最大級の笑顔を炸裂させる。
「お嬢様方、いかが致しましたか?」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ