挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

65/249

65話

 深緑色の駆除剤が砂漠に霧を作る。
 霧を避けようとするローカストホッパーが密度を濃くしながら迫ってくる。
 前方の赤い煙にハマったローカストホッパーの群れがごっそり消えるも、次から次へと湧いてきて、黒い波が押し寄せてくるように、こちらへと向かってくる。
 俺は、空から飛んでくるローカストホッパーに気をつけながら、ポンプの吸魔剤を噴射していく。
 視界はすでに真っ赤だ。
 マスクをしているせいか、息の音がやけに大きく聞こえる。
 俺とアイルは単独なので、周囲には誰もいない。
 深緑色の駆除剤と赤い吸魔剤が混ざり合って、気持ち悪い色になっている箇所がある。
ローカストホッパーが包囲網を抜けられる隙は埋められ、数匹のローカストホッパーが空に向かって飛ぶ。
俺が跳べば届く範囲なので、空に向けても噴射する。
概ね駆除作戦は成功のようだ。
 ローカストホッパーに追われたデザートサラマンダーやポイズンスコーピオンなどの群れが現れたが、冒険者の精鋭たちが飛び出していって、仕留めていた。
 吸魔剤の補充も霧に隠れられるので、問題なくアイテム袋からできる。

 初めは、まるで終わる気がしないと思っていた空を埋め尽くすローカストホッパーの群れにも徐々に、隙間が見え始め、青空が見え始めた。

 時間にして2時間ほど経った。
 ローカストホッパーの群れも小さい集団がチラホラ現れるくらいになった。
 前方にいる冒険者たちの隊は、ポンプの使い方に慣れ、ローカストホッパーの群れを、燻煙式の吸魔剤の罠へと追い込んだりしている。
 他の隊も真似を始め、俺のやることがなくなってきた。
罠は俺が仕掛けたので、あれは全て俺の経験値へと変わるのだろうか。
 あざーっす!
 あとで、飯でも奢ろう。

 そろそろ、作戦も終わりかけだろうと思った時、通信袋から声が聞こえた。
『セスです!砂漠の東から塵旋風…いや、あれは竜巻です!竜巻の奥に巨大な魔物がいるとのことっ!』
「了解!すぐに撤退してくれ!アイル!」
『今向かってる!』
 うちの副社長は行動が早い!
 周囲にいる隊に一言断ると、拳と拳で挨拶された。
 「いってこい」ということだろう。
 B少年に見送られ、東へと走りだすと、前方に砂煙が上がっていた。
 アイルだろう。
その先に竜巻が発生しているのが見えた。
赤い煙も深緑色の煙もローカストホッパーも巻き上げられている。
「アイル!」
「ナオキ!もう追いついたのか!あの竜巻、なんか変だ。魔力の匂いがする!」
「魔法か?」
 竜巻から逃げる冒険者たちの姿が見えた。
 防御魔法の魔法陣を自分のツナギに描き、冒険者たちの前に出る。
「助かりました!」
「いいから早く逃げろ!」
 冒険者たちが、お礼を言って逃げ出した。
 俺の身体が竜巻の勢いを止め、方向を変えていく。
 突然、竜巻がかき消えた。魔法の効果が切れたのだろう。
 遠くに山が見え、少し大きめのデザートサラマンダーが山から向かってくる。
「あれが巨大な魔物か?」
 アイルが呆れたように聞いた。
「いや、上だ!」
 巨大な魔物はゆっくりと、地上に降り立とうとしている。
 身体は獅子、2つある頭は獅子と山羊、尻尾は蛇。
「いやはや、典型的なのが現れたな」
「キマイラ!」
 大きさは以前、ダンジョンの島で見たヘイズタートルほどだろうか。
 見慣れた大きさに、俺もアイルも特に気後れしない。
「アイル尻尾、頼む!」
「了解!」
 キマイラに向かって走り、防御魔法の魔法陣を空中に地面と平行に描き、俺は魔法陣で階段を作り、駆け上がっていく。
 アイルは、体術で空中を駆け、一直線にキマイラに向かう。

 キマイラが威嚇のため、咆哮を上げた時には、俺はキマイラの遥か頭上にいた。
 あとは、自分の体に重力魔法の魔法陣を描いていくだけ。
 山羊の頭が火の玉を吐くよりも早く、俺は落下し、獅子の頭を潰した。
 同じタイミングで、アイルは尻尾の蛇とぶつかっていた。
 アイルの剣が、蛇の牙とぶつかり火花を散らす。
 どういう牙なんだ?

「上等!!」
 アイルは本性を現したように、笑いながら蛇を根元から切り刻んでいく。
 山羊の頭が、二発目の火の玉を吐き出そうと俺に狙いを定めていた。
 俺は、獅子の首筋に手刀を突っ込み、そのまま力を入れて、首と胴を切り離すと、獅子のたてがみを掴んで、山羊頭に殴りつける。
 グラっとよろめいた羊頭に、もう一発、もう一発、ビターン、ビターンと繰り返していると、そのうちキマイラは動かなくなった。
 潰れた肉片の上に立ち、血まみれになった姿は、傍から見たら、ちょっとまずいんじゃないだろうか。

 マスクを外し、自分にクリーナップをかける。
 アイルは、近づいてきていたデザートサラマンダーを切り伏せていた。
「アイルもクリーナップかける?」
「ん?うん、お願い。……なんか来てるよ」
 アイルは山の方を見ながら言った。
 俺はアイルにクリーナップをかけながら、山の方を見ると、おっさんが走ってくるのが見えた。
 走ってくるスピードが割りと速い。
「すいませーん!!」
 人の良さそうな面のおっさんは、頭に被った麦わら帽子を押さえながら、にこやかに走ってきた。
 おっさんは、オーバーオールに白いTシャツという農作業でもするような格好だ。
 アイルが剣の柄を握り警戒している。
 俺は感じないが、おっさんは強いのかな?

「いやぁ、山の抜け道が魔物にバレたらしくて、抜け道の魔物を討伐していたらぁ、1匹取り逃がしてしまいましてなぁ。ハハハ、いやぁ、大丈夫でしたか?」
 妙に田舎っぽいイントネーションで、おっさんが話しかけてきた。
「ああ、大丈夫です、大丈夫です。あ!もしかして、肉とか解体するつもりでした?だったら…すみません!うちの者が細切れにしてしまいまして…」
と、自分のせいではないことをアピールしながら、俺はキマイラの死体を指差した。
「細切れ…!!?」
 おっさんは目を丸くして、キマイラの死体に近づいた。
「あら~~これは、これは、ぶっ潰れてますな!」
「魔石とか要ります?」
「いえいえ、それは倒した人の物でしょう。いやいや、砂漠の国にもお強い方がおるんですなぁ、ハハハ」
 よく笑う感じの良いおっさんだ。
「あ、それいい服ですね」
「いやいや、そちらもいい服で、よく似あってますよ」
 おっさんが俺のツナギを褒め、俺もおっさんのオーバーオールを褒める。
「これは、妻に仕立ててもらったんですがね。うちのは錬金術士なのに、裁縫もできるんですわぁ、ハハハ。あ、そちらにおられるのが奥方ですかな?」
「あ、いえいえ、これはうちの社員です。あ、申し遅れました。駆除会社を経営しております。ナオキ・コムロです」
「駆除会社ですか?珍しいことをしていますなぁ」
「ええ、害虫駆除や清掃をしているんです」
「なるほど、今度うちの農園に来てください。虫が酷いんだぁ、ハハハ」
「ええ、ぜひぜひ!安くしておきますよ」
 おっさんが笑うので、こっちも笑ってしまう。
「おっさん、なにもんなんだ?」
 未だにおっさんを警戒しているアイルが聞く。
「ああ、これはすみません。申し遅れました!土の勇者をやっております、ガルシア・ノームと申します、ハハハ。勇者がこんなおっさんだと思わなかったでしょう?ハハハ…」
 俺は、笑い顔のまま固まってしまった。





ということで、『土の勇者褊』始まってました。
フリが長くてすみません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ